千葉県立
松戸国際高等学校
Chiba Prefectural
Matsudo Kokusai High School
 
校訓:希望  教育方針:心情・智能・体軀・希望力行  教育目標:松国力を高め、社会力豊かなグローバル人材を育成する。
~学校を拠点とし、すべての生徒・保護者・教職員・地域住民がつながり、より良い社会の構築を目指す~
 

上の「ログイン」は管理者用です。

管理者以外はログインの必要はありません。
 
 

校長室日誌

校長室日誌 >> 記事詳細

2019/11/02

高校生の体験発表会第3位

| by 校長
聖徳大学で行われた発表会で、本校の幸田君が松戸商工会議所賞を受賞しました。幸田君はこの夏、文科省主催の飛び立て留学ジャパンを通じて、南アフリカへボランティア活動に行った体験を語りました。先進的な街の隣にはスラムが続く。日本にいるだけではわからない。当たり前とは?実際にこの目で見なければわからない支援の現実とこの体験を生かしてこれからどうするか。プレゼンソフトの提示の仕方も含めて皆を引きつける内容でした。

17:10 | 投票する | 投票数(14)

令和2年度学校経営方針

千葉県立松戸国際高等学校 令和2年度重点目標

 

1 学習指導等

基礎的知識・技能の定着と読書活動の強化(深い教養と論理的読解力の向上)

学んだことを自分の言葉で表現できる主体的・対話的で深い学びの推進(確かな言語運用能力と未知の課題への対応力の向上)

自学自習を促す具体的な方策の検討と実施(主体性を持って学習する態度の涵養)

 2 生徒指導等

生徒に考えさせる生徒指導の推進(「厳に慎む」力の向上)

教育相談活動の推進(生徒の健やかな心身の育成といじめのない学校づくり)

 3 校務分掌等

組織内の連絡・相談と組織間の連携・協力を意識した教育活動(様々な教育課題に組織として対応)

 4 調整・連携

担当する教育活動を積極的にホームページに掲載(学校を知ってもらうことが地域を知る一歩)

地域組織や異校種校との連携活動やボランティア活動等の推進(社会貢献意識や共生の心の涵養)

 5 その他

○国や県の指定事業、ユネスコスクールとしての活動、組織的な国際交流活動等をとおした特色ある教育活動の推進

○本校部活動方針に基づく部活動の活性化

○全生徒・職員が関わる新しい体育的行事の実施

○個に応じたキャリア教育の推進と高大接続改革への適切な対応

○働き方改革の推進とコンプライアンス意識の向上

◆今年度の重点目標と校訓・教育方針教育目標との関係は
 こちらをクリック → R20403_R2学校経営方針.pdf
◆「校訓・教育方針・教育目標」については
 こちらをクリック → 
校訓・方針・目標.pdf         
          → 
310408(日誌)教育方針目標について.pdf
◆「社会力」については
 こちらをクリック → 校長室日誌_社会力について.pdf