今年度、柏特別支援学校から本校に着任しました校長の平尾昌幸です。

本校は、今年度、59名の新入生を迎え、小学部45名、中学部51名、高等部80名の児童生徒と、新たに着任した35名を含めて、合計123名の職員でスタートしました。どうぞよろしくお願いいたします。

 本校の教育目標は「自ら学び、生きる力を高める児童生徒の育成」です。これまで本校が培ってきた取り組み、伝統を大切にしつつ、新しい形にもチャレンジしていきたいと思います。

 平成19年に特別支援教育の制度がスタートして10年を迎え、平成という時代にまもなく区切りがつき、「令和」の時代が始まろうとしています。この間、「共生社会」という目指すべき社会の姿が描かれ、その実現を目指して次々と制度が整えられ、教育的ニーズも様々に広がってきました。新しい「令和」の時代においても、子どもたちを取り巻く状況は、これまでと同じく大きく変化していくことが予想されます。本校においても、その変化に対応して、スピード感をもって教育活動に取り組んでいく必要生を強く感じております。しかし、変化の激しい時代においても、新学習指導要領や千葉県の学校教育指導の指針で示されているとおり、自ら学び生きる力を高めるための基礎となるものは、地域とともに歩む学校づくりを進めることだと思います。本校においても、まさに地に足を付けて、安心・安全で深くあるいは広く、家庭・地域と連携した学校づくりを推進して参ります。

 本校における学びが未来の自分のためになり、今と将来の生活が少しでも自立して社会参加できるように、教職員一人一人が、それぞれの役割を果たして参ります。保護者の方をはじめとして、地域の皆様、教育・福祉・労働・医療・行政関係機関の方々、本校を支えてくださる全ての皆様方の御理解と御支援をお願いいたします。