将棋部 JAPANESE CHESS


 部員:男子 3年男子5名、2年男子2名、1年生3名
 練習日:平日 月~金 週5日

 将棋部では、部員同士の練習対局や詰め将棋、 棋譜並べ等を行い、実力をUPさせる
ように日々稽古を続けています。毎年高文連の大会に参加しています。

 対局を重ねることにより、集中力と論理的思考能力が身につき、 高校の学習面での
成績を上げることにも役立つと思います。

 文化祭では毎年将棋道場を開いて、たくさんのお客さんたちに楽しんでもらってい
ます。

 

活動紹介・結果報告

将棋部の活動紹介・結果報告
12
2020/08/06

八千代東高校・将棋部・近年の動向

Tweet ThisSend to Facebook | by 将棋部顧問

 2020年8月6日 記

 八千代東高校・将棋部・近年の動向

  八千代東高等学校・将棋部は、
 
   2014〔平成26〕年度~2016〔平成28〕年度にかけて

 千葉県高校総合文化祭・将棋部門〔 兼 高校将棋選手権・千葉県大会 〕において、

  ・団体戦の部で、 八千代東高校チームが、 
            2014年度 準優勝
            2015年度 準優勝
            2016年度 3位 

  ・個人戦の部 A級 で、 佐藤僚介君(本校 2016年度卒業)が、
     2014年度 優勝 (全国高等学校総合文化祭・茨城大会に千葉県代表
              として出場)
     2015年度 優勝 (全国高等学校総合文化祭・滋賀大会に千葉県代表
              として出場・決勝トーナメント進出・ベスト32)
     2016年度 準優勝(全国高等学校総合文化祭・広島大会に千葉県代表
              として出場・決勝トーナメント進出・ベスト32)

      という特筆すべき成績を収めています。

  また、上記の佐藤君は、他にも

     ・2014年度 第25回 関東地区 高文連将棋大会 個人戦・優勝
     ・2015年度 第28回 全国高校将棋竜王戦に千葉県代表として出場     
           し、全国ベスト16。

     などの、優秀な成績を収めました。
 
  ※ 佐藤僚介君(本校 2016年度卒業)は、上記のような顕著な成績が評価され、
    2017年3月に、千葉県高等学校文化連盟より、表彰されています。


   本校将棋部は、こうした伝統の下に、活動を続け、最近でも、

  千葉県高校総合文化祭・将棋部門〔例年5月開催〕において、

   2017年度 個人戦・B級優勝〔野村〕
   2018年度 団体戦の部・B級優勝
   2019年度 個人戦・B級優勝〔渡邉〕

   また、2019年度 高校将棋竜王戦・千葉県大会 では、
       個人戦・B級優勝〔渡邉・佐藤〕

  という着実な成果をあげています。 〔文責 将棋部顧問 山口正憲〕
12:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12

将棋部・活動報告

佐藤僚介君、全国大会へ

 夏休み中の7月28・29日、第39回全国高等学校・総合文化祭・将棋部門〔第51回高
校将棋選手権・全国大会を兼ねる〕の、全国大会が滋賀県米原市の滋賀県立文化産業
交流会館で行われ、本校より、2年E組の佐藤僚介君が、個人戦・千葉県代表として出
場しました。
 全国より、各都道府県代表の強豪が集まり、まず予選の戦いが行われました。 佐
藤君は、予選一回戦は香川県代表と対局し、いまひとつ調子が出ずに、緒戦に敗れま
した。決勝トーナメント進出には、もう一局も落とせない状況に追い込まれました
が、予選の残り3局、熊本県、沖縄県、山口県代表に、3連勝し、見事、決勝トーナ
メント進出を果たしました〔全国ベスト32に入ることが決定〕。
 佐藤君は、昨年も全国大会に出場しましたが、昨年は、予選2勝2敗で、惜しく
も、決勝トーナメント進出は逃しましたので、この時点で昨年の成績を上回りまし
た。
 続いて行われた決勝トーナメントでは、一回戦から、有数の実力者として知られる
新潟県代表の佐伯君(3年)と対戦し、惜しくも敗れました。


