ようこそ! 

八千代特別支援学校のホームページへ!!

         

                   <校 章>


                                      校 長  香取 聖子

八千代特別支援学校は、「緑の大地にのびのびと 元気な声がこだまする」と校歌に歌われているように、
自然に囲まれた緑が丘の西側に位置する学校です。

今年度は、小学部57名、中学部56名、高等部74名 全校187名、教職員132名でのスタートです。

学校教育目標に掲げた『自ら学び、生きる力を高める児童生徒の育成』をもとに、児童生徒一人一人をかけ
がえのない存在として大切にし、丁寧にかかわっていくこと、また、教職員が個々の専門性と授業力を高め、
教育内容の見直しと改善に努めていくことを常に心がけながら、
子どもたち一人ひとりの「主体的な学び」を
目指した教育活動を進めていきます。

 

本校の校章にあるYの両翼は若葉を表しています。中央のボールは子どもたち。温かく包み込んでいる若葉の
一つは親の手を、もう一方は教職員の手です。

優しく大きく上に向かって開かれたYは、自らの力で大きく、力強く自立してほしいという願いが込められて
います。

私たちは、これまで築き上げられてきた保護者の皆様や地域、関係機関との信頼関係を大切にしながら、子ど
もたちが『学校って楽しい』と毎日元気に登校できる学校づくりに取り組んでいきます。