授業風景

授業日誌 >> 記事詳細

2018/05/21

授業風景(生物基礎)

Tweet ThisSend to Facebook | by urayasuminami-h
 高校1年生になって、はじめて実験室で授業を行いました。顕微鏡の使い方を復習します。中学校の理科の観察・実験でも何度か顕微鏡で観察をしたと思いますが、しばらく使っていなかったり、使い慣れていなかったりすると、ピントを合わせるのに時間がかかってしまいますよね。
 今日は、チラシなどの印刷物で顕微鏡のピントを合わせる練習をしたあとに、タンポポの花粉を観察しました。印刷物は赤、青、黄などの限られた色で多様な色彩を表現しているので、「目で見ると緑なのに、顕微鏡だと違う!!」と生徒たちは驚いていました。
 タンポポの花粉はよく見ると肉眼でも見えますが、表面がデコボコしていたり、顕微鏡でしか見られない細かい様子も楽しんで観察できました。
 高校生活は始まったばかりです。これからもっといろいろなものを観察していきます!!



16:43 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)