ブログ

校長室から2024

校長としての研修に励みました

 今日の朝は、本降りの雨となりました。気象情報によれば、台風1号は今日の午前3時に温帯低気圧に変わりましたが、台風1号から変わった低気圧が湿った空気を運んできたとのことです。本校のスクールバスもかなりの遅れが生じ、大変ご迷惑をお掛けしました。また、マチコミメールによるコースの運行情報についてのお知らせもスムーズにはいかなかったとのことで、お詫び申し上げます。引き続き、スクールバスの運行につきまして、ご理解、ご協力の程、どうぞよろしくお願いいたします。

 今日私は、研修のため終日出張でした。幕張にある千葉県総合教育センターで行われた「第1回新任校長研修」に参加してきました。会場の千葉県総合教育センター幕張庁舎は、かつて私が通算7年間勤務した場所でなつかしく感じました。

 初めの開講式では、冨塚昌子教育長よりご挨拶があり、そのお話の内容から、よく言われることではありますが、あらためて「校長がかわれば、学校が変わる」ということを思い起こしました。また、危機意識を持ってどう決断していくのかという校長の「決断力」、そして「チームとしての学校」として、校長の「教育ビジョン」をチーム全員で共有することの大切さを感じました。私のこのブログも、単に出来事をお知らせするだけでなく、校長としての思いや考え、願いなどを発信する場となることを心掛けております。もしこのブログが、校長の「教育ビジョン」をお伝えする場となっているとすれば、大変うれしく思います。保護者の皆様、地域の皆様や関係機関の皆様、そして先生方、さらには子供たちに、私からのメッセージをこれからも伝え続けたいと思います。先日、高等部の子供が「ブログ見ました!」と私に声を掛けてくれました。保護者の皆様にお願いですが、私はブログの中で意図的に子供たちへの言葉の投げかけをしています。自分でブログを読めない子供たちに対しては、保護者の方々に「校長先生が『良く頑張った』ってブログで書いているよ」などと私の言葉を伝えていただけたら、と思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 今日の研修の主題・内容としては、「新任校長への期待」「学校現場に求められる校長とは~チーム学校の具現化に向けて~」「性暴力・不適切指導から子どもを守る安全・安心な学校づくり」「ICT利活用の推進~ICTを効果的に活用した学校運営」といったものがありました。

 「不適切な指導」については、4月の職員会議にて、千葉県教育委員会の「懲戒処分の指針」の今年3月改訂内容の説明を行った際に、先生方に十分に説明していると考えております。私たち職員はそれぞれのもつ専門性を生かして「個別の指導計画」における適切な手立てを考え、それを実行することによって「不適切な指導」を根絶していかなければなりません。そのためにも保護者の皆様と共に「個別の指導計画」を実効性のあるものにしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。また、ICTの活用については、「個別の指導計画」の確認作業をしていると、「タブレット型端末」という言葉が何度も出てきました。写真やイラストなどを用いた視覚的な支援も含めて、本校でもICTの活用はさらに進めていきたいと考えております。こちらにつきましても、どうぞよろしくお願いいたします。

 最後に今日の給食の紹介です。今日の給食のメニューは、丸パン、タンドリーチキン、ゆでキャベツ、ツナとじゃがいものソテー、枝豆のポタージュ、そしてデザートの手作りコーヒーゼリーでした。「丸パン」には、おすすめの食べ方はなかったのかな?

 

今日の給食 (加藤教頭先生撮影)

 来週月曜日は、私も学校に行きます。今日の研修の中で、「校長が校内をウロウロする(見て回る)こと」の大切さも話されていました。今週は少し難しかったですが、来週は可能な限り校内をウロウロして授業の様子を見て回りたいと思います。来週も頑張りましょう!

高等部の体育の授業では「跳び箱」に挑戦します

 今日も朝から良い天気です。私は、今日も午前中は「個別の教育支援計画」の確認作業を昨日に引き続き行いましたので、授業は見て回ることができず、あっという間に給食の時間を迎えます。今日の給食のメニューは、ご飯、揚げ鱈(タラ)の甘酢あんかけ、野菜の煮物、麩(ふ)の味噌汁、そしてデザートのアセロラゼリーでした。タラはよく噛んで食べましたか?

