千葉県立松戸馬橋高等学校馬橋高校の生活
〒271-0043
 千葉県松戸市旭町1-7-1
  TEL.047-345-3002
  FAX.047-346-5330
 

校長室より

校長通信
12345
2020/01/24new

1年生バスケットボール大会

| by teg
昨日と今日の6時限目、1年生がバスケットボール大会を行いました。
全員が参加し、皆が一丸となって応援して、大いに盛り上がりました。
2つのコートで試合が行われ、
結果は、男子の1位が4組と6組、
    女子の1位が4組と7組 でした。
順位はさておき、一生懸命に全力で取り組む態度は、たいへん立派でした。
次の球技大会も楽しみにしています。



16:17
2020/01/24new

斡旋就職者閉講式

| by teg

本日、学校斡旋就職の内定者が集まり、活動の締めくくりを行いました。
社会で大切なことは、挨拶と笑顔。
仕事を頼まれた時は、明るく気持ちよく引き受け、
みんなにかわいがられ、慕われる人になってほしいと伝えました。

進路指導部長の遠藤先生からは、
ますます変化が激しくなる社会の中で、
新しいことにも好奇心をもって前向きに臨むこと、
学年主任の高久先生からは、
対応力の大切さと何事にも一生懸命に取り組むこと、
というお話をいただきました。

その後、一人ひとりが、みんなの前で決意表明をしました。
もし、心が折れそうなときには、今の気持ちを思い出してください。
皆さんが働くことで、誰もが、安心でき、便利で、
楽しく生活できる世の中が実現できます。
健康に気を付けて活躍してください。




14:16
2020/01/14

高校生の体験発表会

| by teg
先週土曜日に聖徳大学で、本年度2回目の高校生の体験発表会が開催されました。
本校からは生徒会の生徒2名が参加しました。
まず、馬橋高校生が行っている主なボランティア活動を紹介しました。
地域のお祭りや文化祭、非行防止キャンペーンなどをスライドで紹介した後、
旭町小学校や旭町中学校で行っている学習ボランティア活動の様子について、
ユーモアを交えた寸劇仕立てで発表しました。
他校と一味違った楽しい発表で、会場を和ませてくれました。
大学や他校の先生からも、たくさんのお褒めの言葉をいただきました。



16:23
2020/01/09

持久走

| by teg
体育の授業恒例の持久走が始まりました。
学校の周囲、約800mを、男子は5周、女子は4周します。
10回のトライアルで、自己最高のタイムを目指します。
厳しい寒さですが、心と体を鍛え、たくましく成長してください。


14:55
2020/01/07

3学期始業式

| by teg

3学期、そして新しい年がスタートしました。

始業式では、いよいよ今年開催される
東京オリンピック、パラリンピックの話から始めました。
フェンシング、テコンドー、レスリング、サーフィン、
ゴールボール、シッティングバレーボール
などの競技が行われる千葉県にも、世界各国から多くの人々が訪れますので、
「良き国際人となれ」という校訓をもつ馬橋高校の生徒には、
外国の方に親切に接してほしいと伝えました。


そして、昨年、ドラマにもなった、これまでオリンピックに関わったり、
活躍したりした人たちについて話しました。


日本人初のオリンピック選手、マラソンの金栗四三さんは、
幼い頃、体が弱かったので健康のために走り始めました。


日本女子選手として初めて出場した、陸上銀メダルの人見絹江さんは、
背の高さを気にしていましたが、そのコンプレックスを拭い去るため、
努力を重ねました。


日本人女性で初めて金メダルを獲得した、平泳ぎの前畑秀子さんは、
小さい頃に近くの川で泳ぎを覚え、水泳が大好きになり、平泳ぎを究めました。


前回の東京オリンピック開催に力を尽くした、田畑政治さんは、
様々な人たちが地位も貧富の差も宗教も関係なく、ただスポーツだけで競い合い、
戦いが終わったらお互いに讃え合うそんなオリンピックが大好きで、
「俺のオリンピック」だと言っていました。


しかし、この人たちが、自分のために始め、自分のために継続したことが、
結果として、戦争や貧困、病などで苦しむ人や、不安や悩みを抱える人たちに、
生きる勇気と希望を与えました。
そして、この人たちによって、全世界の人々は、スポーツができる
平和のすばらしさ、尊さを心から感じることができました。


最初から他人のために、大きな目標を掲げて、それを目指すのではなく、
自分のために、自分が頑張れることを積み重ね、
続けることによって、大きなことを成し遂げ、
それが周りの人たちにとっても、励みになったり、役に立ったりします。


「まーチャン」と慕われ、オリンピック組織委員会の事務総長を務めた田畑さんは、
最後に「俺のオリンピックが、みんなのオリンピックになった」と言いました。

気負う必要はなく、まず、好きなこと、今できることから始め、
コツコツと継続してほしいと思います。
それが人を成長させ、大人にしていきます。
そして、やがて、社会に役立ち、感謝される人になります。


充実した3学期、そして1年になることを期待しています。



13:20
12345