高校連絡先
電話 04-7143-4271
FAX 04-7147-9611
 

新着情報

 

お知らせ

■ちば「授業錬磨の公開日(11/11(月))」の実施について、をUPしました。(R1.10.24) → こちら(ページ下方)

■令和2年度 入学者選抜 選抜・評価方法をUPしました。
(R1.10.17) → こちら

・平成30年度 学校評価のまとめをUPしました
。(R1.7.4) → こちら

■平成31年度 年間行事予定表、前期授業予定表をUPしました。
(H31.4.10) →  こちら

■マサチューセッツ工科大学・富士通・東葛飾高校の連携事業により、本校教諭 高石哲男および旧職員(現JST職員) 菅原大介による授業が、マサチューセッツ工科大学BLOSSOMSのWebサイトに掲載されました。(H30.1.26) → こちら

■千葉日報で,東葛飾高校と東葛飾中学校が紹介されました。(H29.9.19)  → こちら

■学校いじめ防止基本方針 をUPしました。   こちら


■新しい「登校許可証明書」をアップしました。          toukoukyokasyo.pdf
 
■教育実習受け入れ文書とFax送信用紙をUPしました。DLしてご活用ください。 → こちら

■千葉県教育委員会から講師の登録のお願いをUPしました。(H30.1.16)  講師の登録について.pdf

■本校全日制の入学者選抜におけるインフルエンザ等への対応について → インフルエンザ等への対応.pdf
 
 
 

東葛日誌

東葛日記
12345
2020/01/20new

医歯薬研究講座 研究発表大会

| by tk02
1月19日(日) 於:大講義室
 1月12日のプレ講座研究発表大会(1年生)に続いて、
 医歯薬コース2年生による研究発表大会が、いよいよ開催されました。
 ⇦ 校長挨拶により開会
 ⇦ 来賓の皆様が紹介されます
《 ご来賓 》 順天堂大学医学部小児科 教授 清水 俊明  様
        東京理科大学薬学部生命創薬科学科 教授 内海 文彰  様
        国際医療福祉大学医学部 准教授 押味 貴之  様
        東京勤労者医療会理事長 東葛病院病理診療科 臨床検査科 下 正宗  様
        おおたかの森病院 院長 松倉 聡  様
        千葉県教育庁企画管理部教育政策課高校改革推進室 副主幹 石井 俊正  様
《 招待発表者引率 》 二松学舎大学附属柏中学校・高等学校 教諭 玄間 昭久  様
            聖徳大学附属女子中学校・高等学校 教諭 竹内 英樹  様
    *本年度は他校の優秀なプレゼンテーションを学ぶため「招待発表者」を2校お招きしました。

【 口頭発表 】 代表6名が1年間の研究成果を発表しました。
 ⇩ 頭痛の研究               ⇩ クモの糸で縫合糸を作る
 
  ⇩ 嗅覚と視覚が味覚に与える影響      ⇩ ストレスと循環器病について
 
  ⇩ 身長の決定要因について        ⇩ 免疫療法とメラノーマ
 
 ⇦ 発表への質問にも研究の前進に向けた示唆が

【 招待者発表 】
 ⇩ 二松学舎大学附属柏中学校から     ⇩ 聖徳大学附属女子高等学校から
 

【ポスター発表】 8名のポスター発表。参観者が順ぐりに解説を聞きました。
 ・臓器移植~更なる可能性を求めて~      ・ペルソナ(社交性仮面)と精神疾患
 ・花粉症治療における西洋薬と漢方薬の併用効果 ・体を柔らかくする方法
 ・あなたの知らない指バキの世界        ・高校生の睡眠
 ・ヘビ毒から抗血液凝固薬を作る        ・体内時計
            ⇩ ⇩ その場で質問や意見の交換が行われていました ⇩ ⇩
 
全ての発表が終わった後の『閉会式』において、ご来賓の諸先生方から、講評を頂戴しました。
 ⇩  次代の医療者を目指す東葛生に、心温かなエールとなりました。
 
                         ⇧ 招待発表の3名にも感謝を

最後に、~医歯薬コース受講生徒(2年生)の感想から~
(前略)実際に医師や薬剤師として働く方や、医療系大学の先生方のお話を、病院や大学で聞いたり、時には先生方が高校までお越しになって伺ったりできた。医療という特殊、専門的で、進路によっては簡単に目指せない狭き門に突き進もうとしている私たちにとって、これらのお話はよい指標となった。何故なら医療の「実際」を知る方々からのお話から、医療人としての実生活や心がけを学ぶことができたからだ。(中略)将来の自分を想像しながら行えるこれらの体験は本当に貴重であった。
 ☞ ☞ ☞ 東葛飾高校の医歯薬コースです。
15:20
2020/01/20new

中高コラボ授業~国語~ 新春編

| by tk02
昨年末にお伝えした『中高コラボ授業~国語~ 』の続編です。
1月20日(月)大寒 4限   於:大講義室
高校2年生と中学校2年生の諸君による、小倉百人一首のかるたとり。

