ブログ

校長室から2024

楽しくて有意義な夏休みにしましょう!

 いよいよ今日は1学期終業式の日です。今日の終業式は、学年ごとに一つの教室に集まって、事前に録画した動画で行う形です。でも節目となる儀式なので、子供たちはみんな、しっかりとした態度で終業式に臨みます。

 「①骨盤体操」の後、「②はじめの言葉」→「③校歌」→「④校長先生の話」→「⑤児童生徒会の話」→「⑥おわりの言葉」と式が進みます。「③校歌」では、小学部5年生の子供が、画面の中で指揮を振りますので、それに合わせてみんなで手話を交えながら校歌を歌いました。

 そして、「④校長先生の話」では、動画ではありますが、まずはいつも通り、朝の挨拶をします。私の「おはようございます!」の挨拶に続けて、子供たちに元気な声で「おはようございます!」と言ってもらいます。そして、「終業式は何のためにあるのか」、その意義を確認します。「学期の終わり(節目)を意識して、この1学期の活動を振り返るため」であることを伝えます。1年生の「入学式」や「スポーツフェスタ」、そして「修学旅行」「宿泊学習」「校外学習」を行った学年もありました。それだけではなく「日々の授業の中で様々な学習・体験を行い、みんな大きく成長したのではないか」という話をしました。

動画の中で子供たちに語りかけます

 さらに、サン=テグジュペリの「星の王子さま」の一場面を紹介します(1学期の始業式の校長の話でも、「星の王子さま」の「キツネ」と「王子さま」の出会いの場面を紹介しています)。今日紹介するのは、王子さまが描いた「ゾウを飲み込んだウワバミ(大きなヘビ)」の絵の話です。絵を見せながら、その意味を説明します。私たちは、様々な経験をして、様々な知識を蓄えていきます。そうすると今まで見えなかったものが見えるようになるのです。

 ここで「ウワバミの『なかみ』」が描かれた絵を見せます。すると、そこには「ゾウ」がはっきりと見えます。この絵を見てから、あらためて最初の絵を見ると、「ぼうし」にしか見えなかった絵が、だんだんと「ゾウを飲み込んだウワバミ」に見えてくるのです。でも、これはそう簡単なことではありません。やはり、「ぼうし」にしか見えない子供もいます。私は、ちょうどこのとき、中学部1年生の教室でこの動画を見ていましたが、やはり「ぼうし」にしか見えない子供がいました。すると、先生がその様子を見て、一度、全部見終わった後に、途中まで戻してもう一度、先生が話をしながら子供たちに絵を見せてくれました。さて、二度目です。今度は「ゾウを飲み込んだウワバミ」に少しは見えてきたでしょうか。今回、動画での終業式だったので、体育館で行うよりも絵も見やすかったと思います。動画で行うメリットもありますね。

 最後は「また2学期になったら、学校でも新しいことにどんどんチャレンジしていきましょう。夏休みも、是非、学校では体験できない様々な体験をしてきてください。楽しくて有意義な夏休みになることを期待しています」で、私の話を終わりにしました。また「④児童生徒会の話」でも、生徒会長から「夏休み、楽しんできてください」の言葉かけがありました。

 さあ、いよいよ明日から夏休みです。暑い日が続きますので、家でも熱中症に気を付けて、学校生活と同じように水分補給をきちんと行いましょう。安全に気を付けて、楽くて有意義な体験をいっぱいしてきてください。そして、元気に9月2日(月)に登校してくるのを校門で待っています。

9月にまた会いましょう! 待っています!

