〒270-2203 千葉県松戸市六高台5-150-1
    電 話 047-385-5791  FAX 047-386-4762

創立42年 地域とともにたゆまぬ歩みを続けます   
    Let's Lead an Active School Life
 
右下にある ← → のついた真ん中のボタンをクリックすると、画面が拡大し、月行事予定になります。再度クリックするもとに戻ります。
 

相談窓口開設


松戸六実高校は「かしわ地域若者サポートステーション」と連携して相談窓口の開設,外部講師による道徳の授業を行っています。
 

地域の皆さまへ


 

オンライン状況

オンラインユーザー31人
ログインユーザー0人

アクセスカウンタ

トータル1056344

書道部

  

 書道部は3年生5人、2年生2人、1年生6人の合計13人で平日と土曜日または日曜日の週6日間活動しています。

 書道部の活動は基本的に個人練習ですが、批評会や選考会に1枚でも多く作品を持ち寄ろうと競うように稽古に励みます。
 また、上野や成田などの美術館見学も積極的に行っており、書の歴史や文学との関わりについて、展示の方法についてなど、幅広い視点で学ぶことを心がけています。

 そして、文化祭や予餞会では書道パフォーマンスを毎年行っています。書道部全員で協力し、短い練習期間の中で試行錯誤しながら、一つの作品を完成させます。
 書道に興味のある方はもちろん、初心者や苦手意識のある方も是非一度、書道室に足を運んでみてください。

 
作品作品作品
 
書道部開会式
 

平成29年度の活動


第33回成田山全国競書大会
 推薦・日輪賞 稲村 
 特選 中畝 倭 森山 荒井
千葉県警察官募集ポスター・パンフレット制作協力
 

平成30年度の活動

第19回 高校生国際美術展 書の部
【佳作】3年 荒井  2年 齋藤

第67回 千葉県小・中・高校席書大会

【市川市長賞】3年 小林

【千葉日報社賞】3年 會田 荒井 大崎 2年 髙力

第62回全国学芸サイエンスコンクール

【旺文社赤尾好夫記念賞】3年 荒井

 第9回全国青少年書き初め大会

団体の部【審査員奨励賞】

 第71回 千葉県小・中・高校書き初め展

団体賞の部 【優良賞】

個人賞の部 【千葉日報社賞】 2年 志津 髙力 1年 湯浅


 
日誌
活動報告
2019/12/03new

書道部 活動報告

| by mutsumi-h
本校の正門の脇には掲示板があります。その掲示板に書道部の生徒が毎月、「今月の予定表」と「今月のことば」を書いて展示しています。
その制作の様子をご紹介いたします。

「今月のことば」はその季節に合わせたことばを歌詞や詩、短歌、俳句などから部員が選定します。そして、紙面構成を考えるのですが、強調したい部分を効果的に見せるためにはどのようにしたらよいか工夫を重ねます。



「今月の予定」は【倣書】に取り組んでいます。
【倣書】とは、古典の書風を活かして制作を行うことで、今月は清時代に活躍した何紹基という書家の作風に倣いました。

 

隷書という書体で、楷書とは少し異なる字体が見受けられます。
「年」         何紹基の「年」
 

「違」             何紹基の「諱」「遷」
 

古典に無い字は部首を組み合わせて作字します。

本校にお越しの際は正門脇掲示板も是非ご覧ください。
09:20
2019/11/22new

書道部 千葉県高文祭

| by mutsumi-h
千葉県立美術館において千葉県高等学校総合文化祭が開催されています。
本校の書道部も参加しており、先日、展示作業をしてきました。
県下の高校書道部の作品が一堂に会し、表現の多様さにとても関心しました。
今後の作品制作に少しでも生かせるよう、目勉強も大切にします。




会期:令和元年11月19日(火)~11月24日(日)
会場:千葉県立美術館
14:41
2019/10/01

書道部 書のパフォーマンス発表会 報告

| by mutsumi-h
9月29日(日)にさわやかちば県民プラザにおいて、「書のパフォーマンス発表会」が開催され、本校も参加して参りました。このイベントは、県内の高校生が主体となって運営をするもので、今年で10回目を迎えます。本校は初めての参加でしたが、チラシの作成と当日の司会進行という大役を担当しました。
当日は参加9校の発表と各校の代表生徒による全体作品の発表がありました。

