この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
現在公開されているリンクリストはありません。
 
あなたは、144929人目の訪問者です。
サッカー部日記 >> 記事詳細

2017/03/16

夢をあきらめるな(サッカー部)

| by:職員19
少し前のニュースで、50歳になった三浦カズ選手が、ゴールを挙げたことを報じていた。50歳になっても、現役の選手でいるということだけでも本当にすごいこと。また、プロサッカー選手の平均的選手寿命の短さを考えると、この年齢でチームにプロとして契約してもらえる選手でいるということは、どれだけ努力をしているか想像を超えている。

日本代表としても大活躍していたカズ選手、高校1年の時、通っていた高校を中退し、プロサッカー選手を夢見てブラジルに渡った。かかわった先生や、サッカー部の指導者の全員が、「そんなの無理、やめとけ」と言ったそうだ。

ブラジルに渡り、色んな苦労を経て、ブラジルでプロ選手となり、ブラジルの名門サントスで活躍するまでになった。

カズ選手の例を見ても、「無理」と言われたことが、そのまま「無理」とは限らないということだ。「夢」をあきらめなければ、もしかしたら・・・ ということがあるのだ。若者よ、「夢を持て」。そして、「夢をあきらめるな」。
20:00 | 投票する | 投票数(2)

活動紹介

≪活動方針≫
「サッカーは、サッカーをやることによって上達する」の考え方による、トレーニングの実践。
→ 技術(スキル)・戦術(タクティクス)・体力(フィジカル) を切り離すことなく複合的に成長させることが、「サッカー能力」向上に必要。そのために、実戦的なトレーニングを中心に据えている。

・「利き足のポイント」を重要視している。



本校のグランドは、写真の通り、公立高校としては珍しい「芝生」のグランド。キックの練習はもちろん、ドリブルの練習においても、土のグランドでは得られないボール・フィーリングを磨くことができる。