ブログ

小学部の交通安全教室が行われました

 今日は、小学部の交通安全教室が体育館で行われました。目標は、信号のある横断歩道と信号がない横断歩道の渡り方をそれぞれ覚えて、実際に渡るというものです。3年生と6年生、1年生と2年生、4年生と5年生が、それぞれ合同で行いました。私は3年生と6年生の交通安全教室に参加しました。

 まずは、教室でビデオを用いて学習をしてから体育館に向かいます。体育館では、「ピカピカ光るこれは何でしょう?」「このシマシマのものは何ていうでしょう?」と信号機や横断歩道を指さして子供たちに質問をしてビデオの内容を復習した後、信号機の「赤」は渡ってはダメ、「青」は渡ってもいいなど、基本的な交通安全のルールを確認します。そして、まず先生が手本を示します。右→左→右の順に安全を確認してから、手を挙げて渡ります。続いて、お兄さんの6年生が手本を見せ、その後に3年生が渡ります。実際に先生方が動かす車やまめバスが走っている中、子供たちは安全に気を付けて横断歩道を渡っていました。最後は、学習のまとめとして、各学級の代表生徒が信号のある横断歩道を渡るところを披露して終了になりました。

横断歩道と信号機

車とまめバス

 今日は、なかなか授業を見て回る時間がなく、気が付いたら給食の検食の時間になってしまいました。今日の給食のメニューは、ゆかりとシラスのまぜご飯、にらとツナの玉子焼き、里芋のごま煮、大根の味噌汁、そしてデザートのアセロラゼリーです。今日も、「おいしかった?」と子供たちに聞くと、笑顔で「おいしかった」と答えてくれる子供もいましたが、白米のご飯の方が好きだという子供もいました。また、「今日の献立」のボードには、かわいいニワトリのイラストが描かれていたので、思わず写真を撮ってしまいました。

今日の献立と給食 

 また、今日、昇降口を入ったところに、「鯉のぼり」を飾り付けました。給食の前には一匹だけでしたが、気が付いた子供たちは、その大きさに驚いていました(残りの二匹も、これから飾り付けていきます)。もうすぐ5月なのですね。季節が過ぎ去るのを早く感じます。私も一日一日を大切に過ごしていきたいと思いました。

鯉のぼり(お父さんの鯉)の飾り付け