〒270-2203 千葉県松戸市六高台5-150-1
    電 話 047-385-5791  FAX 047-386-4762

創立42年 地域とともにたゆまぬ歩みを続けます   
    Let's Lead an Active School Life
 
右下にある ← → のついた真ん中のボタンをクリックすると、画面が拡大し、月行事予定になります。再度クリックするもとに戻ります。
 

相談窓口開設

地域の皆さまへ


 

オンライン状況

オンラインユーザー20人
ログインユーザー0人

アクセスカウンタ

トータル1040926

書道部

  

 書道部は3年生5人、2年生2人、1年生6人の合計13人で平日と土曜日または日曜日の週6日間活動しています。

 書道部の活動は基本的に個人練習ですが、批評会や選考会に1枚でも多く作品を持ち寄ろうと競うように稽古に励みます。
 また、上野や成田などの美術館見学も積極的に行っており、書の歴史や文学との関わりについて、展示の方法についてなど、幅広い視点で学ぶことを心がけています。

 そして、文化祭や予餞会では書道パフォーマンスを毎年行っています。書道部全員で協力し、短い練習期間の中で試行錯誤しながら、一つの作品を完成させます。
 書道に興味のある方はもちろん、初心者や苦手意識のある方も是非一度、書道室に足を運んでみてください。

 
作品作品作品
 
書道部開会式
 

平成29年度の活動


第33回成田山全国競書大会
 推薦・日輪賞 稲村 
 特選 中畝 倭 森山 荒井
千葉県警察官募集ポスター・パンフレット制作協力
 

平成30年度の活動

第19回 高校生国際美術展 書の部
【佳作】3年 荒井  2年 齋藤

第67回 千葉県小・中・高校席書大会

【市川市長賞】3年 小林

【千葉日報社賞】3年 會田 荒井 大崎 2年 髙力

第62回全国学芸サイエンスコンクール

【旺文社赤尾好夫記念賞】3年 荒井

 第9回全国青少年書き初め大会

団体の部【審査員奨励賞】

 第71回 千葉県小・中・高校書き初め展

団体賞の部 【優良賞】

個人賞の部 【千葉日報社賞】 2年 志津 髙力 1年 湯浅


 
日誌
活動報告 >> 記事詳細

2018/11/13

美術館見学その3

| by 部活
 書道部は活動の一環として美術館・博物館見学を積極的に行っています。本年度3回目の見学会として11月3日・文化の日に東京・上野にある、朝倉彫塑館、書道博物館、東京国立博物館を訪問しました。

○朝倉彫塑館

   朝倉彫塑館は、彫刻家の朝倉文夫のアトリエと住居だった建物です。2001年に建物が国の有形文化財に登録され、2008年には敷地全体が「旧朝倉文夫氏庭園」として国の名勝に指定されました。

○書道博物館

 書道博物館は、画家であり書家でもあった中村不折が蒐集した中国及び日本の書道史研究上重要なコレクションを有する専門博物館です。不折は、新宿中村屋の題字や『吾輩は猫である』の挿絵を手がけたことでも有名です。

○東京国立博物館

  東京国立博物館では、特別企画として日本初公開となる、中国近代絵画の巨匠、斉白石の芸術を紹介する展覧会が開催されています。斉白石は書画、篆刻など幅広い分野で活躍し、中国美術界の発展と国際交流に努めました。

 今回の訪問には来年度の文化祭の展示方法の参考にするという目的がありました。それぞれ美術館によって展示の仕方が違い、どのように見せるかということの大切さを感じました。この経験を今後の活動に役立てていきます。



 


19:04

作品紹介


作品作品作品作品作品作品
 
作品作品
 
平成24年度の活動報告
書道部3・平成24年度高校生国際美術展
 推薦賞 1名   佳作 2名
・平成24年度日本武道館書き初め大会
 日本武道館賞 3名
・平成24年度千葉県 小・中・高書き初め展
 千葉日報賞 1名
・平成25年度千葉県小・中・高席書大会
 千葉日報社賞 1名