津田沼高校GP

津田沼高校の教育の指標(GP)

※GPとは、グラデュエーションポリシー
(卒業までに身に付ける力=卒業生が備えておくべき資質)

 津田沼高校では,これからの教育に必要なこととして,育成すべき生徒の資質・能力を「8つの力」として明確化しました。
教職員及び生徒一人一人が,この「8つの力」を本校での3年間の学びの中で意識していくことにより,「学びを改革」し,「新しい時代に対応した資質・能力の育成」を目指します。

 ① 傾聴力 人の話に耳を傾け、正確に聴き取り理解しようとする力
 ② 想像力 人の気持ちを思いやったり、自分の言動が人にどのような影響を与えるかを察したりする力
 ③ 思考・判断力 自分で考え、正しい道や方法を見つけたり選んだりする力
 ④ 情報収集力 進んで様々な情報を集めたり、たくさんの情報の中から自分に必要なものを選んだりする力
 ⑤ 分析力 事実について色々な角度から見て、なぜそうなっているのか追究しようとする力
 ⑥ 発信力 自分の考えを積極的に人に伝え、理解してもらおうとする力
 ⑦ 企画・実践力 課題解決に向けて新しい方法を考えたり、まわりに協力してもらいながら活動したりする力
 ⑧ 創造力 自分の個性を生かしながら、価値のあるものを生み出す力

詳しくは,津田沼高校GPについて説明したファイルをご覧ください。

     Tsudanuma-h_2019web.pdf