1学期も、あと1日となりました

 今日も暑い1日となりました。今日、気象庁が「関東甲信越地方・東海地方は梅雨明けしたとみられる」と発表したとのことです。すでに明日の終業式は、暑さを避けて体育館には集まらず、各教室にて事前に録画した動画を視聴する形での終業式としました。すでに「校長の話」も無事に校長室で撮り終えていますので、明日は、動画を見ている様子を教室に行って見てみようと思います。

 今日は、子供たちが下校した後、高等部の子供たちが制作した品々の先生方向け販売会がありました。「窯業班」「農耕班」「紙工班」「手工芸班」、それぞれの子供たちが頑張って制作してきたものが、ついに販売できるところまで来ました。私も、いくつかのものを購入しました。是非、日常生活の中で使ってみて、子供たちの頑張った成果を味わいたいと思います。なお、「農耕班」は「唐辛子」と「切り干し大根」を販売したそうですが、出遅れた私が行ったときには完売していました。購入できず残念です。

「窯業班」の様子

「農耕班」の様子

「紙工班」の様子

「手工芸班」の様子

 私が購入した品々です

 また、夕方には希望する先生方に対する「自立活動説明会」も行われました。固定帯、腹帯の着け方や補装靴の履かせ方について、自立活動担当の先生から説明を受けます。先週12日(金)と2回に分けての実施です(どちらも同じ内容で実施しました)。関心のある先生方が数多く参加していました。引き続き私としても、本校における「自立活動」の在り方について検討していきたいと考えております。

 いよいよ1学期も明日1日を残すところとなりました。明日の終業式を節目として、1学期の活動を振り返ってみましょう。

高等部で外部講師の先生による「保健」の授業を行いました

 今日も少し曇った天気です。蒸し暑さがあるので、引き続き熱中症対策に気を付けながら活動します。

 今日は、午前中、高等部で外部講師の先生をお招きしての「保健」の授業を行いました。講師の先生は「助産師」の方になります。高等部では年間4回の計画で、この「保健」の授業を行うこととしており、今日はその1回目です。AグループとBグループの二つのグループに分かれて展開します。私は、Aグループの1時間目の授業を参観しました。

 10時から高等部の紙工室にAグループの子供たちが集まります。まずは講師の先生の自己紹介がありました。そして「助産師」という仕事についての説明です。文字通り「赤ちゃんが産まれるのを助ける仕事の人」です。産まれてくるときだけではなく「産まれるまでのお母さんや胎内の赤ちゃんが元気か」「産まれた後、赤ちゃんがちゃんとミルクを飲んでいるか。お父さん、お母さんが困っていることはないか」など、赤ちゃんの誕生前後に仕事は及びます。また、今日のように学校で「どんな風に命を大切にしているか」ということを伝えるのも仕事の一つだということです。

 私が今日の授業で印象的だったのは、今日、授業を始める前、まず最初に「男の子も女の子も先生方も一緒に同じ話を聴くことの大切さ」を講師の先生が話されたことです。昔は「男の子(女の子)は男の子(女の子)のことだけ」を学んでいましたが、今は「自分のことだけではなく、相手(自分とは異なる性別)のことも知っておき、相手に思いやりの気持ちをもって接することが重要な時代になっている」ということを、あらためて感じました。

 そして、ホワイトボードに貼られた人形を見て、「どっちが男の子に見える?」の質問がありました。 

「どっちが男の子に見える?」

 髪型が短いか長いかなど、見た目では実際はわかりません。髪の短い女の子もいるし、髪の長い男の子もいるからです。そして、洋服を脱がせて男女の身体の違いを確認し、「プライベートゾーン」についての説明がなされます。また、「『身体は女性(男性)だけど、男性(女性)として生きたい』と考えている人がいる」というジェンダーの話題にも触れます。そして、男性、女性、それぞれの「プライベートゾーン」について、「正しい言葉」と共に、それぞれの身体の仕組みや清潔の保ち方などの説明を受けます。

 最後、全体での質問タイムでは質問が出ませんでしたが、授業終了後、講師の先生に質問に行く子供の姿も見られました。次回の外部講師の先生による「保健」の授業は9月になりますが、次回は「自分の命ってどうやってできたのかな」「どうやって大きくなったのかな」といった内容を学ぶそうです。次回の授業も楽しみですね。講師の先生には、ご多忙のところ恐れ入りますが、次回もどうぞよろしくお願いいたします。Aグループは、次の時間、授業の振り返りでワークシートに感想を記入した後、動画を視聴します。Bグループは1時間目に動画視聴とワークシートを行ったので、入れ替えで講師の先生の授業となります。