各校の発表を見ることができただけでなく、閉会式で講師の先生から講評もいただき、多くのことを得ることができました。

作品は10月1日(火)から10月6日(日)までさわやかちば県民プラザに展示されています。


10:23
2019/09/20

書道部 書のパフォーマンス発表会に向けて

| by mutsumi-h
先週末、文化祭が終わったばかりですが、秋冬は書道部にとっては最も活動が盛んなシーズンです。
9月29日(日)に行われる「書のパフォーマンス発表会」に向けての練習風景をご紹介いたします。

書道部では毎年部活動Tシャツを制作しています。書道パフォーマンスの練習は全身墨だらけになるので、黒Tシャツは必需品です。
先日3年生が引退し、部員は8名となり寂しさを感じますが、新体制での初めてのイベントを成功させるため、日々稽古に励みます。是非お越しください。




書のパフォーマンス発表会 詳細

【日時】 9月29日(日)10時~13時
  ※松戸六実高校の発表は11:30頃からです

【場所】 さわやかちば県民プラザ 1階内アゴラ




案内チラシのデザインは松戸六実高校が担当しました。
11:59
2019/09/15

書道部 文化祭 報告

| by mutsumi-h
今年度も多くの方々に書道部の展示や書道パフォーマンスを見て頂くことができました。
今回の書道部の発表は
1、開祭式でのダンス部のコラボパフォーマンス
2,作品展示
3、中庭での書道パフォーマンス
を行いました。


開祭式での発表




作品展示
今回は作品展示のテーマを谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を参考に、暗がりの中に映る書の美しさを追求しました。「毎年新しい挑戦」をモットーに活動している本校書道部ならではの展示ができました。




書道パフォーマンス






来年も書道部の発表にどうぞご期待ください。


11:38
2019/08/29

書道部 美術館見学

| by mutsumi-h
夏休みも終盤となる8月28日に、駒込にある東洋文庫ミュージアムと台東区立書道博物館を見学してきました。

東洋文庫ミュージアム「漢字展」では、一見関連のなさそうな資料が「漢字」というテーマを通して見ると、4000年の歴史の連なりを感じさせるものとなっていました。私たちの生活が文字を柱とした営みであることを実感しました。

書道博物館「漢字のなりたち―古代文字の世界―」では、夏休み期間ということもあり、小中学生向けの易しい展示解説がされていました。しかしながら、展示品は貴重なものばかりで、中国における漢字の発達の様子を辿ることができました。

2館を見学して、同じ「漢字」というテーマであっても、共通する視点・異なる視点があり、とても興味深く鑑賞することができました。今回学んだことを文化祭などの展示において少しでも役に立てたいと思います。




10:44
2019/08/26

書道部 学芸書道全国展

| by mutsumi-h
8月24日(土)に東京学芸大学 芸術館において第43回学芸書道全国展の表彰式が行われました。
本校の佐藤さん髙力さんの作品が展示されました。
全国から寄せられた多彩な表現に、多くのことを学びました。
また、表彰式の冒頭の主催者挨拶の中に「手書き文字の大切さ」「手書きすることを将来も続けてほしい」といった言葉が何度も出てきました。
3年生はまもなく部活動を引退しますが、何か感じるところがあったのではないでしょうか。

【硯心会理事長賞】 3-5 佐藤友美

【硯心会奨励賞】 3-9 髙力彩華


10:01
2019/08/19

書のパフォーマンス発表会(お知らせ)

| by mutsumi-h
9月29日(日)にさわやかちば県民プラザにおいて、「書のパフォーマンス発表会」が開催されます。
これは生徒が主体となって企画から当日の運営まで行うもので、今年度は9校が参加します。
先日の実行委員会において、宣伝用のポスターが発表されました。
このポスターは松戸六実高校が中心となり制作したものです。

各校とも発表に向けて準備や練習を進めているところです。
是非、お運びください。


13:16
2019/08/19

書道部 席書大会

| by mutsumi-h
第68回 千葉県小・中・高校席書大会において3年9組 髙力彩華さんが全体の7席にあたる「書星会長賞」を受賞しました。9月2日(月)の千葉日報に作品が掲載されますので、是非ご覧ください。
また、本校からは以下の4名が千葉日報社賞を受賞しましたので、併せてご紹介します。

