日誌

情報コミュニケーション科 日々の出来事

授業の様子(1年生)

【情報コミュニケーション】 この科目は、1年間をとおして、魅力的なスライドの作成・人に伝わりやすい発表の仕方など、様々な情報を集約しプレゼンテーションをおこなってきました。

3学期には「千葉県の特産品を使用した創作スイーツ」を提案・プレゼンしました。千葉県の特産品2種類を使い、「1商品の販売価格500円」など、定められた条件のもとで商品名や名産品の紹介、販売方法などを自由に計画しました。なお、特産品の2種類はくじ引きで決めたもので、フルーツや野菜の一見難しそうな組み合わせを引いた班もありますが、加熱することで甘みを増したり、工夫して甘みの中に爽やかな酸味を加えるなど、実際に食べてみたい興味が沸く美味しそうなスイーツがたくさん挙げられました。

また、見やすく分かりやすいスライドを作成し、声の大きさや説明の速さ、抑揚などを意識して発表する班が多く、1年間の学習の集大成が感じられました。

  

0

授業の様子(3年生選択)

情報メディア(選択) この科目は年間をとおして、動画やロゴ作成など様々な情報メディアを利用して作品制作をしてきました。

2学期後半から3学期まで、ラジオ番組を制作しました。まず、既存のラジオ番組の特徴や特色を各自調査し、台本作成・BGM・サムネなど、11のグループに分かれて各自の趣味や推し、部活動や3年間の学校生活の思い出など他愛ない個性豊かな番組が完成しました。出来上がった番組は、クラスで共有・評価を行い、授業が盛り上がりました。

  

0

課題研究発表会

12月15日(金) 袖ケ浦市民会館大ホールにて、情報コミュニケーション科の課題研究発表会がおこなわれました。

これは、情報コミュニケーション科で学んだ成果の発表をおこなう場で、特に3年生は課題研究で取り組んだ研究の成果や課題を発表し、プレゼンテーションや質疑応答を通して生徒の情報発信能力の向上を図ること、また、保護者をはじめ、来場者に情報コミュニケーション科の取り組みを理解していただくことを目的としています。

今年度の発表は以下の通りです。

【3年生課題研究】

出席確認のIT化/ 購買の品数増加による利便性向上/ 広報活動を通じたSDGsの周知促進/ マインクラフトを活用した防災シミュレーション/ 学校にあるマップの改善と先生を見つけるためのシステム/ 保健室連絡カードの電子化

【2年生成果発表】

「情報実習」プレゼン、「情報システムとプログラム」アプリ制作

【1年生成果発表】

「情報コミュニケーション」地域紹介プレゼン

 

発表はプレゼンテーション形式で、発表後には質疑応答をおこない、たくさんの質問やご意見をいただきました。本日の課題研究発表会で多くの方々に発表の成果をご覧いただき、無事に終えた生徒の表情は晴れやかでした。

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

    

      

 

 

0

課題研究プレ発表会

今月15日に開催される、課題研究発表会に向けて、プレ発表会をおこないました。

本番と同じ発表時間と質疑応答で、クラス生徒と担当職員全員で最終チェックをしました。スライドの内容や質問に対する応答、疑問や足りない点、改善が必要な箇所など、様々な課題が見つかり、あと1週間でより良い発表ができるよう、頑張っていきます。

     

 

 

0

授業の様子(1年生)

”情報コミュニケーション” の授業の様子です。

「ピクチャーストーリー」では5枚の画像だけでストーリーを紹介します。みんなが知っている物語はもちろん、オリジナルのもの・紹介したいアニメなど、画像には文字がないため、自分で紹介文を考えて伝わるように発表します。

自分のスマートフォンにはいっている画像を使ったり、オリジナルストーリーを考えた生徒も多く、聞く側も静かに耳を傾けながら楽しんでいました。今までの授業で培った、発表中の声量や声のトーン、間のとり方や話すスピードなど、発表に慣れてきた生徒が多いように見えました。

    

 

0

課題研究~ポスターセッション~

課題研究では、クラスの中でポスターセッションをおこないました。
前回の中間報告の反省を生かし、発表の役割分担や質疑応答の対応等、それぞれの活動内容が具体的に挙げられていた班もあり、充実した時間になりました。