 今日の給食は「オリンピック献立」で、開催国フランスとなります。今日の給食のメニューは、食パン、リンゴジャム、揚げ鱈(タラ)のラビゴットソース、ラタトゥイユ、コンソメスープ、そしてデザートの手作りココアババロアです。「ラビゴットソース」とは、フランス語で「元気を出させる」という意味で、フレンチドレッシングをソースにしたものです。また、「ラタトゥイユ」とは、野菜をトマトで煮込んだフランスの家庭料理のことであり、「ババロア」とは、カスタードソースをゼラチンで固めたデザートのことです。今日の給食の「ババロア」はココア味(卵不使用)とのことです。1学期最後の給食は、とても豪華ですね。フランスの2024パリオリンピック開催まで、あと9日です。熱戦が繰り広げられるのが楽しみですね。

今日の給食

こちらこそ、ありがとうございました!

 午後は、高等部の「夏休み前集会」に参加しました。今日の集会の前半は、先生に代わって「どうしても司会をやりたい」と申し出た子供が司会をします。

夏休みに気を付けることを確認します

 最初は「夏休みの予定や目標を発表してください」との言葉が司会から投げかけられます。もちろんみんな楽しい予定や目標がありますよね。その上で、司会が、夏休みに気を付けなければいけないこととして「お金のトラブル」や「外出時の注意」の確認をしていきます。最後、みんなで司会に拍手をして前半終了です。続いて後半、先生から「インターネット、SNSのトラブル」を防ぐためにどうすればいいかについて説明があります。さらに、夏休みの終わりが近づいて不安になった場合は、「家族、友達、先生、話しやすい人に相談すること」、そして「24時間子供SOSダイヤル(文部科学省)」などの相談窓口も紹介して集会は終了です。各クラスに戻って夏休みの生活について考えます。

楽しい夏休みを過ごしましょう!

 集会後には、高等部2年生の子供たち3人が、先生と一緒に宿泊学習のお礼の手紙を校長室まで届けに来てくれました。ありがとうございました。とてもうれしかったです。その際、子供たちには、宿泊学習で楽しかったことなどをきいてみました。次なる目標に向けて頑張っていきましょう。

 また、今日は、千葉県立野田看護専門学校の小児看護実習の2日目でした。学生の皆さんは、どのような感想をもたれたでしょうか。是非、今回の本校での実習の経験を今後に生かしていただけたら、と思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 夏季休業まで、あと2日となりました。明日からの2日間は11時30分下校となります。また、この後、梅雨明けをして一気に気温が上昇することが予想されるため、1学期終業式は体育館に集まらずに、各教室にて事前に録画した動画を視聴することにしました。動画ではありますが、学期の終わり(節目)としての儀式に、気持ちを引き締めて子供たちが参加できるよう支援していきたいと思います。保護者の皆様におかれましては、ご理解、ご協力の程、どうぞよろしくお願いいたします。

下校の頃 日差しが強くなりました

野田市立東部小学校との交流会を実施しました(小学部5年生)

 今日は、それほど暑くなく過ごしやすい感じがします。私は、高等部2年生の宿泊学習、そして3連休があったため、久しぶりの学校です。今日の午前中、先週の小学部6年生に続いて、小学部5年生が東部小学校に伺っての交流会を実施しました。私も交流会の様子を東部小学校に見に行ってきました。

 今日の交流会はエアコンのきいたEnglish Roomでの実施です。本校の子供たちにはパイプ椅子を用意してくれて、東部小学校の子供たちの前に一列に並びます。東部小学校の子供たちの進行で「はじめの言葉」「先生の話」と進み、本校の子供たちのために歌を練習しておいてくれたとのことで、東部小学校の子供たちによる歌の発表があります。歌は「Let's Go! TAMAGO!!」という曲です。素敵なハーモニーが教室に広がります。ありがとうございました。

