日誌

日々の出来事

夏休み早朝ラジオ体操1日目

近隣にお住いの子供からお年寄りまで50名が参加しました

夏休み1日目。朝6時30分の本校グラウンドは、とても爽やかで気持ちのいい空気が流れ、絶好のラジオ体操日和です。近隣に住む、子供から大人、お年寄りまで、初日にも関わらず約50名が爽やかな汗をかきました。

袖ヶ浦高校の生徒がボランティアとして参加し、準備や片づけをはじめ、模範体操や出席カードのスタンプ押しを手伝ってくれました。夏休み中、多くの生徒たちも交代で参加してくれ、中には遠方から始発で来てくれる生徒もいます。みんなで、気持ちのいい、そして規則正しく健康的な夏休みにしましょう!

ちなみに、ラジオ体操は、7/20~7/26、8/21~8/27に実施します。奮ってご参加ください。

ラジオ体操のお知らせ(こちらをクリック)

 

0

1学期終業式

本日、熱中症対策のため、生徒会役員認証引継ぎ(放送)、賞状伝達(teams)、1学期終業式(teams)でおこないました。
賞状伝達は、第10回記念成田伝統まつり秋の陣PR動画コンテスト 特別賞 (個人)になります。



終業式では、校長先生の式辞は今回、各教室と校長先生の画面を共有しておこないました。SNS等での言葉のやりとりについて、相手にメッセージを伝える際、発信側としての言葉の使い方、受け取り側としての読み方や聞き方、言葉を吟味して使う大切さについて、お話くださいました。

これから始まる長い夏休み、体調に気を付けて充実した日々を過ごしましょう。

0

職員研修「自律学習者を育成するカリキュラム研修②」「特別支援に関する研修」が行われました

 本日、教職員に対して小山校長先生による「自律学習者を育成するカリキュラム研修②」通級担当 横田先生による「特別支援に関する研修」を行いました。

 自律学習者を育成するカリキュラム研修では、実際にアメリカで行われているプロジェクトベース型学習について、ドキュメンタリー映画を通じて理解を深めました。また、教科等横断的な学びや、先日、敬愛大学の市川教授の講義で学んだ「ファシリテーターとしての教員の役割」などについて説明がありました。

 特別支援に関する研修では、学校教育におけるユニバーサルデザインについてパワーポイントを使って説明がありました。全ての生徒にとって、学校生活を過ごしやすい環境にするためには何が大切かについて、授業・教室環境・人的環境の3つの観点から考える良い機会になりました。

研修を行う校長先生研修を行う横田先生

 

0

学期末③

本日は、避難訓練を実施しました。地震発生と調理室より出火した状況を想定した訓練です。避難場所である体育館(雨天のため)集合、袖ケ浦市消防署の署員から講評をいただき、その後、1年生は降下訓練、2,3年生は消火訓練・煙道訓練を体験しました。写真は消火訓練、煙道訓練、担架を使用した救助訓練、そして降下訓練です。

  

 

 

0

緑のカーテン③_地域の方々にゴーヤを植栽していただきました

R6_袖高産ゴーヤ第1号が育っています。

7月8日(月)からの週はとても暑く、気温が36度を超える日もありました。実際、野球部の1回戦を行ったゼットエー野球場は、グラウンドでプレイする選手の体感温度は50度くらいあったのではないでしょうか。その週末からは、梅雨らしい天候となり、雨が降り続いたおかげで緑のカーテンも一気に横に広がりだし、ゴーヤの実が1つ成長していました。よく見ると、まだ細々としたかわいらしい実もあちらこちらに。緑のカーテンまで成長するのが楽しみです。

0