校長挨拶

 

日誌

校長室だより2019
2019/04/26

千葉県立浦安南高等学校第36回入学式 校長式辞

| by urayasuminami-h
 満開の桜のあとを追うように、木々の芽は膨らみ、さまざまな生き物の息吹とともに、春の香りがより一層あたりに満ちあふれ出す、ものみな全てに躍動を感じる季節。この佳き日に、本校PTA会長 長谷部雅伸 様をはじめ、多数の御来賓の皆様の御臨席を賜り、ここに本校第三十六回入学式を挙行できますことは、教職員一同、大きな喜びとするところでございます。
 ただいま、入学を許可いたしました、一五六名の新入生の皆さん、入学おめでとう。心から祝福するとともに、歓迎いたします。
 皆さんは、義務教育を終え、さらに向学の志を立て、本校の第三十六期生として入学しました。ここに至るまでの皆さんの努力は大変なものだったと思います。高校生活を始めるにあたり、御家族の温かい愛情や皆さんを教え導いてくださった周囲の多くの方々、そして、共に励ましあった友への感謝の気持ちをどうか忘れないでください。そして、すがすがしい気持ちで、高校生活への第一歩を踏み出したこの日のことを忘れることなく、覚悟をもって所期の目的を果たして欲しいと思います。
 入学に際し、私から新入生の皆さんに考えてほしいことがあります。
 それは、私たち人間にとって、「学ぶ」とはどういう意味をもっているのかということです。確かに、皆さんは本校に入学し、高校三年間の所定の授業を修め、将来の進路へとつなげていこうと考えていることでしょう。しかし、「学ぶ」という行為は、単に「高い点数が取れる」とか「何かを覚えた」ということを意味しているのではありません。「学ぶ」ことを通して、自らの人生をより豊かに、より価値のある生き方をしていくことが大切なのです。人生を豊かに生きるとは、お金を多く持つことや偉くなったりすることではなく、自分を含め多くの人々の魂に充実感と感動を与え、少しでも多くの人の心の中に生き続け、より良いこと、より価値のあることを世の中に残すことです。自らがより良い生き方、価値のある生き方をして、世のため、人のためになることをし、お金では計り知れない良質でたくさんの感謝や安心感を人に与えるには、よりよいこととは何か、より価値のあることは何かを知り、感じることが必要なのです。それでは、なぜ、価値のある生き方をしなければならないのでしょうか。ボーっとして生きていてはなぜいけないのでしょうか。それは、私たち人間は生きている間にたくさんの借金をしているからです。この借金をかえさなければならないからです。借金とは何でしょう。朝起きて、食べたものを思い出してください。パンやご飯はすべて元々植物であり、植物を刈り取って、その命をいただいています。肉や魚はいうまでもありません。場合によっては、残飯を残したり、汚したり、電気やガスなども空気を汚し、環境を汚染し、私たちはもっぱらこの世の存在に迷惑をかけて生きているのです。つまり、借金をしているのです。生きている間に、この借金は当然返さなければなりません。どう返すか。いただいた分、汚した分だけではなく、何か価値のあることを残さなければ、借金を返済したことにはなりません。だから、何が価値のあることなのか、何が良い生き方なのかを知ることが、「学ぶ」ことなのです。
 幸いなことに本校は、皆さんが、この「学ぶ」ことのできる教育を用意しています。学び直しや基礎基本を確実なものにするための少人数教育やカリキュラム、八十%以上の先輩たちが熱心でわかりやすいと評判の授業、志を同じくする仲間など、申し分のない環境があります。さらに、地元の方々との交流やボランティア活動などを積極的に取り入れています。このことは、本校の教育活動でもっとも大切な基盤の一つとなっています。それは周囲に対する感謝の気持ちはもとより、真に生きていることの価値に触れられるような経験をしていくことであるからです。ぜひ皆さんにもこの浦安の地域との様々な交流を経験し、世のため人のために活躍しうる人材へと成長していって欲しいと願ってやみません。
 また、本校には開校以来、校訓として「誠実」を掲げ、学校一丸となって取り組んできました。人や物事に対する姿勢に真心があり、まじめで偽りのない真摯な姿勢を培うことで、たくさんの本校の先輩たちは世の中から評価され、活躍をしてくれています。
 新入生の皆さんはそれぞれ、よい個性や素晴らしい能力を持っていると思います。どうぞ、本校での三年間において、自らに誠実に向き合い、さらに磨き上げ、自分のためばかりではなく、世のため、人のために使えるような、人から感謝されるような、そういう人間に成長することを願っています。
 保護者の皆様、本日はお子様の御入学、誠におめでとうございます。お子様の成長を見守り続け、今日のこの日を迎えられました。ほっとすると同時に、感激も一入のことと思います。大切に育ててこられたお子様を今日からお預かりすることになりますが、私たちは人として正しいことを勧め、社会に出て通用しないものは通用しないとはっきり伝えていきます。一人一人のよさを大切にし、社会に貢献できる人材を育成するため、保護者の皆様におかれましても、本校の教育方針をしっかりと御理解いただき、力強い御支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。
 結びに、本日、入学された皆さんが、本校で「学び」を進化させて大きく成長し、地域社会に貢献できる人材となることを心から祈念し、式辞といたします。
16:28
2019/04/26

