トップページへ
〒 270-2221 千葉県松戸市紙敷1199  TEL:047-391-2849      三部制(午前部・午後部・夜間部)の定時制
 

学校日誌

校長室だより >> 記事詳細

2021/01/13

時差登校と研究授業

| by 校長
 本校では、1月の授業第一日目の先週8日から時差登校を始めました。国が緊急事態宣言の発出の検討を始め、文部科学省は今回は一斉休校を行わない姿勢を発表した時点で、生徒を守るためには時差登校しかないと考えました。入学時に保護者からお預かりする生徒の健康調査に記載される本校生徒の状況から考えても、止むを得ないと判断しました。ただ、授業時間確保のため、この時差登校に伴って生徒の休憩時間や担任からの連絡があるSHRの時間、清掃活動の時間が犠牲になっています。生徒の皆さんは、検温や手洗い、マスク着用等自らの健康管理に気を配るとともに、校内の美化活動や担任からの連絡に今まで以上に、注意してほしいと思います。協力してください。
 さて、本日は体育科のA先生の保健の研究授業が行われました。
 
 
 人の一生の中の高齢化世代についての学習です。松戸市の社会福祉協議会からお借りしたアイマスクと白杖や車いすを使って実際に体験しながら、お年寄りや障害者に優しい環境づくりについて考えました。本校はスロープやエレベーター、階段の手すり、多目的トイレ等、あるレベルまではバリアフリーがあります。けれども、十分とは言えません。生徒たちは色々考えながら、もっとあると良いものを発表していました。すべての人に優しい環境づくりは大切ですが、それを運用する皆さんの心づくりも重要です。是非、思いやりの心を忘れずに!
13:00 | 投票する | 投票数(7)