千葉県立松戸高等学校NetCommonsHomePage
 

所在地

千葉県立
松戸高等学校


〒270-0025
千葉県松戸市
    中和倉590-1
TEL:047-341-1288
FAX:047-346-4002
newQRcode
 

オンライン状況

オンラインユーザー8人
ログインユーザー0人
登録ユーザー75人
COUNTER2229522

日誌

生物部
123
2019/12/25

2学期の活動報告

Tweet ThisSend to Facebook | by tashiro
2学期活動報告
生物部の活動を記録していたSDカードが壊れてしまいました。残念ながら、2学期の前半の活動の画像が掲載できません。(夏の活動から文化祭など主要な写真がありません)
11月からの報告です。

11月から、天然色素による「染色」を開始しました。まずは、簡単なタマネギの皮による染色です。


アルミ媒染と鉄媒染とを使い分けると、同じタマネギの染色液から、色合いの違う2色の作品が生まれます。初心者でも簡単に、染色できます。

次に、昨年の春に採取しておいた椿の花びらで染色してみました。
あざやかな赤い花びらだったので、赤みがもっと出ると思いきや、上手くいかず、アルミ媒染では木綿の布に定着せず、鉄媒染で灰色っぽく染まりました。天然染色の難しさを感じました。2学期後半から、主に染色に取り組むことになります。
17:03 | 投票する | 投票数(0) | 報告事項
2019/07/23

2019年度1学期の生物部の活動

Tweet ThisSend to Facebook | by tashiro
 まず、昨年度、3学期に生物部恒例の「味噌の仕込み」を行ったので、報告します。





 
 4月、新入部員が2名加わり、3年生の部員3名と5人体制で、スタートです。
 昨年度から取り組んでいる「紙すき(雑草から和紙)」を充実させ、文化祭の発表につなげたいと思います。しかし、それだけでは、マンネリになるので、楽しい企画を織り交ぜながら、松高生物部の伝統「魔女になりたい!」(魔法使いではありません。薬草を煎じたり自然のものから不思議な力を見いだす魔女です)の精神を大切に自然を楽しむ活動にしていきたいと思います。
 
 5月には野菜の苗を植えました。新入部員で世話をしている様子です。
 
 6月には、学校内のビワの収穫ができたので、ビワジャムを作りました。また、今年はじめて、校内の梅の木の梅の実を使って、梅干し作りにも挑戦しました。
 そして、ビワジャムを使って、「おいしいものを作ろう!」ということで、ビワ入り牛乳寒天とビワ入りゼリーを作りました。
 
 6月には、基本のテーマ、雑草から紙すきも、きちんと行いました。

 
 さて7月、期末試験も終了し、植えた野菜はどうなったかというと・・・・今年の日照時間の少なさで、あまりうまく育っていません。しかし、ピーマンだけは少し育ちました。まとめて10個ほど収穫できたので、カレーの食材に使うことにしました。   キーマカレーを作りました。 
12:19 | 投票する | 投票数(0) | 報告事項
2019/01/04

2018生物部、夏休みから2学期の活動報告

Tweet ThisSend to Facebook | by tashiro
 大変遅くなりましたが、夏休みから2学期の主な活動報告をします。

まずは、夏休み。主に文化祭の準備が中心でした。文化祭のおもてなしプレゼントグッズを作成する地道な作業の中に、活動に張り合いを持たせるための「お楽しみ」を報告します。
2018.7.31
 粉から「うどん打ち」を行いました。こしのあるうどんに仕上がりました。

09:48 | 投票する | 投票数(1) | 報告事項
2018/07/20

平成30年度 1学期後半の生物部

Tweet ThisSend to Facebook | by tashiro
6月26日(火)
 昨年度、失敗した「水ようかん」作りに再チャレンジ。水ようかんのを固めるための寒天は、テングサという海藻が原料となりますが、テングサは金額的にお高いので、最近の粉寒天や棒寒天は、オゴノリという海藻が代用品となっています。このような基本的なことも、生物部員は知りませんでした。
 昨年度は、塩漬けの桜花を浮かべる「桜水ようかん」で失敗したので、今年度はどうしようかと考えていました。ちょうど、ビワの季節、中庭にビワがたくさん実っていました。試しに収穫して、食べたら酸っぱい!ネットで調べたら、甘露煮にすると甘いし、日持ちすることがわかりました。収穫が大変なので、あきらめかけていたところ、音楽の先生が、休日に収穫したので皆さんどうぞ!という声かけをしていただいて、生物部にたくさんもらいました。早速、ビワを甘露煮にしました。さて、水ようかんに戻ります。水ようかんにビワの甘露煮を入れることを思いつき、やってみました!なかなか、よいものができました。昨年の桜の部分かたまらずの失敗からリベンジできました。

16:19 | 投票する | 投票数(0) | 報告事項
2018/06/07

2018年度1学期前半の生物部

Tweet ThisSend to Facebook | by tashiro
4月6日始業式
今年も八重桜の花を採取して、塩づけにしました。また、今年度も、桜もち作りをしたいと思います。
4月10日(火)
新入生に向けて、部活動説明会で生物部の説明をしました。新入生が入ることを期待していたけれど・・・・・・・???????
桜あんパンを作りました。生地を発酵させて、フライパンで焼きました。

4月17日(火)
今年度の文化祭の発表テーマの1つに、「紙すき」を取り入れることになりました。昨年度に採取しておいた、ススキを使って、紙作りを始めました。ススキをキッチンブリーチなどのアルカリ性の強い溶液につけておき、繊維を柔らかくします。作業をしながら、新入部員が来ることを心待ちにしていました。生徒会が主催して、部活スタンプラリーをやっていたにもかかわらず、1年生は、誰一人たずねてきませんでした。
4月24日(火)
ススキを用いた、紙づくりをしました。いよいよ、紙すきです。紙すきは、今回で3回目。以前に、稲わらを用いて、1回目を行い、和紙のようないい紙ができました。次は、クヌギの葉でできないか?とやってみたら、失敗しました。今回は、イネ科の植物「ススキ」、同じようにできるだろう、とたかをくくっていたら・・・・、繊維が思ったよりかたく、アルカリの濃度を高くしないと、うまくいかないということが分かりました。できたススキ紙は、こんなものです。

文化祭では、この紙を使って、何か作品を作りたいと思っています。同時に、日本の和紙について、いろいろ調べみようと思います。まずは、インターネットで。コンピュータ室へ活動の場を広げています。

5月8日(火)
野菜の苗をベランダのプランターに植えました。ナス・ゴーヤ・プチトマト・ピーマン・オクラ。収穫が楽しみ。水やり当番を決め、毎日世話をします。
この日は、久しぶりに「葛」から繊維を取る作業をしました。文化祭で昨年度から引き続き、葛も発表内容に盛り込みます。
紙すきの第4弾、セイバンモロコシという雑草をアルカリ液につけました。ススキより繊維がかたそうです。
新入部員を期待していたのに、1人も来ません。

5月29日(火)
中間テスト明け、最初の活動です。以前からやりたいと思った「よもぎもち」にチャレンジでしたが、よもぎの量が少なかった。もちろん、よもぎは校庭などで採取しました。また、おいしいと聞いたので、餅米をふかすところから「餅」を準備したので、時間がかかってしましました。できあがりは、今ひとつ納得がいかなかったが、おいしくいただきました。


16:49 | 投票する | 投票数(0)
123