新着
4月15日(月)~19日(金)は午前中授業として、午後、各担任が、原則クラスの全生徒と面談を実施しています。進学や進級によって環境が変化する中で、生徒一人ひとりに対して困っていることがないかなど確認しています。 この面談週間に限らず、生徒の皆さんは何か困ったことなどがあれば遠慮せず相談してください。
暖かい陽気の中、進路職員研修が行われました 今回は専門学校の選び方や就学支援制度、学費などを中心に学びました。 毎年情報が更新されていくので、覚えることが多く大変でしたが、実りのある良い一日となりました。 講師をしていただいた進路情報ネットワーク様、ありがとうございました!
千葉県が新しく作成する教員採用PR動画「千の葉の先生になろう」の出演者として、本校新規採用の守屋朋先生(数学)が選ばれました。 4月17日(水)3限の2年3組の授業において、撮影が行われました。 守屋先生も、生徒のみんなも、ちょっと緊張している様子でした。 年間を通じて、今後も撮影の機会があります。 千葉県の教師を目指す人が増えるよう、撮影への協力をお願いしますが、いつもの様子でかまいませんので、気にせず授業等、学校生活に集中していただければと思います。 動画が完成したら、県ホームページ等で公開される予定です。  
 4月15日(月)4時間目に生徒総会が行われました。  ① 本部役員紹介  ② 開会宣言  ③ 議長選出  ④ 令和5年度生徒会活動報告と令和6年度活動予定  ⑤ 令和5年度生徒会決算報告と承認  ⑥ 令和6年度生徒会予算案と承認  すべて承認されました。    生徒の皆さんは、静かに真剣に生徒総会に参加していました。   
4月14日(日)、本校体育館を会場として、令和6年度関東高校バスケットボール選手権大会地区予選会が行われ、本校3年のバスケットボール部員男子生徒2名が鎌ヶ谷西高校と合同チームで出場しました。3ポイントシュートを連続で決めるなど、随所に好プレーを見せてくれましたが、残念ながら46対83で薬園台高校に敗れました。2名ともほぼフル出場で疲労もある中、最後まで全力プレーが印象的でした。

とよとみDAYS 2024

進路職員研修

暖かい陽気の中、進路職員研修が行われました鉛筆

今回は専門学校の選び方や就学支援制度、学費などを中心に学びました。

毎年情報が更新されていくので、覚えることが多く大変でしたが、実りのある良い一日となりました。

講師をしていただいた進路情報ネットワーク様、ありがとうございました!

生徒総会

 4月15日(月)4時間目に生徒総会が行われました。

 ① 本部役員紹介

 ② 開会宣言

 ③ 議長選出

 ④ 令和5年度生徒会活動報告と令和6年度活動予定

 ⑤ 令和5年度生徒会決算報告と承認

 ⑥ 令和6年度生徒会予算案と承認

 すべて承認されました。

 

 生徒の皆さんは、静かに真剣に生徒総会に参加していました。

  

離退任式

 4月12日(金)午後に今までお世話になった先生方の離退任式が行われました。令和5年度末の人事異動で15名の先生方が離退任され、本日は6名の先生方が参加され、最後のお話をいただきました。生徒の皆さんは真剣に話をきくことができました。離退任された先生方今までご指導ありがとうございました。

  

 

  

 

  

部活紹介

 4月11日(木)5時間目に部活動紹介が行われました。各部活動の先輩からの紹介に真剣に耳を傾けていました。部活動見学をして自分の入りたい部活動が見つかり、積極的に活動してしてくれればと思います。

  

  

1年生 オリエンテーション(学校説明)

 4月11日(木)の4時間目に教務主任・進路主任・生徒指導部長・総務部長・養護教諭・通級担当の先生方より学校生活についの説明がありました。また、最後に校歌の練習も行いました。学校のルール等をしっかり守り、充実した学校生活を送りましょう。

 

   

 

    

 

福祉コース設置について

令和5年度 福祉コース設置(千葉県教育委員会指定)


 本校では平成154月に学校独自で福祉コースを設置し、介護職員初任者研修実施事業所の認定を受け、多くの卒業生を近隣の介護福祉施設等に送り出してきました。

 昨年度、千葉県教育委員会が定めた「県立高校改革推進プラン」に基づく「第1次実施プログラム」において、令和5年度から、本校普通科に福祉コースを設置することが決定し、県教委に支援いただきながら、さらに充実した指導ができるようになりました。

 今後も、福祉に関する専門的な知識に加え、介護従事者としての心構えや配慮、マナーを学習し、「介護職員初任者研修修了者」の資格を取得し、将来福祉分野で活躍できる人材を育成していきます。

コミュニティ・スクール
 「コミュニティ・スクール(CS)」について

 

コミュニティ・スクールは、学校運営や学校の課題に対して、広く保護者や地域住民の皆さんが参画できる仕組みです。当事者として、子供の教育に対する課題や目標を共有することで、学校を支援する取組が充実するとともに、関わる全ての人に様々な魅力が広がっていきます。(文科省「学校運営協議会」設置の手引きより)

 

 本校の学校教育目標の中には、『保護者・地域社会から信頼され、期待される「地域とともに歩む学校づくり」を推進する』ことを掲げており、今後、更に多くの地域住民や保護者にも、学校と方向性を合わせ、“一体となって”生徒たちの成長に関わっていただけるような体制を作り、後世に残る学校にしたいと考えました。

 この地域には、「信頼できる大人と関わる機会」を作ることのできる場が数多くあります。本校では、生徒たちの自己肯定感や主体性・多様性・協働性を身につける機会をたくさん設けたいと考えています。
子どもと親のサポートセンターの事業周知
子どもと親のサポートセンターの事業周知について
(教育相談・支援事業のお知らせ)

保護者向け資料.PDF