今日の献立と給食

 給食を食べた後、体育館に行くと、高等部の子供たちが先生たちと一緒に跳び箱のところに集まっている姿が目に入りました。この後の5校時の体育の授業で跳び箱をやるのだそうです。

 5校時、まずは整列し、先生がクラスごとに集まっているかの確認をします。そして、先生の「(始まりの)挨拶をしてくれる人!」の言葉に「はい!」と何人もが元気に手を挙げます。そして、選ばれた子供が「気を付け! これから体育を始めます!」と元気に挨拶をしてくれました。今日から、午後の体育の授業は「跳び箱」になります。まずは、ラジオ体操と補助運動を、子供たちの前に6人の体育委員が立ってリードします。これだけで子供たちは、十分、身体が温まったようです。

 その後、いよいよ「跳び箱」の授業です。先生が、用具の名称(「跳び箱」「ロイター板」「マット」)を子供たちに質問しますが、全て答えが出てきました。「ロイター板」の名称を知っていたのはビックリです。始めに、跳び箱の得意な先生が「跳び箱先生」としてお手本を見せてくれます。最初に、シンプルな跳び方である「開脚跳び」、次に足を閉じたまま跳ぶ「閉脚跳び」で跳んで見せます。子供たちからは大きな拍手が沸き起こります。さすが「跳び箱先生」! 8段もの跳び箱を難なく跳び越えます。また、跳び箱は危ないので、注意事項もしっかりと確認していました。

「跳び箱 注意すること」

 この後は、学年に分かれて、実際に跳び箱の手をつく位置を確認したり、手をついた状態で跳び箱をまたぎ、手の力で前に進んだりしてみます。跳び箱ができない子供のために平均台も用意され、平均台をまたいで手の力で前に進む子供がいたり、まずは跳び箱の手の位置を確認する段階の子供がいたりします。それぞれの子供の目標に応じて手立てを講じていきます。それぞれ方法は様々ですが、頑張って取り組んでいました。

学年ごとに1列に並び、順番に練習します

手をつく位置を確認します

 今日が初めての「跳び箱」の授業です。スポーツフェスタと同じように、練習を積み重ねて「できること」を増やしていきましょう。

 また、子供たちが下校した後、小学部の「緊急対応訓練」を実施しました。これは、事故や怪我、発作等の緊急時の際に校内の職員が的確な緊急対応ができるようにすることを目的とするものです。先生方がそれぞれ役割を分担し、実際の場面を想定しながら動いてみます。今回は発作による緊急搬送の場面を想定して取り組みました。給食中、教室周辺は小学部の職員が少ないという想定でもあります。事故発生から、発作を起こした子供の状況把握→保護者への連絡→管理職への報告→到着した救急隊への状況の説明→保護者への報告までを訓練します。その後、参加した先生方全員で振り返りを行い、訓練は終了です。実際の場面では、予測できない事態が次々と起こり得ます。こうした訓練により基本的な手順をしっかりと確認して、万が一の事態に備えたいと思います。

 今日は千葉県立野田看護専門学校の小児看護実習の2日目でした。いかがだったでしょうか。本校でのこの2日間の実習が有意義なものであったならば幸いです。次回の実習は6月となります。次回は違うメンバーの方々が実習にいらっしゃいます。引き続き、よろしくお願いいたします。

 さあ、明日は金曜日です。週末の休みを前に、もう1日、頑張って活動に取り組んでいきましょう。

とても良い天気になりました!

 今日は、とても良い天気になりました。今日と明日の2日間、本校で千葉県立野田看護専門学校の小児看護実習が行われます(学生の方々4名が来校されます)。朝の連絡の時間に校長としてご挨拶をさせていただきました。今日の実習はいかがだったでしょうか。是非、明日も含めて学生の皆様にとって有意義な実習となるとともに、本校の子供たちにとっても学生の方々との交流が貴重な経験となることを願っております。なお、野田看護専門学校の実習は、今日から10月にかけて第二看護学科(2日間)があと5回(全6回)、第一看護学科(1日間)が2回予定されています(合計で33名の学生の方々が来校予定です)。

 ようこそ! 「のだとく」へ!