【書星会長賞】 髙力彩華




【千葉日報社賞】
 小林唯華 藤井雅也 松田汐織 細谷心乃


12:31
2019/07/31

書道部 青少年教室開催

| by 部活
7月30日、松戸市教育委員会主催の青少年教室を本校書道室において開催しました。
非常に厳しい暑さにもかかわらず、12名の小学校児童が参加してくれました。
講座内容は 高校生先生の「寺子屋六実塾」~江戸時代の書道を体験しよう~ と題しました。

江戸時代の寺子屋では、8月に「席書」(せきがき)と呼ばれる行事を行い、日頃の学習の成果を確かめたり、寺子屋師匠から批評を頂いたりしました。誰でも参観自由で、一種の地域のイベントのような催しだったといわれます。

寺子屋への入門の仕方から、墨の磨り方の指導、朱筆添削など寺子屋で行われていた教育内容を書道部の生徒が先生役となり、再現しました。

本番の席書では、入門する際に使用した扇子に思い思いの文字を一発勝負で仕上げました。最後に寺子屋師匠が一つ一つの作品にコメントを添え、持ち帰ってもらいました。

書道部の生徒にとっても、企画を運営していくことの貴重な経験を得られました。


09:13
2019/06/27

書道部 正門掲示板

| by mutsumi-h
書道部は活動の一環として、毎月、正門脇の掲示板に「今月の言葉」と「今月の予定」を掲示しています。
特に「今月の言葉」は季節感や学校行事などを考慮し、生徒たちがより共感してくれるような言葉を選ぶことを心がけています。
部員が輪番で制作しており、今月は1年生が初めて「予定」を書きました。「言葉」は3年生が担当し、7月には少し早いですが、一緒に掲示作業を行いました。


08:54
2019/05/17

書道部 作品選別

| by 部活
 新しい年度となり書道部は6名の新入部員を迎え、合計14名で活動を行っています。
 昨日は、作品展に出品する作品の選別を行いました。
 1年生にとっては、初めての出品。2年生は、昨年と比べて進歩できたでしょうか。3年生は外部の展覧会に出品する機会も残すところわずかとなってきました。
 部員それぞれが作品に対して思いを持ち、思考しながら制作をしていくことを心がけ、本年度も稽古に励みます。


09:26
2019/04/12

書道部 新入生歓迎会発表

| by 部活
 本日5,6限に新入生歓迎会が行われました。
 今年度は、書道部も4分の発表時間をあててもらい、書道パフォーマンスを披露いたしました。文化祭や予餞会などでの発表が認められてきたのかなと、少し自信になりました。

 最近の六実高校の書道パフォーマンスでは、揮毫中に映像を使い、見ている皆さんにより楽しんで頂く工夫をしています。今回は各部活動の活動風景をスライドにまとめました。
 時間の都合で紹介しきれなかった部活動もありますので、新入生の皆さんは、是非自分の目で、六実高校の活発な部活動に足を運んでみてください。
 
 私たち書道部も他の部に負けないよう、今年度も稽古に精進して参ります。


17:17
2019/04/03

書道部 美術館見学①

| by mutsumi-h
今年度最初の美術館見学として、4月2日に成田山書道美術館に行きました。今回は「第35回  成田山全国競書展」と「歿後40年  西谷卯木の仮名」が開催されていました。

成田山全国競書展では全国から寄せられた作品に、地域の特色を感じることができました。上位入賞作品は練度が高く、かなり書き込まれているように見えました。

西谷卯木展は昭和を代表する仮名作家である西谷卯木の作品が大作から小品まで数多く展示されていました。変体仮名や連綿、散らし書きを変幻自在に表現していて、仮名作品の多様さを知ることができました。
 


09:46
2019/02/20

書道部 顔真卿展

| by 部活

 2月17日に東京国立博物館、書道博物館に行きました。

 書道博物館と東京国立博物館の東洋館では、「王羲之書法の残影−唐時代への道程−」が行われていました。伝来の異なる蘭亭序を見て、それぞれの表現の違いを知ることができました。

 東京国立博物館の平成館では、「顔真卿−王羲之を超えた名筆−」が行われていて、今回が初来日となる「祭姪文稿」を観てきました。普段は台湾の故宮博物院に所蔵されており、滅多に見られるものではないのでとても貴重な経験ができました。
 図版で見るのと、実際に見るのとでは墨の色や線質などの印象が異なり、博物館に足を運ぶことの大切さを改めて感じました。



13:15
2019/02/14

書道部 美術館見学

| by 部活

 

