ブログ

校長室から2024

自立活動の職員研修を行いました

 今日は、朝からよく晴れていて、かなり気温も上がりそうでした。

   今日も暑くなりそうです

 今日は、昨日、体調不良の子供が多く出たため、学年を超えた教育活動は中止し、学年内で行えるものに変更しました。私も校内を見て回ることは取りやめ、校長室での仕事に専念しました。ただ、逆に小学部6年生の子供たちが「生活」の授業で、校長室に挨拶の練習に来てくれました。しっかりと相手の目を見て、おはようございますをする練習です。頑張って子供たちは、しっかりと私の目を見て挨拶をしてくれました。「相手の目を見る」って大切ですね。次は職員室の教頭先生に挨拶に行くとのことでした。本校の校訓は「挨拶と笑顔あふれるのだとく」ですので、しっかりと日々の生活の中で挨拶をしていきましょう。

 今日の給食のメニューは、ご飯、鯖(サバ)のゴマ焼き、オイスターソース炒め、里芋の味噌汁、そしてデザートのバナナです。 

  今日の給食

 今日は、講師の先生お二人が来校し、摂食指導を受ける日でしたので、検食の時間に校長室でお二人の講師の先生方と給食をいただきました。講師の先生方に校内の状況をご説明し、今日は、食堂には行かずに校長室で子供たちの食事の様子を記録した動画を見ながら、給食担当の先生がご指導を受けました。今日のご指導を生かして、今後の子供たちの給食時の指導に当たっていきたいと思います。講師の先生方、ご多忙の中、ご指導いただき、どうもありがとうございました。

 また今日は、子供たちが下校した後に「自立活動」の職員研修を行いました。対象は、本年度、本校に転入してきた先生方と研修を希望する先生方です。約30名の先生方が参加しました。自立活動担当の先生が講師となり、実習も取り入れながらの「基礎運動」についての研修でした。最初に「基礎運動」についての話があり、その後、実習に移ります。最初は「寝返り」です。手を伸ばした状態で寝返りを打つことで、「歩く」に向けた第一歩の足の使い方の学習につながるということでした、「膝を曲げた状態での寝返り」と「膝を伸ばした状態で後ろに跳ね上げての寝返り」の違いも感じてみます。これは「支持脚」を作る学習なのだそうです。「寝返り」をしながら、いかに腹筋を使っているのかを感じます。

実際に身体を動かして感じてみます

 次に「うつ伏せ」、そして「四つ這い」と実習は続きます。重心の移動や体幹のローテーションを感じることが大事とのことでした。また、肩の位置や股関節の位置を感じて、ボディ・イメージを作ることが大切だという話もありました。「四つ這い」から「膝立ち」そして「立ち上がる」までを実習します。実習をしている先生方の様子を見ていて、子供たちの指導に当たる前に、先生方自身がイメージを持つことが重要なんだということが、よくわかりました。今日は、私は実習はしないで全体の様子を見ていました。私もだいぶ身体が固くなっているので、気をつけながらではありますが、自宅でやってみようと思います。キーワードは「重心移動」「ローテーション」「ボディ・イメージ」でしょうか。私にとっても「自立活動」について知る良い機会となりました。ありがとうございました。

 体調を崩している子供たちには、土日にしっかりと休養を取ってほしいと思います。また、暑い日が続きますので、熱中症にも気をつけることが大切です。体調を整えて来週また頑張りましょう。