 今日は午前中、来校者の対応と「個別の教育支援計画」の確認作業で慌ただしく、教室を一巡するだけで、残念ながらゆっくりと授業を見る余裕はありませんでした。現在、先生方から提出された「個別の教育支援計画」を確認しています。「緊急捜索カード」の子供の写真を見ながら、「子供本人及び保護者の皆様の願い」や実際に学校が行う指導の目標や手立てを示した「個別の指導計画」を確認します。来週6月5日(水)に保護者の皆様に配付し、内容の確認をお願いする予定となっておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 また、来客対応中に、屋外で中学部の「農園芸グループ」が活動している様子が見えたので、来客対応終了後、急いで様子を見に行きました。育てているものごとに分かれて活動しています。以前、ブログで取り上げた「二十日(はつか)大根」を育てている場所では、子供が周囲の雑草をビニール袋いっぱいに抜いていました。よく頑張りました。これで「はつか大根」の成長も進むかな。また、「ヘリクリサム」を育てている場所では、成長した「ヘリクリサム」が自身の重みで倒れないように、子供がその茎と立てた支柱とをひもで結んでいました。また、別の場所では、今日植えた「ナス」にじょうろで液肥を与えている子供たちもいます。「1、2、3、4、5」と数えながら、その数えている間、株元に液肥をかけます。「千日紅」も今日植えたとのことで、子供たちが水やりをしていました。いずれも成長が楽しみですね。大切に育てていきましょう。

 

頑張っていっぱい雑草を抜きました!

「ヘリクリサム」の茎を支柱にひもで結びつけます

「ナス」に液肥を与えます 「1,2、3、4、5」

「千日紅」への水やりの様子です

 気が付くと給食の時間です。今日の給食のメニューは、ツナピラフ、スパニッシュオムレツ、グリーンサラダ、わかめのスープ、そしてデザートのバナナです。久しぶりに白いご飯ではありませんでした。今日もおいしくいただきました。

今日の給食

 今日は、とても良い天気になりました。明日も晴れるでしょうか。また、明日も頑張って活動していきましょう。

下校前の様子です 青い空が広がっています

避難訓練を実施しました

 今日は、雨の中の登校となりました。台風が接近する前から大雨の予想が出ています。昨晩のニュースの中では「線状降水帯」という言葉が盛んに登場しました。引き続き、気象情報は気をつけて見ていきたいと思います。

 今日は、避難訓練を実施しました。給食を作る厨房から出火したとの想定での避難訓練でした。雨が降っていたので体育館に避難・集合します。避難経路上、込み合う場所をいかに冷静に譲り合って避難できるかが課題です。私は体育館の入り口付近、2階から降りてきた子供たちと1階の渡り廊下から避難してきた子供たちが合流する地点で、避難の様子を確認しました。その後の講評でも話しましたが、とてもよく避難できていたと思います。

 安全主任の先生からは、「おかしもち」の確認がありました。「おかしもち」は災害が発生した際の五つの約束事を子供たちに教えるための合言葉です。「お」=「押さない」「か」=「駆けない」「し」=「しゃべらない」「も」=「戻らない」「ち」=「近寄らない(近づかない)」。今日、しっかりと確認することができました。

 私からの講評の場で、今回は火災を想定した場合の避難訓練なので、火災の際の避難上の注意を子供たちに質問してみたところ、きちんと「姿勢を低くする(しゃがむ)こと」や「ハンカチなどで口をふさぐこと」が出されました。そうです、火災の場合、煙を吸わないようにすることが大切ですね。しっかりとハンカチなどで口をふさいで避難ができていました。また、最近、地震が多くなってきていますが、地震の場合も、建物の倒壊などによる被害よりも地震発生後の火災による被害の方が甚大です。今回の避難訓練で、火災時の避難についてしっかり確認することができました。

 私からは、この機会に三つの言葉を覚えてほしいと子供たちに伝え、「自助」「共助」「公助」について話をしました。「自助」=「災害に備えて自分でできることを対策しておくこと」「共助」=「お互いに助け合うこと」「公助」=「国や千葉県などが対策を進めること(例:ハザードマップの作成)」について、子供たちにわかりやすい言葉で話をさせていただきました。また、私が名札に「笛(ホイッスル)」をいつも付けているのは、不審者が来た時に危険を知らせて助けを呼ぶためであることも説明し、日頃からの備えや対策が必要であることも子供たちに伝えたところです。今日の避難訓練を良い機会として、ご家庭でも災害時の対応など、お子様とお話をしていただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

