学校感染症と出席停止

 学校内において、感染症の発生と蔓延を最小限にとどめるために、下表に示す感染症に罹った場合には『出席停止』を
指示しています。医師により治癒が証明されるまで登校することはできませんが、
通常の欠席(病気、怪我、家事理由等)とは
区別されます。

【診断後の手続き】
 1. 医師により学校感染症に該当する病名の診断、および出席停止の指示を受けたら、速やかに担任へ連絡してください。
       その際、病名出席停止期間についてお知らせください。
 2. 医師の指示に従い、家庭で療養に努めてください。
 3. 病気が治癒したら、必ず医師に『治癒証明書』等へ記入してもらい
登校初日に担任へ提出してください。

   『治癒証明書』はこのページからダウンロードするか、保健室へ取りに来てください。
       ダウンロードはここをクリック
治癒証明書.pdf   
   病院等で発行する様式でも差し支えありません。
  

    病院で『治癒証明書』へ記入して頂く際に、料金がかかる場合があります。ご了承ください。
 

 主な学校感染症

分 類 病  名  出 欠 停 止 期 間
 第1種エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、
痘そう、南米出血熱、ペスト、ラッサ熱、
マールブルグ病、急性灰白髄炎、
ジフテリア、鳥インフルエンザ(H5N1)
重症急性呼吸器症候群(SARS)
 治癒するまで
第2種  インフルエンザ発症後5日を経過し、かつ、解熱後2日を経過するまで
 百日咳特有の咳が消失するまで、又は、5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
 麻しん解熱後3日を経過するまで
 流行性耳下腺炎耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
 風しん発しんが消失するまで
 水痘すべての発しんが痂皮化するまで
 咽頭結膜熱主要症状が消退した後2日を経過するまで
 結核医師により感染のおそれがないと認められるまで
 髄膜炎菌性髄膜炎
第3種コレラ、細菌性赤痢、腸チフス、
パラチフス、腸管出血性大腸菌感染症、
流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎

その他の感染症 ※
医師により感染のおそれがないと認められるまで
 ※ その他の感染症とは、学校教育活動の中で流行を広げる可能性のある感染症を、医師の判断において
 出席停止の措置をとることができます。
(例)感染性胃腸炎、マイコプラズマ感染症、溶連菌感染症、伝染性紅斑、手足口病、ウィルス性肝炎