トップページへ
〒 270-2221 千葉県松戸市紙敷1199  TEL:047-391-2849      三部制(午前部・午後部・夜間部)の定時制
 

学校日誌

スクールライフ >> 記事詳細

2020/10/05

自分を発見!?職業レディネス・テスト(1年次)

| by 教職員B
本日は、豊かな心の育成に係る学習の活動の一環として、午前・午後部の1年次は「職業レディネス・テスト」を行いました。夜間部も別日に行いました。

「1年次なのに、もう職業の話?」「私は進学希望なのに・・・」

そう感じた生徒も多いかと思います。
さて、1年次から職業を考えることにはどんなメリットがあるのでしょうか?

このレディネス・テストのシートには以下のようなことが書かれています。

 

あなたが、自分の進路問題に取り組む時の大切な課題の1つは、自分の持ち味を知り、それらを活かせそうな仕事や職業について確かな知識や情報を得ることです(職業レディネス・テスト第3版ワークシート)

 

大学短大への進学にしても、専門学校への進学にしても、最終的に人は社会で働きます。しかし、自分主体で考え決断し、行動をしていくには、まずは自分を知らなければいけません。「自分の持ち味」を、こういったテストで客観的に知っていくことで、1年生からより納得のいくキャリアプランニングが出来ます。各担任からは、このようにキャリアに関する導入があり、それを聞いた後に実際にテストを行っていきます。
全172問の質問に答えきった生徒たちは、疲れた表情を見せつつも、ペンを止めることはありません。その後は、自分の適性チャートを完成させていく作業があります。「自分にはいったい何が向いているのか」その答えを見つけに行く主体的な姿が、生徒たちからは伺えました。



レディネス・テスト問題用紙の表紙には、このようなことも書かれています。

 

このテストは、あなたがどういう職業に興味を持ち、どういう職業分野ならやっていく自信があるのかなどを明らかにし、「職業と自分」について考えるための一つの材料を提供しようとするものです(職業レディネス・テスト第3版問題用紙)

 

今回のように、ロングホームルームや総合的な探究の時間では、自分のキャリアを考える機会が多々あります。その中で、是非、生徒たちには、その時々に意味を感じ、「『職業と自分』について考えるための材料」を、集めていってほしいと思います。


17:18 | 投票する | 投票数(8)