 先日行われた千葉県小・中・高校書き初め展覧会中央席書の作品展(千葉県立美術館にて2月5日~2月11日)を見学してきました。本校からは3名が地区審査を通過し、中央席書に参加してきましたが、結果は3人とも千葉日報社賞でした。
 特別賞を受賞した作品はそれぞれに魅力があり、技術の高さが感じられました。来年は特別賞を頂けるよう、練習を重ねていきたいと思います。



12:26
2019/02/04

第71回千葉県小・中・高校書き初め展

| by 部活
 去る1月27日(日)に千葉県総合スポーツセンター体育館にて第71回千葉県小・中・高校書き初め展覧会の中央席書大会がおこなわれました。席書大会では各地区の代表に選ばれた児童生徒が一堂に会し、時間内に作品を書き上げます。
 本校からは3名が出場しました。
 展覧会は2月5日(火)から2月11日(月)まで千葉県立美術館で開催されます。


08:57
2019/01/07

第9回全国青少年書き初め大会

| by 部活

 1月6日に全国青少年書き初め大会に参加してきました。全国から高校生や大学生が集まり、合計451人もの参加者が書き初めをおこないました。

 審査の結果、個人賞は貰えませんでしたが、団体の部で審査委員奨励賞を頂くことができました。上位入賞の壁は高く、更なる努力が必要だと痛感しましました。来年は個人賞も貰えるように今後も精進していきます。



12:37
2018/12/26

書道部活動報告

| by 部活

12月22日に上野公園にある、東京都美術館と東京国立博物館を見学してきました。

東京国立博物館では「斉白石」展を観ました。「斉白石」展は11月に既に見学済みでしたが、展示替えがあり、斉白石の作品をさらに多く鑑賞することができました。

東京都美術館では「見る、知る、感じる   現代の書」展と「喜怒哀楽の書」展を見学しました。文字だけでなく墨の濃淡や構成も工夫することで、様々な表現ができるということを学ぶことができました。また、伝統的な作品だけでなく、斬新で前衛的な作品もあり、作品展示の方法についてもたいへん目新しく感じました。

最後に、東京都美術館で開催中の「ムンク」展も鑑賞してきました。有名な「叫び」は想像よりも小さな作品でしたが、強烈に訴えかける力を感じました。

書でも絵画でも、教科書や作品集で観るのと、実際に間近で観るのとでは、得られるものが大きく違うことを体感した一日でした。


16:16
2018/12/11

書道部 活動報告

| by 部活
 第62回全国学芸サイエンスコンクールにおいて本校3年生の荒井千果が「旺文社赤尾好夫記念賞」を受賞しました。
 受賞作は初唐の虞世南の詩を得意の楷書体で仕上げたもので、詩文の解釈から字調べまでを丁寧におこない、3年間の活動の集大成として思い入れの強い作です。
 入賞者一覧は旺文社ホームページと『蛍雪時代』3月号(平成31年2月下旬発行)に掲載されます。
17:00
2018/11/20

書道部活動報告

| by 部活
 11月18日に成田山書道美術館に行ってきました。江戸時代から現代までの作品を多く所蔵しています。今年は明治150年にあたり、明治から現代に至る書の変遷を所蔵品で紹介する展示でした。

  私たちは普段、清以前の時代の書を学ぶことがほとんどなので、近現代の作品はとても目新しく映りました。書の魅力や深さを改めて感じました。

   また、篆刻(印作り)体験にも参加しました。これまでにも篆刻の経験はありましたが、半紙用の石材はとても小さく、苦労しました。篆刻を専門に学んでいる先生の指導を頂く貴重な機会を得て、これからは日常的に篆刻の勉強をしたいという意欲が高まりました。
 成田山には様々な文人墨客が訪れました。昔ながらの町並みや作品を通して、文人が見たものや感じたことに少しだけ触れられた1日でした。


16:27
2018/11/13

千葉県高等学校総合文化祭

| by 部活
 11月5日に千葉県立美術館で千葉県高等学校総合文化祭の搬入、陳列を行ってきました。千葉県下の高校の作品が一堂に会する貴重な機会です。千葉県は全国有数の書道大国といわれ、同じ高校生の作品でありながら、感動するような出来映えの作品や、自分たちが触れていない様々な書きぶりの作品を目にすることができました。
 また、11月11日には、同じく県立美術館で講演会「紙について」と紙すき体験に参加しました。日頃の練習でお世話になっている画仙紙が、熟練の職人によって手間暇かけて生産されている様子を知ることができ、これまで以上に紙を大切に、練習に集中して取り組んでいきたいと感じました。