  
0

1,2年生の授業中の様子

情報コミュニケーション:1年生は、自分の住んでいる市 (袖ケ浦市・木更津市・君津市・富津市・市原市) のPR動画をグループで作成し、発表しました。有名スポットはもちろん、地名の由来やグルメ情報・BGM等を流したり、盛りだくさんな内容でとても興味が沸きました。
情報実習:2年生は、リクルートが主催する「高校生Ring2023」に出場するため、校内審査を行いました。1学期から各班に分かれ、考えてきた様々なプランを発表し、クラスメイトやリクルート社員の方から講評をたくさんいただきました。
このように、情報コミュニケーション科では、ICTを活用したプレゼンテーション作成や発表等に日々取り組んでいます。

   
0

ICAP(Information Communication Advanced Program) (2年生)


情報コミュニケーション科の2年生がICAP(校外学習)に行ってきました。
訪問先は、神奈川工科大学(体験授業)とパナソニックセンター アケルエ(プログラミングコース)です。
ICAPは、生徒による主体的な学習推進のため、体験授業を通し、情報に関する知識と見識を深めること、また、情報コミュニケーション科3年次の必修科目「課題研究」における研究・探究活動への動機づけ及び課題・テーマの発見を目的としています。
写真は、パナソニックセンターにおける生徒の活動の様子です。

    

    

0

課題研究~中間報告~

3年生の課題研究では、各班が1学期の振り返りと2学期の課題研究発表会に向けた目標・計画についてプレゼンしました。
それぞれの活動内容について、クラスメイトや職員からの質疑応答・活発な意見交換で盛り上がり、新たな課題と今後の取り組みの方向性が明らかになる有意義な時間になりました。

  
0

課題研究 (3年生)

例年、情報コミュニケーション科3年生は、生徒自ら課題を設定し、解決に向けて主体的に取り組む「課題研究」という科目があります。
今年度も研究内容ごとに6班に分かれ、12月15日(金) におこなわれる課題研究発表会に向けて、活動しています。期末考査までの期間は、1学期のまとめや夏休み中の活動計画等を作成しています。

 
0
お知らせ
 

情報コミュニケーション科 課題研究発表会 ※終了しました 

期 日:令和5
年12月15日 金曜日 13:30受付開始 14:00開始 17:00終了予定

会 場:袖ケ浦市民会館 大ホール (住所:袖ケ浦市坂戸市場1566)

内 容:本校情報コミュニケーション科3年生による「課題研究」成果発表
    (一部1・2年生の発表も含みます)

その他:感染症予防の観点から開催の中止や内容の変更をする可能性がございます。
    その場合には本校ホームページにてお知らせいたします。

お知らせ

模擬授業を実施します (R5年度の中学3年生対象) ※終了しました

期 日:令和5年10月21日 土曜日  9:30受付開始 10:00開始予定

対 象:中学3年生、保護者及び教職員

内 容:*情報コミュニケーション科についての説明
    *模擬授業(iPadやPCを利用した授業)※iPadはこちらで準備いたします。
    *質疑(入試に関する相談等)

申 込:申込方法については9月下旬に中学校にお知らせしております。
    中学校の進路担当の先生に御相談ください。
    締め切りは10月6日(金)となっております。
    不明な点がありましたら、本校に御連絡ください。

その他:開催の中止や内容の変更をする場合には、本校ホームページにてお知らせいたします。





お知らせ
 令和3年10月30日 土曜日に、本校の情報コミュニケーション科3年生が「全国産業教育フェア埼玉大会 さんフェア2021」の「作品・研究発表」の部門に出場しました。出場者は、情報コミュニケーション科目の必修科目である課題研究で「ICTを用いた唐揚げ販売の混雑解消」について研究をした班員3名です。本番を迎えるまで、研究についてまとめ、プレゼンテーションの練習をし、準備してきた成果を発揮することができました。発表内容は、「全国産業教育フェア埼玉大会 さんフェア埼玉2021」の特設ページにて3月末日まで視聴することができます。ぜひ、ご覧ください。※終了しました。

 こちらには発表後に課題研究を進めた研究成果を掲載しています。
→ ICTを用いた唐揚げ販売の混雑解消.pdf


☆この研究について2021年12月26日の読売新聞にて紹介されました。


《「全国産業教育フェア埼玉大会 さんフェア埼玉2021」作品・研究発表視聴方法》
①こちらのURLをクリック(ホームページに飛びます)→ https://sanfair2021.spec.ed.jp/
②ホームページ画面中央の緑色の「さんフェア埼玉 2021 特設サイトはこちら」をクリック
③画面右上の『LIVE配信』をクリック
④10月30日LIVEスケジュールの下の『配信動画』の「作品・研究発表、意見・体験発表」から視聴できます
★袖ヶ浦高校は50分50秒くらいからの発表です

情報コミュニケーション科は「10年先の未来型学習の実現を目指します。