千葉県立
松戸国際高等学校
Chiba Prefectural
Matsudo Kokusai High School
 
校訓:希望  教育方針:心情・智能・体軀・希望力行  教育目標:松国力を高め、社会力豊かなグローバル人材を育成する。
~学校を拠点とし、すべての生徒・保護者・教職員・地域住民がつながり、より良い社会の構築を目指す~
 

上の「ログイン」は管理者用です。

管理者以外はログインの必要はありません。
 
 

校長室日誌

校長室日誌
12345
2019/08/18new

第63回関東ウエイトリフティング選手権大会

| by 校長
 令和元年8月17日(土)・18日(日)、本校を会場として第63回関東ウエイトリフティング選手権大会が開催されました。私は17日の少年81・89kg級の試合を見学しました。この試合には、千葉県チームの一員として本校と八千代西高校の生徒がエントリーしました。


 八千代西高校の野村選手。


 本校の関選手。
 残念ながら上位には食い込むことはできませんでしたが、県を代表して全力を尽くしてくれました。
12:42 | 投票する | 投票数(2)
2019/08/18new

第30回松戸市高校生英語スピーチコンテスト

| by 校長
 令和元年8月17日(土)松戸市高校生英語スピーチコンテストが、松戸市民劇場を会場に行われ、本校生徒が3人エントリーしました。



 3人とも考えさせられる内容のスピーチ。それとよく練習した成果が表れる堂々とした英語でした。
 一人が理事長賞(2位相当)、もう一人が優秀賞(5位相当)を受賞することができました。これを機会にさらに英語だけではなく、様々な分野にトライしてほしいと感じました。
12:36 | 投票する | 投票数(3)
2019/08/02

夏の進学補習

| by 校長
 毎日暑い日が続きます。加えて今年の夏は管理棟や昇降口の外壁と屋上防水等の工事が行われており、立ち入り禁止区域もたくさんあって校内に入りづらい環境です。しかし、

 校内を巡回していると、ところどころに張り紙が。

 近づいてよく見ると、夏休み中に行われる進学補習の一覧です。様々な講座が開港されていて、この暑い中にもかかわらず、生徒たちの多くは休まずに参加しています。

 英文法講座の様子をこっそりのぞいてみました。普段アウトプット重視の授業で、生徒が気付かないうちに文法を学ぶような教え方ですが、ここでは一転して理論重視の受験英語。みんな真剣に取り組んでいました。
10:24 | 投票する | 投票数(4)
2019/08/01

目指せ!テニス・プレイヤーへの道

| by 校長
 令和元年7月31日(水)8月1日(木)に、松戸市の青少年会館が主催する「高校生先生の青少年教室」で本校のテニス部の生徒が高校生先生になって小中学生を対象に硬式テニス教室実施しました。会場は本校のテニスコート。二日目の様子をレポートします。

 初めに松戸市の担当者から諸注意。前に立っている生徒たちは本校テニス部員=高校生先生です。

 レベル別に分かれて指導。こちらは初心者コース。女子部員が優しく指導していました。準備体操。

 上級コースは男子部員が担当しました。

 これから実際にボールを打ちます。

 ナイスショット。

 初級コースはラケットでボールをポンポン。何回出来るでしょうか?
 参加した児童・生徒たちは、高校生という少し上のお兄さんやお姉さんから教わることでテニスがより身近なものに感じてくれたのではないでしょうか。また、高校生も人に教えることでこれまでの活動を見直すきっかけにもなったと思います。
11:23 | 投票する | 投票数(5)
2019/07/21

全国高校女子ウエイトリフティング選手権大会

| by 校長
 令和元年7月19日に、本校女子生徒2名が全国大会に出場しました。会場は松本市総合体育館。

 55kg級に鈴木さん、59kg級に三宅さんがエントリーしました。

 3年生の鈴木さんは残年ながら40位でしたが、全国標準記録を突破しての出場。競技を始めたのも1年の冬からとだそうで、たった1年半のうちにここまでこれたことは大変な成果だったと思います。

 2年生の三宅さんは7位に入りました。関東大会では優勝しており、これからまだ活躍が期待できます。

 鈴木さんのご両親が応援に来てくれました。

 試合の合間に撮った写真です。ここにはいませんが、三宅さんのお母さんや教育実習にきた茅野さんも応援に来てくれました。
15:00 | 投票する | 投票数(6)
2019/07/18

