千葉県立松戸馬橋高等学校馬橋高校の生活
〒271-0043
 千葉県松戸市旭町1-7-1
  TEL.047-345-3002
  FAX.047-346-5330
 

野球部

 

部活動日誌

野球部 >> 記事詳細

2018/04/14

春季ブロック予選

Tweet ThisSend to Facebook | by mnm
 4月10日に昭和学院高校と対戦し、9対6で勝利。本日の代表決定戦で松戸六実高校に6-5で勝利。松戸六実高校は秋季ブロック予選代表決定戦で16対2の7回コールド負けをした相手です。秋は6回まで4対1でいきましたが、7回の表に12失点し屈辱的な負け方をした相手でした。今日の試合も3回裏に1点を先制したものの4回表に4点を取られ、その裏の攻撃ではチャンスは作るものの1本が出ず苦しい展開。しかし、5回裏の攻撃で3点を取り同点に追いつき、6回裏の攻撃では2死2塁から連打で2点を追加し6対4と勝ち越し。9回表に粘られ1点を取られるもなんとかしのいで6対5で勝利しました。監督として初めての春の県大会出場を決めることができました。
 このチームは監督として非常に期待していました。夏休みには早朝から夜遅くまで練習したもののブロック予選代表決定戦で大敗。敗者復活の代表決定戦で国分高校に15回延長引き分け。再試合となるもコールド負け。秋は県大会に出場することができませんでした。
 12月からの冬の練習では初めて守備を重視し、長距離走を毎回の練習で行い精神的にぶれないチームを目指しました。生徒たちは非常に辛抱強く練習に取り組んでくれました。
 3月から大会までに行われた練習試合では、試合を重ねるごとに成長し、チームとしての戦い方ができるようになってきました。今年のチームはどこか冷めた雰囲気で試合を行い、かといって真面目でひたむきかと言われればそんなこともない特徴のない雰囲気のチームでした。どうしたらこのチームが一つになり勢いを持たせてあげられるかをずっと考えてきました。私の目標は勝つことではなく、チームが一つになって勢いを持って戦うことです。それができず悩んできました...
 ブロック予選2試合を通してチームとしてのまとまり、勢いを強く感じることができました。また、保護者の方々、OB・OBの保護者の方々まで多くの応援があり、部員、保護者、指導者の三位一体で戦うことが選手権大会ではなく、この春にできたことが何よりうれしく、そこにOB・OBの保護者方々の力まで加わりありがたい限りです。
 県大会までの2週間でさらに進化した馬っ子野球部になれるようやりきります。今の馬っ子野球部おもしろいです。
16:30