校長の講評 「自助、共助、公助」

 そして、楽しみな給食の時間です。今日の給食のメニューは、ご飯、豚肉のショウガ炒め、ポテトサラダ、豆腐の味噌汁、そしてデザートのうめゼリーでした。

今日の給食

 また、子供たちの下校後には、野田市消防署の方々を講師としてお迎えし、先生方の救急法技術の修得を目的とした校内救急法講習会を行いました。救命士の方を含む7名もの方にお越しいただき、保健体育科の先生方や宿泊行事に関わる先生方が中心に受講しました。野田市消防署の方にお手本を見せていただいた上で、4つのグループに分かれて「心肺蘇生法」と「AED操作法」を学びます。野田市消防署の方々には、少人数のグループで熱心にご指導いただくとともに、先生方の質問にも丁寧にお答えいただきました。最後、各グループであった質問を全体で共有していただくとともに、追加の質問も受けていただき、本当に感謝申し上げます。

 最後、私からのお礼の言葉の中でも申し上げましたが、実際に心肺蘇生などを必要とされる場は、今日のような整った場ではなく、また、冷静な初動対応が求められます。今日のような研修を繰り返し、頭で考えるのではなく身体が動くことが求められるといえます。これから修学旅行や校外学習が行われますので、あらためて子供たちの安全を守るために準備をしっかりと行っていきたいと思います。本日は、ご多忙の中、本校のためにご指導いただき、ありがとうございました。

グループごとに丁寧に講習を受けます

 明日の朝の天気の状態が心配されます。保護者の皆様におかれましては、登下校の際には、お子様の安全を優先したご対応をどうぞよろしくお願いいたします。

先週のスポーツフェスタ、お疲れ様でした

 先週は、各学部のスポーツフェスタがありました。あらためて自分が書いたブログを読み返してみると、子供たちの成長に合わせて、それぞれの学部に在籍する子供の発達段階ごとにプログラムが作られていたように感じています。小学部の保護者の皆様におかれましては、将来、お子様が中学部や高等部の生徒になったときを想像して、今後の支援の方向性を定める参考にしていただけましたら幸いです。

 現在、私としても、各学級担任から提出された前期の「個別の指導計画」の確認作業をしている最中です。子供たちの成長に合わせて「個別の指導計画」を適切に、より実効性のあるものに更新していかなければなりません。子供の成長は、時として「新たなトラブル」を生じさせます。しかし、それはその子供が成長したがゆえのものです。まずは、子供の成長を喜び、その上で、その子供の状態像に合った適切な支援の手立てを、保護者の皆様と模索していきたいと考えております。地域の皆様や関係機関の皆様も含め「チーム学校」として、本校の子供たちの支援に当たっていきたいと考えておりますので、引き続きご理解、ご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 先週末、土曜日は東部小学校の大運動会を少しだけですが参観し、日曜日は千葉県総合スポーツセンターで開催された「千葉県障害者スポーツ大会(陸上競技)」に本校から出場した高等部の子供の応援に行ってきました。出場したのは「スラローム」という競技です。二つの赤や白の障害物の間を、赤は後進、白は前進で、車椅子を正確に動かしてすり抜けて行きます。見ていてとても難しいな、と感じました。結果、堂々の3位入賞です。良く頑張りました! 

会場は千葉県総合スポーツセンター陸上競技場です

表彰台です 3位入賞です!

 今年は、フランスで、オリンピックと共にパラリンピックが開催されます。私も障害者スポーツの世界は詳しくはありませんが、こうして何らかの縁で「競技」と出会ったのであれば、生涯を通してチャレンジし続けてくれたらうれしいな、と思いました。是非、機会があれば、多くの子供たちにも障害者スポーツに触れてほしいと思います。

 今日は、午前中、2・3校時の中学部2年生の「職業・家庭」の授業を参観しました。本年度初の「職業・家庭」の授業ということで、昨年度、どのようなことを学習したのかを、まずは振り返ります。子供たちに質問しながら、昨年度は「掃除」「調理実習」、「ポーチ」や牛乳パックに布を貼って作った「ペンケース」の製作などに取り組んだことを確認します。その後、スライドを使いながら、今日の授業では①2年生で学ぶこと(1学期)→②調理実習のメニューを決めよう→③ふり返りの順で授業を展開します。

 まず、「家庭」では、どのような内容を学習するのかの説明です。「家庭」では「衣食住」について学習すること、そして具体的に1学期の授業では、「掃除」「洗濯」「調理」について学習していくことを子供たちに伝えます。