 その後、「レク」に移ります。本校から「ボッチャ」の道具を持参しました。赤チームと白チーム、青チームと黄色チームに分かれ、それぞれ対戦します(本校の子供と東部小学校の子供とで合同チームを組みます)。それぞれのチームに分かれて、まずは「顔合わせ」です。お互いに自己紹介をします。本校の子供たちも先生の支援を受けながら頑張って自己紹介をしていました。一人ひとりの自己紹介ごとに拍手が起こります。

ブルーシートの上で止まるようにボールを投げ入れます

 まずは、白いボールを投げ入れますが、ブルーシートの真ん中に置くか、端っこに置くかは作戦次第です。今回は一人1球ずつ投げ、ブルーシートの上にあるボールの数を競います(白いボールは、最も近かった方のボールのチームの数に加えられます)。ジャンケンで先攻・後攻を決め、「よろしくお願いしまーす」で、いざスタートです。最初は力加減がわかりにくいので、なかなかブルーシート上で止まらず通り過ぎてしまったり、ブルーシートの手前で止まってしまったりもしますが、歓声を上げながらみんなで挑戦します。そして、1回戦目の勝ったチーム同士、負けたチーム同士で2回戦目も行いました。2回戦目は、やはり1回戦目よりも、みんな上手になっていますね。

 最後、もう一度、「はじまり」のときのように、本校の子供たちが1列に並んで座り、両校の代表の子供が感想を発表します。いずれの子供も楽しかったようです。「おわりの言葉」の後、「ありがとうございます!」で交流会は終了です。その後、東部小学校の子供たちは、門まで見送りに来てくれました。門の両側に分かれて並んでくれ、子供たち同士、ハイタッチをしながら門をくぐります。東部小学校の皆さん、今日は、本当にありがとうございました。またの機会を楽しみにしましょう。

 今日の給食のメニューは、ご飯、豚肉のショウガ炒め、芋煮、豆腐の味噌汁、そしてデザートのヨーグルトです。明日は、いよいよ1学期最後の給食であり、「オリンピック献立」のゴール地点、開催国フランスの料理となります。さあ、どんな料理でしょうか。みんなで楽しみにしましょう。

 今日の給食

 また、今日から2日間、千葉県立野田看護専門学校の小児看護実習の3回目が行われます。今回も4名の学生の方々(これまでとは異なる方々です)が来校されました。私も朝、ご挨拶をさせていただきました。学生の方々にとって有意義な経験になることはもちろん、本校の子供たちにとってもよい経験が得られることを願っております。明日もどうぞよろしくお願いします。

 1学期も残すところ、あと3日となりました。今週の金曜日は1学期の終業式となります。夏季休業に入る前にやり残したことはないでしょうか。残り3日、体調に気を付けながら元気に頑張りましょう。 

高等部2年生宿泊学習(2日目)

 今日は、高等部2年生の宿泊学習の2日目の様子をお伝えします。昨日は、出発時こそ小雨がぱらつきましたが、その後の行程では雨に降られずにスムーズに進行しました。今日は残念ながらそうはいきそうにないので、雨の影響を踏まえて、浅草での行動などを適宜調整しながらの進行です。昨日の子供たちの疲れの残り具合いも見ながら、無理のないように進めさせていただきました。

 今朝、子供たちは7時に起床し、健康観察と宅配便で送る荷物の準備をします。健康観察の結果は、全員、発熱もなく元気でした。そして7時30分から朝食です。昨日の夕食同様、バイキング形式で、それぞれ食べられる量を考えて料理をとります。今朝は、おでんや納豆、朝カレーもあります。とてもおいしかったです。

朝食用メニューです

 子供たちは、朝食後、一度部屋に戻り、最終準備を整えた後、8時45分頃に宿舎の「BumB東京スポーツ文化館」を小雨が降るなか出発です。新木場駅から、りんかい線で国際展示場駅に向かいます。今日の最初の目的地は、防災体験施設である「そなエリア東京」です。9時30分頃には「そなエリア東京」に到着し、正面玄関前で集合写真を撮影してから入場します。

国際展示場駅で下車します

「そなエリア東京」に到着です

 「そなエリア東京」では、まずは「体験」の時間まで子供たちは、2階の展示をクラスごとに見て回ります。防災に関する様々な展示があり、子供たちは興味深く見て回りました。