「む・す・め・ふ・さ・ほ・せ」一字決まり。
  などと、かつて暗記された方も多いのではないでしょうか。

本校教諭が読み手を務める中、
中高生が「源平戦」で季節を彩っておりました。
かるたを交えたコラボ授業は、
1月22日(水)3限、23日(木)1限と続く予定です。
13:14
2020/01/14

医歯薬プレ研究発表大会

| by tk02
1月12日(日) 於:大講義室
本校の「*医歯薬コース」を目指す1年生が、
1年間の研究成果をまとめた『医歯薬プレ研究発表大会』に臨みました。
  *医歯薬コース:本県の医師不足を踏まえ、将来の地域医療を担う人材育成のため、
           県教育委員会により本校に設置された、県内唯一のコース。
           コース分けは2年生からだが、これを目指す1年生はプレコースとして学ぶ。
開会式(校長挨拶)の後、代表6名により口頭発表が行われました。
 ⇩ 画像左手:保護者の参観。画像手前:中学生も傾聴しています。

 ①激しい運動の後はお腹がすかない? ②コカ・コーラゼロによる歯の脱灰について
 ③天候が体調に与える影響      ④食物依存性運動誘発アナフィラキシー
  ⑤先輩みたいに走りたい~ピッチとストライドから考えてみた~
  ⑥起立性調節障害の子どもの理解者を増やす
続いて、ポスターセッションによる発表8項目
 ⇩画像は「患者にとってよい薬とは何か考える」の様子です。
 

当日は、千葉県医師会副会長 金江 清 様 をお迎えし、講評とご指導をいただきました。
 ⇦ 金江先生 ご講評

医療従事者への道は険しく、学びを継続する力とともに、
校長先生がいつも仰るように『揺るぎない覚悟』が求められます。
未来の医師等を目指す東葛生、今後も研究と学びの深化に期待しています。
なお、次週(19日)は2年生の研究発表大会が予定されています。
11:27
2020/01/09

サイエンスキャッスル関東大会で理科部がベスト開発賞を受賞しました

| by tk01
令和元年12月21日(土),22(日)に行われた中高生のための学会「サイエンスキャッスル関東大会」にて、「サイエンスキャッスル研究費 THK 賞 採択者の成果発表会」が行われ、本校理科部(化学班)が参加しました。
理科部は「VRを用いた省スペースな歩行リハビリ装置の開発」をテーマに半年間研究。
先日の成果発表会では、ポスターを用いた開発成果報告のプレゼンテーションや、実際に開発した装置のデモンストレーションを披露しました。
      
 

そして、THK社の皆様による審査の結果、「ベスト開発賞」を受賞!
今後の発展性を見込んでの受賞ということでしたが、半年間の努力が報われた瞬間でした。
 
10:08
2019/12/23

☃ 冬休み ☃ になります

| by tk02
明日から冬季休業に入ります。
本校は二期制(前期と後期)ですので、今日は終業式がありません。
大清掃 → 学年集会等 → 放課 でした。

放課後の午後2時~ 於:体育館
 ⇩ 中央奥から向かって左へ吹奏楽部      ⇩画像のセンターは弦楽部  ⇩向かって右が音楽部


「Tohkatsu Orchestra 2019」と題しまして、3部活の合同演奏会が催されました。

前半は各部ごとに発表があり、
後半は  ”千と千尋の神隠しSpirited Away” ”レ・ミゼラブル 東葛special version” 合同演奏。

「♪ 圧巻 ♪」でした。語彙が少なくてお恥ずかしい。実に『圧巻!!』でした。

全ての生徒が、自分のステージで頑張っています。

21・22日には、理科部(化学班)がサイエンスキャッスル関東大会*に参加しました。
    *関東大会とは関東を会場とするという意味の「全国大会」です。
ここで  ”VRを用いた省スペースな歩行リハビリ装置の開発”  により、
最優秀賞に当たる『ベスト開発賞』を受賞。


それぞれが、他を認め合いながら、
それぞれが、『自分の目標』に向かっている。
15歳から18歳までのかけがえのない時間を、一生懸命に歩んでいる。
東葛高校はいい学校だな、と、自画自賛したくなる。
そんな、冬休み直前の一日でした。


15:55
2019/12/19

3年生 演奏発表会

| by tk02
自由研究*「音楽(楽器演奏)」選択の3年生により、
『3年生 演奏発表会』が開かれました。
  *自由研究:昭和45年から継承される、自主研究テーマ追究の学び。全生徒が1年間の研究や実践を行い、
         論文にまとめる。優秀なものは代々「紀要」として残される。

◈第1部 12月12日(木) 於:音楽室
  ピアノ発表者に特化した日です。7組が独奏、連弾を披露してくれました。
 
◈第2部 12月19日(木) 於:音楽室
  独唱、パーカッション、アンサンブル、リコーダー、マリンバ・・・6組+1(教員)
  
              
 