 佐藤君は、引き続いて、読売新聞・日本将棋連盟主催の、第28回全国高等学校・将
棋竜王戦の全国大会に、千葉県代表として出場しました。高校竜王戦は、福岡県福岡
市、博多の電気ビル共創館にて、開催されました。
 プロ棋士のタイトルの「竜王戦」の名を冠している、日本将棋連盟主催の大会なの
で、将棋連盟の谷川会長(17世名人)や、糸谷竜王ら、多くのプロ棋士の見守る中、
熱戦が繰り広げられました。
 佐藤君は、竜王戦・全国大会は初出場でしたが、予選を2勝1敗〔○福岡県代表、●石
川県代表、○長崎県代表〕で、勝ち抜き、決勝トーナメントに進出しました。
 翌日早朝から行われた決勝トーナメントで、一回戦、青森県代表に勝利しました。
二回戦では、三重県代表に敗れましたが、見事に、全国ベスト16に入る成績を収め
ました。
〔文責 将棋部顧問 山口正憲〕



第28回全国高校将棋竜王戦・千葉県大会の結果

 

平成27(2015)年7月22日に、千葉県青少年女性会館で行われた、第28回全国高校将
棋竜王戦〔日本将棋連盟、読売新聞社主催〕・千葉県大会において、2年E組の佐藤僚
介君が、初優勝しました。また、2年B組の山澤宗平君も、第三位に入賞しました。
 県大会には、154人が参加しました。
 優勝した佐藤君は、8月19・20日に九州の福岡県・福岡市で行われる、竜王戦全国大
会に、千葉県代表として出場します。
 佐藤君は、この夏休みに、7月の全国高校将棋選手権〔滋賀県〕と、8月の竜王戦
と、二度の全国大会に、連続して出場することになります。〔文責 将棋部顧問 山
口正憲〕


第23回全国高校将棋選手権千葉県大会の結果

 平成27(2015)年度は、5月2日と10日に行われた千葉県総合文化祭・第51回全国
高校将棋選手権千葉県大会において、まず、団体戦で、八千代東Aチーム(3年生 栗
原 孝幸、2年生 山澤 宗平、2年生 佐藤 僚介)が、2年連続 準優勝の成績を収めまし
た。

 さらに、個人戦A級では、佐藤僚介君が、6戦全勝で、2年連続 優勝を成し遂げ、昨
年に引き続き、全国大会出場が決定した。

 また、個人戦B級では、3年生 栗原 孝幸君が、優勝しました。

 佐藤君は、7月28・29日に滋賀県米原市で行われる高校将棋選手権・全国大会に出
場します。




全国大会参加報告2

 平成27年1月29日~31日に新潟県新潟市で行われた第23回全国高等学
校文化連盟将棋新人大会の千葉県代表として将棋部1年の佐藤僚介君と山澤宗平
君が出場しました。

 この大会は毎年各都道府県からの男子代表選手2名(1、2学年所属)で競わ
れ、予選は3勝で決勝トーナメント通過、2敗で失格になるスイス式トーナメ
ントで行われました。佐藤君は初戦に勝利し、二回戦で敗れたものの残り二局の
対局をしっかりと勝ち切り、また山澤君は持前の終盤の切れが冴え、4連勝で、
共に決勝トーナメントへと進出することができました。

 32名で行われた決勝トーナメント一回戦では佐藤君は居飛車で相手選手の中飛車
に挑みましたが、中盤での読み負けから
相手の手厚い棋風に押し切られました。山澤君は一回戦はシードとなり、ベスト8を
かけた二回戦からのスタートとなり、得意の振り飛車で相手の居飛車穴熊に対抗しま
したが、やはり中盤のちょっとしたミスから不利になり、挽回も難しく、敗れてしま
いました。

 将棋の実力としては、両名とも全国のベスト16に入る力はあるのだと実感できる
良い経験になったと思いますが、将棋の勝負はメンタルに左右される部分がとても大
きく、今後精神面をどう強化していくのかということが全国大会上位入賞~全国大会
制覇に繋がる大きな鍵となりそうです。



関東大会優勝!

