校長室

校長室だより >> 記事詳細

2017/01/30

福栄中特別授業参観記

| by urayasuminami-h
1/26(木)、市川市立福栄中学校にて、第2学年生徒を対象とした「高校の授業を体験する特別授業」が開催された。これは県教育委員会が実施している「小・中・高連携の特別授業」と福栄中の総合学習の時間で実施している「上級学校調べ」とを融合させての企画で、福栄中学校の校長の発案で実現。高校側からは「小・中・高連携の特別授業」に登録している津田沼高校の国語の先生、行徳高校の社会科の先生、国分高校・市川東高校の数学の先生、市川南高校の化学の先生、国府台高校の生物の先生、そして、本校からは英語の滝口圭太先生にオファーがあり、7名の高校の先生方が授業を展開した。

滝口先生の授業は、英語の4技能(Listening,Reading,Speaking,Writing)を使いながら、英語独特の表現を学ぶというもので、最初は曲当てクイズ。英語の歌詞を読みながら、その曲が日本のなんという曲かを当てるというもの。英語だから、なかなか曲名が分からない。みんな真剣に推理して、中学生の興味・関心は釘づけに。まさに、つかみはOK!そして、正解は夏川りみの「涙そうそう」とドリカムの「LoveLoveLove」。いい音楽を聴きながら、その歌詞の中に出てくる「I wish I could~」という仮定法過去の勉強へ。それも文法についてのこまごまとした説明はなく、ディズニー・キャラクターを使いながら、どんどん書いてしゃべる練習。なるほどこういう風に使うのかとみんな納得!「アクティブ・ラーニング」という今話題の授業を、福栄中の2年生2クラスの生徒は体験できたのでは…?!そんな最先端の授業を毎日受けている浦南生、がんばれ!



17:10