19:34
2018/11/13

美術館見学その3

| by 部活
 書道部は活動の一環として美術館・博物館見学を積極的に行っています。本年度3回目の見学会として11月3日・文化の日に東京・上野にある、朝倉彫塑館、書道博物館、東京国立博物館を訪問しました。

○朝倉彫塑館

   朝倉彫塑館は、彫刻家の朝倉文夫のアトリエと住居だった建物です。2001年に建物が国の有形文化財に登録され、2008年には敷地全体が「旧朝倉文夫氏庭園」として国の名勝に指定されました。

○書道博物館

 書道博物館は、画家であり書家でもあった中村不折が蒐集した中国及び日本の書道史研究上重要なコレクションを有する専門博物館です。不折は、新宿中村屋の題字や『吾輩は猫である』の挿絵を手がけたことでも有名です。

○東京国立博物館

  東京国立博物館では、特別企画として日本初公開となる、中国近代絵画の巨匠、斉白石の芸術を紹介する展覧会が開催されています。斉白石は書画、篆刻など幅広い分野で活躍し、中国美術界の発展と国際交流に努めました。

 今回の訪問には来年度の文化祭の展示方法の参考にするという目的がありました。それぞれ美術館によって展示の仕方が違い、どのように見せるかということの大切さを感じました。この経験を今後の活動に役立てていきます。



 


19:04
2018/09/03

第67回千葉県小・中・高校席書大会

| by 部活
第67回千葉県小・中・高校席書大会の中央審査が行われ、本校3年小林美佳が「市川市長賞」を受賞しました。9月3日版の千葉日報に作品が掲載されました。また、3年會田達哉、荒井千果、大崎剛、2年高力彩華の作品も中央審査に進み、千葉日報社賞を受賞しました。
17:00
2018/04/30

正門横の掲示板

| by mutsumi-h
書道部では、毎月正門前にある掲示板に、月行事と今月の言葉を部員が交代で制作しています。展示風景を紹介します。

13:05
2018/01/31

書道部顧問が鎌ヶ谷市市民文化賞受賞

| by mutsumi-h
 書道部顧問の鈴木先生が第24回公募日本習字展の毛筆部門に作品を出品し「中国大使館賞」を受賞しました。このことが鎌ヶ谷市の「平成29年度市民文化賞」の対象なり、平成30年2月10日(土)鎌ヶ谷市生涯学習推進センターにて表彰されることが決定しまいた。
 書道部はこれまで個々の生徒の作品で優秀な成績をおさめているだけでなく、文化祭や予餞会などで発表する書道パフォーマンスでも大変好評を博してします。その指導にあたられている先生の受賞で、平成30年の活動もさらに盛り上がるでしょう。
 なお展覧会は、3月11日(日)国際ファッションセンター3階KFC Hallにて、東京展が開催されます。
07:59
2017/02/01

書道部 千葉県小・中・高校書初め展で受賞

| by mutsumi-h
1月29日(日)千葉県総合スポーツセンターで行われた、「第69回千葉県小・中・高校書初め展」にて2名の生徒が千葉日報社賞を受賞しました。
17:54
2017/01/17

書き初め大会に出場しました

| by mutsumi-h
平成29年1月5日から6日にかけて書き初め大会に出場してきました。
5日は日本武道館で第53回全日本書初め大展覧会に、6日は国立オリンピック記念青少年総合センターで第7回全国青少年書き初め大会に出場しました。

6日には第7回全国青少年書き初め大会の入賞の発表があり、団体の部で審査委員奨励賞をいただくことができました。
09:02
2016/02/19

第32回ふれあい書道展にて特別賞他 受賞

| by mutsumi-h
3月15日(火)~21日(月)まで広島県安芸郡熊野町で開催される「第32回ふれあい書道展」にて書道部の生徒の作品が、熊野町教育委員会賞(特別賞)1点、筆都大賞1点、特選3点、奨励賞1点、敢闘賞1点を受賞しました。
この展覧会は全国書画展覧会運営委員会が主催するもので、今回全国から1,379団体、約15,000点の応募があった展覧会です。特別賞・筆都大賞の作品は熊野町民会館ロビーに展示されます。
12:25
2015/11/10