韓国の高校訪問団受入

| by 校長
 今日は、韓国の光教高校(生徒17名)と草堂高校(生徒15名)から学校訪問がありました。

 引率教員と撮った写真です。左側が光教高校(奥はガイドさん)、右側が草堂高校の先生方。

 いただいたかわいい記念品。
 韓国の生徒には授業を2時間本校生徒と一緒に体験してもらいました。
 
2年コミュ英             2年総合英語
 
1年化学基礎             同じく化学基礎
 
1年工芸Ⅰ              1年美術Ⅰ

 午後のグループ交流活動の様子です。本校で韓国語を第二外国語として選択している生徒と国際交流委員の生徒が参加しました。日頃の韓国語の学習の成果を確認できる場にもなりました。
 日本と韓国の同世代の若者たちが互いを知りあうことで、よい関係が築けるようになればと考えています。
 引率の先生方からは、「訪問者一人一人の名前がハングル語で入った下駄箱が準備されているとは思わなかった。授業やランチ交流会など様々なイベントを持ってくれて感銘を受けた。その中で、日韓の若者たちが活発に交流する姿が嬉しい。」などと話してくれました。日本ならではのおもてなし文化を実体験してもらえたのではないかと考えます。
15:17 | 投票する | 投票数(5)
2019/07/12

外部講師を招いてのクッキング部の活動

| by 校長
 クッキング部の活動を紹介します。本日は、中華料理研究。

講師は、香川調理製菓専門学校助教授で中国料理担当の土屋純一先生です。

ウサギの形のマンゴプリンと上海炒麺を作ります。
 
すでに炒麺を作っているところにお邪魔しました。おいしそうな香りが漂っています。

おすそ分けをいただきました。ごちそうさまでした。クッキング部はユネスコスクール活動の一環として、世界の料理について実地に研究を進めています。
17:02 | 投票する | 投票数(25)
2019/07/09

松耀祭閉会式

| by 校長
 今年度の松耀祭もフィナーレを迎えました。最初に校長の私から松耀祭で「規律ある自由」を謳歌できた生徒の皆さんに感謝の言葉をお話ししました。実行委員の決めた方針に従って、時間やルールを守りながら準備や後片付けなどを行う中で、自分のやりたい時間を有効に使う、これこそが真の自由を得ることです。それが今回の松耀祭ではうまく機能していたと思います。
 クラス演劇が盛んで、特に3年次は全クラス参加。これも誇れる取組です。演劇は、表に出る役者だけではなく、裏方の活躍があってこそ、良いものができます。それまでにはたくさんの話し合いと協力と自分のできることを出しあう力、つまり「社会力」が求められます。
 松国生は「規律ある自由」を謳歌し、「松国力」を高め「社会力」を豊かにしました。
 さて、各賞の発表です。

CM賞は3年E組

新人賞は1年H組

2年次賞は2年I組

松耀賞(第3位)は3年I組

準松耀大賞(第2位)は3年H組


そして松耀大賞(第1位)は3年D組

実行委員長の挨拶です。来年度から考査が5回になる関係で、7月開催の松耀祭はこれが最後になるかもしれませんが、3年生の素晴らしいクラス演劇の伝統を絶やさず、来年度もさらに良い松耀祭にしていきたい。一緒に仕事をしてくれ、協力してくれた周りのみんなに感謝したいと語ってくれました。
 一般公開を参観してくれた人数は3,737名で雨模様にもかかわらず、昨年度を上回りました。
 松国力の一つとして、「松国版豊かな人間性」があり、その中に、「立場や状況をよく考えて適切に行動できるセルフコントロール力」があります。この言葉をキーワードとしてさらに素晴らしい松国を作り上げてほしいと思います。
12:18 | 投票する | 投票数(17)
2019/07/06

松耀祭スナップ

| by 校長
 
劇を上演し終わって

華道部の素敵な作品

こわいぞ
 
英語落語

書道パフォーマンス(雨がやんでよかった)
12:46 | 投票する | 投票数(19)
2019/07/06

松耀祭一般公開が始まりました

| by 校長

 あいにくの小雨ですが、予定どおり一般公開スタート。来場の際は、上履きと下足入れご持参ください。

09:08 | 投票する | 投票数(13)
2019/07/02

松耀祭近づく

| by 校長
 今週末、7月6日(土)は松耀祭(文化祭)の一般公開日です。本校の特色は、3年生を中心に劇の出し物が多くあること。すべての劇を見るのは時間的に難しい。迷うところです。
 劇以外にも各クラス趣向を凝らした発表を準備しています。たくさんの方々のご来校をお待ちしています。
16:00 | 投票する | 投票数(34)
2019/06/27

