千葉県立袖ケ浦特別支援学校
 

日誌

校長日誌 >> 記事詳細

2019/10/16

平常にスタートできています

| by kan31
先週末、関東というより東日本を襲った台風19号、そのあまりの被害の大きさに言葉もありません。犠牲になった方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様にお見舞い申し上げます。
本校での被害は前回15号の時ほどではなく、雨漏りは散見されましたが、倒木やエアコン室外機の故障といった具体的な損害はありませんでした。15号が風台風とするならば、19号は雨台風だったのでしょうね。コースが西よりだったこともあり、こと千葉市に関しては前回のように「夜が明けたら世界が変わっていた」というようなことはありませんでした。
しかし土曜日の夜、校内の様子を見ながら、校長室のテレビで情報を得ていましたが、他県での水害の情報がどんどん深刻になっていく報道に気が気でなかったことを覚えています。日付が変わるころにはだいぶ静かになり、「とりあえず一安心」と舎監室で仮眠をとりました(こういう時に寄宿舎のある学校は強いですね)。
翌朝は日差しもでて学校の周りは穏やかでしたが、テレビの中の世界は一変していました。時間とともに明らかになる河川の氾濫の様子に戦慄を覚えました。
昨日は朝早くから先生方が校舎内外の清掃等取り組んでくれましたので、スムーズに平常の学習活動がスタートできています。子どもたちの安心したような笑顔を見ると、前回、今回の経験を踏まえ、災害対策の充実をこれまで以上に図っていかなければと思いました。
2019042
15:30