 多芸。多才。多士済々。
 いわゆる、机上の学びだけではない。これが「東葛」の「東葛らしさ」。
 ⇩ ⇩ 最後に ♪ 美女と野獣 ♪  顧問もトランペット演奏を、お披露目してくれました。
  
13:12
2019/12/18

中高コラボ授業~国語~

| by tk02
本校は平成27年度に「中高一貫教育重点校」に指定されました。
*併設中学校の開校は28年度からです。

さて、令和元年度。今年も『中高コラボ授業』が展開されています。
今回のご紹介は、~国語~ 題材は「小倉百人一首」です。

 ⇧ 高校2年生と中学2年生のグループ学習
   12月16日(月)・18日(水)・19日(木)実施
   会場は本校の大講義室にて

 ( 制服は中学生。私服は高校生です。)

パソコンや、自作のボードなどを用いて、
自分の好きな一首を解説するプレゼンテーション。そして質問と評価。
あなどるなかれ、プレゼン巧者の中学生です。
メンター役の高校生も自作の和歌を披露したり、中学生が返歌を考えたり。

中高生が、学びをとおして触れ合えるよい機会です。

年明けには「源平戦での百人一首大会!?(かるたとり)」も計画進行中とか。
その模様は、後日お届けいたします。
16:50
2019/12/10

「魅力発見!県立高校」 今日から掲載!!

| by tk02
千葉県教育委員会のHP内「魅力発見!県立高校」に、
本校の紹介が掲載されました。

紹介記事はこちら ⇩
  https://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/seisaku/kaikaku/miryoku/hatuken/2019/1210higasikatusika.html

画像もふんだんに掲載されていますので、
今回の「東葛日誌」には画像を割愛。⇧ ⇧ ⇧  どうぞ「魅力発見!県立高校」をご覧ください。
18:41
2019/12/05

 ROKKOKU PROJECT ~ 冬 ~

| by tk02
 12月5日(木)☀ 第3回一斉テストの最終日。
テストを終えた午後1時過ぎ。ROKKOKU  PROJECT* 冬の部がスタートしました。
  *ROKKOKU  PROJECT・・・柏市都市部中心市街地整備課の呼びかけに応え、国道6号線に近接する商店会や町会、
      学校などが国道事務所とともに清掃や環境美化活動などに取り組むもの。本校は夏・冬に参加している。

 ⇦ 国道事務所のご挨拶
通用門前で、中心市街地整備課と国道事務所のご挨拶をいただいた後、
       美術部と書道部はビニール袋を手に、「6国」沿いのゴミ拾いへ。
       整美委員会は雑巾を手に、地下道の壁拭き掃除へ。
 
 ⇧ 整美委員会(町会の方も壁拭き参加です)
高所は主に男子。低い所も丁寧に拭いてくれていました。

清掃が終わった後、夏に展示した「書道部」と「美術部」の作品張り替え。
 
通りがかりの市民の方が、小さな声で、『街の美術館みたい』と。

 ⇧ 美術部の諸君        ⇩ 書道部の諸君

あと3週で クリスマス。どんどん年の瀬に向かいます。
街の美術館のような地下道が、道行く皆さんの心を和ませますように。
そして、こうした活動が、
東葛生の気持ちと、街の皆さんの気持ちを『蝶結び』してくれますように。


追伸 クリスマスイブを前にして、「日刊建設タイムズ」に掲載されました。
 ⇩ ご覧くださいませ。
1223日刊建設タイムズ掲載.pdf
柏都市部中心市街地整備課からも、2020.1月号「かわら版」として発行されました。
 ⇩ ご覧くださいませ。

15:50
2019/11/27

防災教育基礎講座

| by tk02
11月27日(水)4限 於:体育館
高校生、中学生の全校生徒が集まって、『防災教育基礎講座』が開かれました。

台風15号以降、千葉県は繰り返しの「風雨災害」に見舞われ、多くの方々が被災されました。
今でも、県内の各地には、生活の完全復旧を待望する姿があります。
本校では、JRC(特殊クラブ)が中心となって行った被災者支援募金活動に、
たくさんの生徒諸君と教職員が応えました。
 ⇩  講座に先立ち、JRC代表生徒の言葉を受けて、 高校・中学の全校生徒が、
 ⇩  被災した方々に思いを馳せた「黙祷」を捧げました。


さて、『防災教育基礎講座』の講師は、
本年度「高校生等防災パワーアップ講座*」に参加した2名の生徒(高校)です。
  *高校生等防災パワーアップ講座:千葉県が主催する学生対象の講座。専門的・実践的な
    講義により防災知識を深め、災害時に適切に対応できる技術を身につける。これにより、
    学校や地域で安全活動を推進する防災リーダーとなることを目的としている。
    
自作のパワーポイントや問いかけを駆使して、
防災力向上に資する講座を展開してくれました。

「天災は 忘れた頃に やってくる」・・・と、かつては言いました。
今日的には、「いつ何時でも」「日本のどこかが」「何らかのかたち」で被災をしています。
災害に関して、思いを巡らす良い機会になりました。
13:10
12345