お知らせ《 1月の学校運営について 》

(全日制)生徒及び保護者の皆様

 日頃より本校の教育活動にご理解、ご協力をいただき深く感謝申し上げます。
 さて、明日にも千葉県を含む1都3県に緊急事態宣言が発令される見込みとなりましたが、本校では千葉県教育委員会の方針に基づき、感染拡大防止に努めながら教育活動を継続してまいります。明日からの登校を控え、2点お知らせします。

1「時差登校」・・・併設中学校と高等学校とで始業時刻が異なるため、学校全体としての時差登校は実施しませんが、各自、交通機関の混雑状況等に応じて登校してください。学校の昇降口は午前7時に開きますので、混雑を避けた早めの登校も可能です。
2「部活動」・・・・・緊急事態宣言中は、平日のみ放課後90分以内の活動とし、土日祝日は活動しません。また、朝練習、対外試合、合同練習及び演奏会等は行いません。

 なお、生徒本人やご家族に、発熱や風邪症状等がある場合は、無理に登校せず学校に電話連絡をお願いします。 学校では感染拡大防止のために最大限の努力をしてまいりますので、ご家庭でも引き続きのご協力をお願いいたします。
連絡先:学校電話04-7143-4271

 

お知らせ《 「SNS相談@ちば」の御案内 》

生徒及び保護者の皆様

県教育委員会から、年末年始の「SNS相談@ちば」開設日のお知らせが届きました。
以下に添付します。様々な相談に対応しますので、必要に応じて御活用ください。
  こちらを参照 ⇨ SNS相談@ちば.pdf
 

お知らせ【御家庭において発熱等がある場合の相談】

                                 令和2年12月11日
全日制 保護者 様

 令和2年12月11日付けで、県教育委員会から「新型コロナウイルス感染症 学校における感染対策ガイドライン」の改訂が通知されました。
 その中で特に、家庭において「発熱等がある場合の相談」について、周知すべき事項がありましたのでお知らせします。以下を御覧ください。

  こちら ⇨ 別紙2)保護者の皆様へ.pdf

 なお、毎朝登校前に、御家庭で風邪症状の確認と検温を継続し、発熱や症状がある場合は、自宅で休養することを徹底してください。その際、必ず学校にも御連絡をお願いします。

 

掲示板

新着情報[根記事一覧]
12

【3年生】デジタル古文単語テスト(0件)アップロードファイル山口祥幸2020/05/25(9票)
【3年生】デジタル漢文句形テスト(0件)アップロードファイル山口祥幸2020/07/17(7票)
現代文B 練習問題(0件)アップロードファイル藤田豊2020/06/04(26票)
芸術鑑賞会の中止について(0件)tohkatsu2020/07/28(1票)
令和2年度PTA定期総会の議決結果(0件)tohkatsu2020/07/16(11票)
7月6日(月)以降の日課(0件)tohkatsu2020/07/16(1票)
夏季講座の開講について(0件)tohkatsu2020/07/07(9票)
全日制6/29以降の日程について(0件)アップロードファイルtohkatsu2020/07/07(1票)
ICTを活用した学習支援事業について (0件)tohkatsu2020/07/03(2票)
臨時休校期間の学びの保障について(0件)tohkatsu2020/07/02(0票)
令和2年度 学校説明会について(0件)tohkatsu2020/07/02(22票)
6月15日以降の時差通学・短縮日課について(0件)アップロードファイルtohkatsu2020/06/22(0票)
相談室だより 配付(0件)tohkatsu2020/06/18(12票)
高等学校体育連盟より 生徒・関係者の皆さんへ (0件)アップロードファイルtohkatsu2020/06/12(6票)
感染した場合等の学校への連絡について(0件)tohkatsu2020/06/09(0票)
登校の際の注意事項について(保健関係)(0件)tohkatsu2020/06/09(3票)
6月1日以降の学校再開について(0件)アップロードファイルtohkatsu2020/06/09(4票)
お知らせ(0件)tohkatsu2020/05/29(2票)
5月25日以降の登校日について(5/18付)(0件)tohkatsu2020/05/20(8票)
スクールカウンセラー 電話相談の受付(0件)アップロードファイルtohkatsu2020/05/20(0票)
12

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

お知らせ

■令和3年度 入学者選抜 選抜・評価方法をUPしました。(R2.7.21) → こちら

■令和2年度学校いじめ防止基本方針をUPしました。(R2.4.3)  → こちら

■令和元年度 学校評価のまとめをUPしました。
(R2.3.30)  こちら


■ちば「授業錬磨の公開日(11/11(月))」の実施について、をUPしました。(R1.10.24) → こちら(ページ下方)

