授業風景

授業日誌 >> 記事詳細

2018/06/06

授業紹介「火おこし体験」

Tweet ThisSend to Facebook | by urayasuminami-h

本日、1限に生物の授業で原始火おこしの実習を行いました。

現在、人類が発展してきたのは自らエネルギーを生み出すことができたからであり、今回の実習では、人類が初めて手にしたエネルギーである”火”を自分たちの力で作り出しました。

生徒たちは火きり棒と火きり板を使い、まずは火種を作るべく、煙が出るまで何人も交代しながらこすり続けます。そして、やっとできた火種を新聞紙に移し空気を送って“炎”にし、その”炎”でガスバーナーを点火したら、やっと終了!
無事にガスバーナーに点火できた班からは歓声が上がるほど喜んでいました。最後に、自分たちで作った“炎”で温めたスープをおいしくいただきました。

 

 


13:45 | 投票する | 投票数(13) | コメント(0)