平成31年度第1学期始業式校長式辞

| by urayasuminami-h
 あらためまして、おはようございます。
 さて、平成31年度の幕開けとなります第1学期始業式に際し、皆さんに少しお話をしたいと思います。
 先週の月曜日に本校に着任して、学校をいろいろとみて回ってみました。皆さんは歩いてみたことがありますか?
 たとえば、校門の通り沿いの藪には、詳しくないので種類はわかりませんが小型の海鳥が集団で過ごしていたり、裏門近辺の花壇にはチューリップや水仙などの花がきれいに咲いていたりします。でも、植樹された木々の中には、海風の影響からか枯れてしまったものも少なくないようです。歩いてみれば、しっかりと潮風も感じます。4階から眺めると本当に海がすぐそこです。さきほども少し話しましたが、本校にとっては目の前に広がる東京湾は切っても切れないものだとつくづく感じました。
 皆さんは、この「海」に何を感じますか。
 友達や家族といく夏の海水浴場でしょうか。あるいは、好きな人と手をつないで歩くロマンチックな海辺の風景でしょうか。はたまた、ごみがたくさん落ちていて、いつまでもなかなかきれいにならない千葉の海岸を思い浮かべるでしょうか。
 明治時代の作家であり詩人であった島崎藤村という人は、日本の海辺に流れ着いたヤシの実をみて、どこの国から来たのだろうか、その実がなっていた元の木は、今も茂っているだろうかと、遠い外国の風景を思い描き、自分自身に照らしながら歌に残しました。確かに、この目の前の海は、ここにいつまでもとどまっているのではなく、地球上のありとあらゆる国々にも、この海の水と同じものが流れているわけですから、海をみて、外国を思い浮かべることもあるでしょう。
 こんなふうに考えてみると、本校にとって象徴的な存在である「海」ということ一つとってみても、さまざまなことが考えられますし、想像していろいろなことを思い浮かべることができます。考えたり、思い浮かべたり、感じたりすることに何もルールはありませんし、方法もありません。皆さんの自由な世界であり、すべてが正解、間違いのない世界なのです。
 どうでしょうか。少し面白いと感じられましたか?こうして、自分が思ったことや思いついたことを、広げていってみたり、深めていったりすることを学問といいます。自分の知っていることを増やしたり、広げたりすることで、今の皆さんの目の前の世界が広がったり、深まったりしていきます。学問をしてみることは、実はとてもおもしろいことなのです。
 今日から平成31年度の学校が始まります。5月からは令和元年となり、新しい時代の始まりと世間では騒いでいます。私は、皆さんにこの記念すべき年の始まりに、いろいろな場面で、さまざまなことがらから、学び、広げ、深めていってほしいと願い、始業式の式辞にしてみました。未来は間違いなく皆さんの時代なのです。
15:09