■令和2年度 入学者選抜 選抜・評価方法をUPしました。
(R1.10.17) → こちら

・平成30年度 学校評価のまとめをUPしました
。(R1.7.4) → こちら

■平成31年度 年間行事予定表、前期授業予定表をUPしました。
(H31.4.10) →  こちら

■マサチューセッツ工科大学・富士通・東葛飾高校の連携事業により、本校教諭 高石哲男および旧職員(現JST職員) 菅原大介による授業が、マサチューセッツ工科大学BLOSSOMSのWebサイトに掲載されました。(H30.1.26) → こちら

■千葉日報で,東葛飾高校と東葛飾中学校が紹介されました。(H29.9.19)  → こちら

■学校いじめ防止基本方針 をUPしました。   こちら


■新しい「登校許可証明書」をアップしました。   toukoukyokasyo.pdf   

■教育実習受け入れ文書とFax送信用紙をUPしました。DLしてご活用ください。 → こちら

■千葉県教育委員会から講師の登録のお願いをUPしました。(H30.1.16)  講師の登録について.pdf

■本校全日制の入学者選抜におけるインフルエンザ等への対応について → インフルエンザ等への対応.pdf
 
 
 

東葛日誌

東葛日記 >> 記事詳細

2020/08/17

医療系リベラルアーツ講座「最先端の医療体験」

| by tk01

講座名  医療系リベラルアーツ講座「最先端の医療体験」
日 時 8月17日(月)9時00分~16時00分(集合8時30分)
場 所 国立がん研究センター東病院(柏市柏の葉)


  8月17日(火)に、国立がん研究センター東病院で「最先端の医療体験」が実施されました。


9時~12時  全体会
 はじめに全体会で、院長 大津先生からがんの統計学的データの紹介がありました。要点は次のとおりです。


①生涯で二人に一人はがんに羅漢する。
②がんで死亡する確率は男性は25%、女性は16%である。
③がんと診断されても60%の人は治療によって治る。


 そしてがんを治すための世界最先端の医療研究(検査技術・新薬の開発・手術方法の向上など)に取り組んでいるのが国立がん研究センター東病院の役割です。


  次に薬剤部長・川﨑先生、看護部長 浅沼 先生より貴重なお話を聞かせて頂きました。特に看護部からは東葛高校の生徒に向けて 写真 No4 にあるメッセージを頂戴いたしました。有り難うございました。

No1 医院長に対する質問    No2  ダビンチによる手術場面
No1 医院長に対する質問         No2  ダビンチによる手術場面

No3  浅沼看護部長から看護部の役割を聞く    No4  看護部から東葛飾高校生徒へのメッセージ
No3  浅沼看護部長から看護部の役割を聞く No4  看護部から東葛飾高校生徒へのメッセージ
    
13時~16時   分科会
  午後は分科会です。外科(林先生)、内科・看護(新村先生)、研究(安永先生)の指導による実習を含めた見学会が実施されました。記録者は内科に同行いたしましたのでその記録の報告をいたします。


内科・看護(新村先生)
①腸内内視鏡検査での実習
②化学療法ナースセンター(制がん剤の投与)の見学
③陽子線治療の原理と疑似体験
④緩和ケアセンターの見学


 内科では一人5分間の内視鏡体験ができたこと、陽子線治療室では、本校OBの堀田医学物理士から陽子線治療の講義を受けたことが良い経験になりました。
No5  薬剤部部長に質問する。    NO6 内科にて直腸鏡の使用方法の指導を受ける。
No5  薬剤部部長に質問する。       NO6 内科にて直腸鏡の使用方法の指導を受ける。

NO7  内視鏡検査の実習をする。    NO8  抗癌剤治療をしているナースセンターを見学する。
NO7  内視鏡検査の実習をする。      NO8  抗癌剤治療をしているナースセンターを見学する。

NO9  陽子線治療の原理を学ぶ。    NO10  陽子線治療の模擬体験をする。
NO9  陽子線治療の原理を学ぶ。     NO10  陽子線治療の模擬体験をする。

 最後は緩和ケアセンターの見学です。ここでは余命を告知された患者さんに対する寄り添う医療(痛みの緩和)、相談(余命をどう過ごすかを計画指導)がなされています。
また、その担当医師及び看護師は医療に対する使命感を熱く語ってくださいました。そしてそのお話の内容が今回の体験教室のまとめのかたちになりました。

NO11  緩和ケアセンターで終末期医療の取り組みの心構えを知る。
NO11  緩和ケアセンターで終末期医療の取り組みの心構えを知る。

 今回の就業体験では、生徒達に働くスタッフから多くエールを頂きました。生徒にとっては医療人として働く「覚悟」を再確認できた素晴らしい一日になりました。国立がん研究センター東病院のスタッフの皆様、有り難うございました。


16:49 | 今日の出来事