「知っていることが いのちを守る」

 続いて「体験」の時間です。「地震発生から72時間、どう生き残るか?」、今回の「体験」を通して、そのヒントを学びます(国や地方自治体の支援体制が十分に整うまでは自力で生き残らなければならず、その目安は3日間[72時間]といわれているからです)。「体験」では、一人一台ずつタブレットが渡され、スタッフの方から操作説明を受けます。その後、子供たちはエレベーターに乗り込みますが、そのエレベーターの中で大地震が起こるという想定です。エレベーターが止まり、急いで降りると暗い道が続きますので、現実ではないとわかっていても恐怖心がわいてきます。開けた所に出ると、建物が崩れ落ちたり、電信柱が倒れかけたりしている大地震後の街の惨状が目に飛び込んできました。子供たちは持っているタブレットを操作しながら支援する先生と一緒に学習を進めます。最後の所では、あらためてスタッフの方からも説明を受けて終了です。大地震に関して臨場感のある「体験」を伴う学習をすることができました。ありがとうございました。なお、このような学習でしたので、こうした「体験」が「怖い」という子供は事前に申し出てもらって、他の子供たちが「体験」をしている間は、待機の先生と一緒に展示を見るなどしてもらいました。

 「地震発生から72時間、どう生き残るか?」

大地震後の情景が眼前に現れます

 「そなエリア東京」 の後は、お台場に移動してからの昼食です。今度は、ゆりかもめで有明駅から台場駅へと向かいます。

今度は、ゆりかもめに乗ります

 台場駅に着いて、昼食会場のあるホテル「グランドニッコー東京 台場」に歩いて向かいます。ホテル「グランドニッコー東京 台場」の中に入ると、今までとは違った世界にいる感じになります。とても豪華なホテルで身の引き締まる思いがしますね。

昼食場所のレストランに入ります

今日はホテルで豪華な中国料理の昼食です

最後にデザートが出てきます

 昼食終了後、雨が降るなか、みんなで歩いて「フジテレビ本社」に向かいます。そして、短い時間ではありますが、「フジテレビ本社」の中にあるショップでお土産を買う時間をとります。

「フジテレビ本社」が見えてきます

ここで「お土産タイム」です

 その後、雨で時間の余裕があまりないので、予定していた「自由の女神像」の前での集合写真の撮影は取り止めて、直接、水上バスの乗り場に向かいます。今回の水上バスは貸し切りではなく、通常の運行で豊洲を経由して浅草に行きます。ただ、豊洲からは一般の方々も乗船してきましたが、お台場から豊洲までは本校の事実上の貸切状態でしたので、自由に伸び伸びと子供たちは水上バスからの景色を楽しめました。

レインボーブリッジと水上バス「ヒミコ」

  浅草に到着し、慌ただしくはありましたが、浅草寺の雷門の前でクラスごとに記念の集合写真を撮影し、駆け足で最後のお土産を買う時間をとります。子供たちもみんな、なんとかお土産を無事に購入できて浅草駅に向かうことができました。

15時22分 浅草駅を出発します

 浅草駅を出発して曳舟で乗り換えますが、そこで1本前の電車に乗ることができました。春日部駅を経由して清水公園駅に、予定よりも早い16時38分の到着です。雨のため手短に到着式を行って解散しました。到着式の「校長の話」では、出発式で確認した「時間を守ること」と「仲間と協力すること」がきちんとできたかを子供たちにきいてみました。私としては、少なくとも私の目には達成できたと映ったので「目標達成!」と認定させていただきました。来週からの学校生活に、今回の宿泊学習の経験を生かしていきましょう! 

 保護者の皆様におかれましては、雨の中、1本早い電車での帰着にもかかわらず、お迎え等に、ご理解、ご協力を賜り、誠にありがとうございました。きっと子供たちは、家に着くと安心して疲れがドッと出ると思いますので、この週末、ゆっくりと過ごさせてあげていただければ、と思います。引き続き、本校の教育活動に、ご理解、ご協力を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。