千葉県高等学校総合文化祭書道作品展に出展

| by mutsumi-h
10月29日(水)~11月8日(月)千葉県立美術館で千葉県高等学校総合文化祭美術・工芸・書道作品展に本校から4点の作品を出展しました。

作品とともに作品とともに作品とともに集合写真
10:17
2015/08/04

全国高等学校総合文化祭滋賀大会 書道部門参加報告

| by mutsumi-h
会場にて作品 平成27年7月28(月)~8月1日(土)滋賀県大津市県立体育館・県立武道館で開催された全国高等学校総合文化祭の書道部門作品展に、本校生徒が千葉県代表として出展しました。出展した作品約300点の中から、さらに45点の作品が文部科学大臣賞などの特別賞に選抜されます。その作品に本校生徒の作品が「特別賞」に選ばれました。
12:53
2015/01/29

書道部 千葉県小中高校書き初め展 中央席書

| by mutsumi-h
1月25日に、千葉県小中高校書き初め展 中央席書へ、本校書道部から2名出場しました.。緊張感漂う会場で、力のかぎり作品を書き上げてきました。他校の代表生徒の作品を目の当たりにし、大変勉強になる経験になりました。
書き初め展でのインタービュー風景会場前で会場にて
12:24
2014/09/01

書道部夏季合同練習合宿

| by mutsumi-h

 8月24日~27日まで,岩井海岸の民宿にお世話になり,国府台高校書道部との合同錬成合宿を行いました。朝練から夜の練習と,長い時間筆を握り,書道に集中した4日間になりました。

多くの先生に指導いただき,国府台高校の他,袖ヶ浦高校,船橋豊富高校との練習を通して,多くのことを学びました。これからの作品制作に生かしたいと思います。

集合写真練習風景練習風景
12:43
2014/01/07

書道部 全日本書初め大展覧会に参加

| by mutsumi-h

1月5日(日),今年で50回目となる東京・北の丸公園日本武道館で開かれた新春恒例の「全日本書初め大展覧会」に書道部生徒が参加しました。この展覧会は全国の予選を勝ち抜いた幼児から90歳まで約3300人が参加し,年代ごとの課題語句に挑むものです。


書き初め展書き初め展


11:30
2013/12/02

全国書道展で学長賞など受賞

| by mutsumi-h
12月1日(日)大東文化大学にて,同校主催の第59回全国書道展の表彰式が行われました。本校から3年生が「大東文化大学学長賞」に,1年生が「推薦」に選ばれました。この展覧会は半世紀を過ぎる永い歴史のある展覧会で,今回の応募点数は23,068点あり,厳しい審査の難関を越え受賞することができました。   
大東文化大学前で作品の前で作品の前で授賞式
                            
14:23
2013/11/07

嬉しいお手紙

| by mutsumi-h
昨日,思わぬ嬉しいお手紙が事務室に届けられました。書道部では,学校正門横にある掲示板に月行事日程とともに,その月の言葉を掲示しています。散歩で通った時その言葉をご覧になった近隣の方から、励ましのお手紙が届けられました。その手紙には「優しさと力強さが伝わってきて,とても元気がでました。」と書かれてありました。
ありがとうございます。この言葉は私たちにとって大きな励ましになりました。匿名のお手紙だったのでこの日誌を使いお礼を申し上げます。
手紙掲示板掲示板
11:27
2013/10/05

松毬祭文化の部書道パフォーマンス

| by mutsumi-h
平成25年9月28日松毬祭文化の部で披露しました書道パフォーマンスを紹介します。当日28日は晴天に恵まれ、多くのお客様がご覧いただき中庭でパフォーマンスを披露することができました。
書道パフォーマンスパフォーマンスパフォーマンスパフォーマンス
13:20
2013/09/23

書道パフォーマンスの準備

| by mutsumi-h
書道パフォーマンス準備書道パフォーマンス準備9月28日(土)松毬祭一般公開で披露する書道パフォーマンスの練習を中庭で行いました。
昨年のテーマは「飛躍」,今年のテーマは何か,28日の披露を楽しみにしてください。
11:19

作品紹介


作品作品作品作品作品作品
 
作品作品
 
平成24年度の活動報告
書道部3・平成24年度高校生国際美術展
 推薦賞 1名   佳作 2名
・平成24年度日本武道館書き初め大会
 日本武道館賞 3名
・平成24年度千葉県 小・中・高書き初め展
 千葉日報賞 1名
・平成25年度千葉県小・中・高席書大会
 千葉日報社賞 1名