初任研研究授業

| by 校長
 6月26日(水)数学の刑部先生の初任研研究授業がありました。理系のクラスで科目は数学Ⅲ.微分法の応用で導関数について。

 講義とグループワークを織り交ぜた授業。AL指数20といったところでしょうか。
09:45 | 投票する | 投票数(15)
2019/06/20

6月19日「英語公開授業及び研究協議会」

| by 校長
 本校は、国の「学習指導実践研究協力校」及び県の「英語教育拠点校」として、年に2回、英語公開授業と研究協議会を実施しています。
 今年度の第1回は6月19日(水)に行われました。
 指導助言者として文部科学省から、富高 雅代調査官、森 孝博調査官、佐々木 康希専門職の3人をお迎えし、県内だけでなく埼玉県から、高校だけでなく中学から、合わせて41名の来校がありました。以下は、公開授業の様子です。



 どの授業も生徒主体の活動やコミュニケーション活動を重視した授業を展開しています。生徒が拙い英語でも言わんとしていることを教員がうまく引き出して、それを正しい英語、より複雑な表現で言い直してあげることで、それを生徒に還元する。アウトプットを引き出し、インプットにつなげるというコンセプトがどの授業にも貫かれています。
 協議会では、授業者からの説明と質疑応答。本校が作成するCAN DO LISTについての説明の後、冨高調査官からの講評がありました。
 冨高調査官からは、今年度本校が見直した教育目標の中の一つである「論理的読解力」をいかに伸ばしていくかが求められるというお話がありました。そのためには、科目・単元ごとに、どんな力をつけたいのか何を目標として授業を展開するのかを明確にすることが大切であり、そのためのCAN DO LISTであってほしいとの話がありました。
 第2回の公開授業と研究協議会は秋に開催を予定しています。

14:01 | 投票する | 投票数(15)
2019/06/18

(速報)男子110mH南関東大会優勝

| by 校長
 本校生徒、村竹ラシッド君が、令和元年6月17日(月)に行われた南関東高校総体陸上男子110mH決勝で、13秒91の大会新記録で優勝し、全国大会(インターハイ)出場を決めました。目指せ、全国制覇。以下にその時の動画のリンクを掲載します。
→ こちらをクリック
14:08 | 投票する | 投票数(24)
2019/06/16

千葉県高校総体ウエイトリフティング競技大会

| by 校長
 本校は千葉県高校のウエイトリフティング競技の拠点となっており、設備も整っています。毎回県の競技大会は本校で行われています。



 本校のウエイトリフティング部の選手もみな全力を尽くしました。男子インターハイ出場選手3人、全国女子出場選手2人、さらに総合優勝も本校が勝ち取り、五連覇となりました。全国に届かない選手もいましたが、私としては、その選手も含めて勝ち取れたものだと考えます。一所懸命やったことは、人間の経験値を高めてくれます。それはどの分野においても共通することなのです。
14:31 | 投票する | 投票数(14)
2019/06/14

太巻きづくり(フードデザイン)

| by 校長
 フードデザインの授業にお邪魔しました。今日は太巻きづくりです。

 担当の時田教諭。いつも綿密な実習準備をされ、生徒に的確なアドバイスをしてくれます。

 うまくできているでしょうか?

 完成。きれいなバラが咲きました。
 時田先生から見本を一つおすそ分けしていただきました。見た目に加えて味もとてもよかったです。
10:51 | 投票する | 投票数(13)
2019/06/13

バスケットボール部男女県大会に向けて

| by 校長
バレーボール部だけではありません。本校バスケットボール部も男女とも地区大会を勝ち抜き、夏の県総体へ出場をはたしています。今日も放課後、この土曜日の試合に向けて、練習をしているところにお邪魔して激励。


 悔いのない戦いをしてほしいです。
17:48 | 投票する | 投票数(41)
2019/06/12

バレー部男女県大会に向けて

| by 校長
 本校バレーボール部は男女とも地区大会を勝ち抜き、夏の県総体へ出場をはたしました。放課後、この土曜日の試合に向けて、練習をしているところにお邪魔して激励。


 特に3年生にとっては最後の試合になるかもしれません。悔いのないパフォーマンスを見せてほしいと願っています。
17:40 | 投票する | 投票数(4)
2019/06/12

令和元年度第1回開かれた学校づくり委員会

| by 校長
 6月12日(水)に今年度第1回目の開かれた学校づくり委員会を開催しました。

 委員は次のとおりです。
小谷川元一 様(児童自立援助ホームこたにがわ学園前理事長、NPO法人いじめゼロネットワーク会長)
伊藤 正幸 様(松戸市松飛台交番管内防犯協会会長)
高橋 利勝 様(松戸市八柱交番管内防犯協会会長) 本日所用により欠席
佐野 公雄 様(松戸市立牧野原中学校長)
辻  雅雄 様(松戸市立松飛台小学校長)
伊藤  誠 様(財団法人松戸市国際交流協会理事長)
渡辺 千尋 様(本校PTA会長)
県からの委嘱状を交付し、委員の互選により、委員長に小谷川様、副委員長に伊藤正幸様、監査に渡辺様が就任しました。
 6時間目の授業を参観していただいたのち、本校から校長・副校長・教務主任・生徒指導主事・進路指導主事による学校概要説明があった後、委員からご意見をいただきました。