 

 平成26年12月20日・21日に、埼玉県さいたま市で行われた第25回関東地
区高等学校文化連盟将棋大会に将棋部1年生の佐藤僚介君、山澤宗平君の2名が出場
しました。

 20日の予選リーグには関東各県の32名の選手が参加しましたが、両名とも3勝
1敗の成績で翌日の本戦決勝トーナメントに進出となりました。21日のトーナメン
ト戦においては、1回戦から佐藤君と山澤君が対戦するという組み合わせの不運もあ
りましたが、その対局を佐藤君が勝利し、ベスト8に駒を進めました。

 その後佐藤君は準々決勝、準決勝と勝ち進み、決勝戦では夏の全国大会の覇者でも
ある東京都の強豪選手を相矢倉戦で制し、優勝の快挙を成し遂げました!普段の部活
動での練習対局に真剣に取り組んだこと、また夏の全国大会への出場が良い経験とな
り、今大会では終始落ち着いた態度で対局に臨めたことが勝因になりました。

 1月に行われる全国新人将棋大会への出場が決定しています。全国制覇を目標に精
進していきますので、応援よろしくお願いします。



関東大会 / 全国大会 出場決定

 平成26年10月25日に行われた第22回千葉県高等学校文化連盟将棋大会の個
人戦A級において1年生の佐藤僚介君が優勝、同じく1年生の山澤宗平君が準優勝
し、千葉県代表として12月20日、21日に埼玉県で開催される関東地区高文連将
棋大会、及び平成27年1月29日~31日に新潟県で開催される全国高文連将棋新
人大会への出場が決定しました!

 県大会では佐藤君は6戦全勝と安定した実力を発揮し、山澤君は5勝1敗ながら
も、形勢不利な将棋を勝負手で逆転し、代表権を獲得しました。関東大会、全国大会
での上位入賞を目指し、日々研鑽しています。これからも応援よろしくお願いしま
す!


全国大会出場報告

 平成26年7月27日、28日に茨城県水戸市で行われた第38回全校高等学校総
合文化祭(いばらき総文2014)、「第50回全国高校将棋選手権」の千葉県代表
として将棋部1年の佐藤僚介君が出場しました。

 予選は3勝で決勝トーナメント通過、2敗で失格になるスイス式トーナメントで行
われました。佐藤君は1回戦、2回戦と連勝し、後1勝で決勝トーナメント進出とな
るところでしたが、続く3回戦で見落としから形勢不利になり、そのまま押し切ら
れ、4回戦では相手の軽快な振り飛車に翻弄され、残念ながら予選敗退しました。対
局結果としては全96名の出場選手中、全国ランキング第36位となりました。

 やはり全国大会の決勝トーナメントに残る(Best 32)選手は実力者揃いで、全国大
会で入賞すためには今まで以上の努力と実戦経験が必要になることを実感しました。
 佐藤君は今回が初めての全国大会への出場でしたが、高校3年間で全国大会に出場
するチャンスはまだまだあると思われますので、応援よろしくお願いいたします。


全国大会出場決定

 平成26年5月3日に行われた第50回全国高校将棋選手権千葉県大会の団体戦で
八千代東高校Aチーム(大将:佐藤―副将:山澤―三将:清水)が準優勝しました。

 また5月10日に行われた個人戦では、1年生の佐藤僚介君が優勝し、千葉県代表と
して、7月27、28日に行われる全国高等学校総合文化祭―将棋部門に出場が決定
しました!今大会で、佐藤君は苦しい将棋も粘り強く戦い、6連勝と全勝で県代表とな
りました。

 全国大会での活躍も大いに期待されます。