スライドを使って説明していきます

 そして「調理実習」について、「いつやるのか」「どこでやるのか」、それぞれ子供たちに質問しながら確認します。学級ごと、1組は6月24日、2組は7月1日、3組は7月8日にそれぞれ調理室で実施します。先生が子供たちに「何が食べたい?」ときくと、「キーマカレー」「お寿司」などの声が聞かれましたが、今回の調理実習は「パスタ」です。「パスタ」については、いくつかの種類の中からアンケートをとって子供たちごとに選んでもらいます。一方で、「スープ」と「デザート」については、食材の仕入れの関係で全員同じものにしなければなりません。それぞれ三つの候補の中から今日の授業で子供たちみんなに投票をしてもらって一つに決めていくとのことです(急遽、私も貴重な一票を投じることになりました。先生方もこのブログを意識してくれているからか、「写真を撮りましょうか?」と声を掛けてくれました)。「スープ」は「オニオンスープ」「コーンスープ」「きのこのポタージュ」の三つから、「デザート」は「ゼリー」「プリン」「ヨーグルト」の三つから選びます。ここで、選挙管理委員会からお借りしている記載台と投票箱を使用します。教科等横断的な授業ですね。ただ、「家庭」の授業なので、子供たちには「食べたいもの」という視点からだけでなく、食材の組合せや栄養バランスの視点も考えて選んでほしいところです。1組から順に先生のところで名前を確認して投票用紙と子供によっては丸いシールが渡されます。次に記載台のところで、選んだメニューの欄に〇印を記入するかシールを貼ります。その後、投票箱に投票用紙を入れ、廊下を回って教室に戻ります。最初は「スープ」の投票、次に「デザート」の投票を行いました。投票を終えたところで2校時が終了です。

選挙委員会からお借りした記載台を使用します

校長も貴重な一票を投じます

 休憩をとって、3校時に開票です。ホワイトボードのそれぞれのメニューの枠内に2人の子供が投票用紙を貼っていきます。その後、先生が数えやすいように並べ替え、みんなで数を数えて投票結果を確認します。気になる結果は、「スープ」が「オニオンスープ」3票、「コーンスープ」6票、「きのこのポタージュ」8票で、「きのこのポタージュ」に決定です。

 スープの投票用紙を子供たちが貼っていきます

 続いて「デザート」の開票の結果、「ゼリー」3票、そして「プリン」と「ヨーグルト」は接戦だったので、すかさず先生が最後の1票を残した状態で、まずは発表します。また、「デザート」の投票では「無効票」も登場しました。一つ選んで投票すべきところ、二つの「デザート」の欄に印が記入されていました。先生も「(どっちがいいか)決めきれなかったのかな」とフォローしつつ、子供たちにこれは票に入れていいのか問いかけます。子供たちにとっては、投票のルールに気づくよいきっかけになったと思いますので、(おそらく)一つに決めきれなかった子供に感謝したいと思います。よい学習の機会となりました。ありがとうございました。

 最後の1票を残した状態で「プリン」と「ヨーグルト」が6票ずつで同数です。気になる最後の1票は、「プリン」でした! 結果、「プリン」に決まりましたが、接戦でしたね。「自分たちで選ぶ」という行動を通して、「調理実習」に向かう意欲も高められたのではないでしょうか。まさに「学びに向かう力」の育成です。

 続けて、調理実習の持ち物(「エプロン」「三角巾」「マスク」の3点セット)や調理実習のルール(「清潔」「安全」「勝手に食べない」「先生の話をよく聞いて安全に調理実習をしよう」)を確認していました。そして最後、今日の授業全体を振り返って終了です。これから「調理実習」に向けて準備をしっかりとしていきましょう。

  気が付くと給食の時間です。今日の給食のメニューは、ご飯、麻婆豆腐(マーボードーフ)、春雨サラダ、小松菜のスープ、そしてデザートのオレンジです。今日はしっかりとデザートもいただきました。

今日の給食

 本年度の台風1号が5月26日の午前に日本の南海上で発生し、現在、日本列島に近づいてきています。関東地方に接近するのはまだ先ですが、今後の気象情報については気を付けて見ていきたいと思います。ご家庭でも、登下校の際にはお子様の安全を優先してご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。