 委員からは、「生徒が活発に活動し熱心に授業に参加している様子がうかがえた。」「学校の経営方針を踏まえて、主任それぞれが課題を共有していると感じた。」「授業を自由にいつも参観できて楽しみだ。」「レジリエンス(逆境力)という言葉は今後にキーワードになる。」など、ご意見をいただきました。
 本校の委員の皆様からは、いつも真剣で建設的な提言をいただいています。委員長からは、「県の施策でこの委員会の発足当初から関わっているが、中には形骸化している委員会もある。しかし本校の委員会はいつも真剣な議論が行われていてとても中身の濃いものである。」とのお言葉は全くそのとおり。今年度も本校学校運営に対して大所高所からご意見をいただきたいと考えています。
16:51 | 投票する | 投票数(3)
2019/05/29

本日の授業風景

| by 校長
 久しぶりに本校の授業風景を紹介します。

 2年生の数学です。大網先生の板書はいつ見ても大変きれいで整っています。

 問題を回りと話し合う場面です。話し合いながら納得できた瞬間に、「すごい。数学ってきれい!」という声が聞こえてきました。とても良い雰囲気で数学の楽しさを感じているようでした。

 山口先生の国語。得意のプロジェクタを使った授業が展開されていました。

 大ベテランの児玉先生の地学の授業。プロジェクタを使いながら様々な仕掛けや工夫満載で飽きさせません。生徒の反応も高いものがあります。自分の経験を踏まえた解説もわかりやすいです。

 こちらは丸山先生の数学。話し合いや学びあいの活動をうまく取り入れて、活気のある授業です。
10:39 | 投票する | 投票数(15)
12345

校長室からのお知らせ

校長室からのお知らせ[根記事一覧]

令和2年度から定期考査を年5回実施(0件)URL校長2019/04/12(3票)
教育方針・教育目標の見直し(0件)URLアップロードファイル校長2019/04/08(1票)
平成30年度終業式校長式辞(SDGs)について(0件)アップロードファイル校長2019/04/08(1票)
平成30年度前期後期区切り校長講話(0件)アップロードファイル校長2019/04/08(0票)
自転車通学状況のページ(0件)URL校長2019/04/08(0票)
西日本豪雨被災地支援募金活動(0件)URL校長2019/04/08(0票)

平成31年度学校経営方針

平成31年度の重点目標
~学校を拠点とし、すべての生徒・保護者・教職員・地域住民がつながり、より良い社会の構築を目指す~

項目

今 年 度 の 重 点 目 標

1 学習指導等

○すべての教科・領域において、基礎基本を重視するとともに、文章や情報を正確に読み解く活動を推進する。

○主体的・対話的で深い学びと教科横断的な探究活動を推進し、思考力・判断力・表現力を向上させる。

○学んだことの意義を実感できるような学習活動を充実させ、自学自習の確立に向けた支援を強化する。

2 生徒指導等

○他者を思いやる心と対話をとおして物事を解決する態度を育み、いじめをしない・させない・許さない学校づくりを推進する。

○生徒のセルフコントロール力向上を目指し、挨拶を敢行するとともに、全職員の共通理解に基づく生活指導を推進する。

3 校務分掌等

○個の力に頼らず、組織として校務にあたり、学校運営上の課題を解決する。

○高大接続改革や新学習指導要領に対応し、生徒のより高い進路実現を目指した校内体制を確立させる。

4 調整連携

○保護者や地域に対して、本校の教育活動を積極的かつ適切に発信するとともに、学校への意見を正しく傾聴・分析し、改善に努める。

○地域組織や異校種校との連携活動を推進する。

5 その他

○国や県の事業、ユネスコスクールとしての活動、組織的な国際交流活動等をとおして、特色ある教育活動を推進する。

○本校部活動方針に基づく適切な部活動運営や特別活動等を通じて、生徒の健やかな心身の育成を進める。

○ワークライフバランスを重視した労働時間の適正確保と健康管理の徹底に努める。

○コンプライアンス意識の向上と確かな危機管理対応を実現させる。

◆今年度の重点目標と校訓・教育目標・教育方針との関係は
 こちらをクリック → 310405_31学校経営方針.pdf
◆「社会力」については
 こちらをクリック → 校長室日誌_社会力について.pdf