千葉県立松戸高等学校NetCommonsHomePage
 

日誌


2020/01/31

2020年は異文化理解

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
1月7日(火)始業式
 始業式では毎年、今年の目標について話し、学校全体で取り組んでいます。昨年は表現力向上、一昨年は自主学習、その前は自己管理で、全ての先生が授業や特別活動等に取り入れて、成果を上げています。今年はオリンピックイヤーということもあり、これからは更に国際化が進むことから、「異文化理解」を今年の目標にしました。
 昨年11月18日(月)台湾の桃園市の先生方が芸術科の視察のため本校を訪問され、通訳を介していろいろな質問にお答えしましたが、最初に中国語で挨拶したことで打ち解けて話が弾みました。外国語に興味を持ち、異文化を理解するのは、これからの社会で外国の方と共生するために必要なことです。

09:47 | 投票する | 投票数(1)

『松風日記(校長室だより)』

                    
 本校は昨年度で,学校創立100周年,男女共学・専門学科「芸術科」設置16年が経過しました。
地域との連携を強化しつつ,芸術の薫りのする学校づくりを推進しております。           
                            
 この『松風日記(校長室だより)』は「松高」の日々の様子や生活の活動などをお伝えしながら,
校長としての考え,雑感などを載せております。本校の理解に役立てていただきたいと思います。
 令和2年度より、私が引き継ぎますので、どうぞよろしくお願いいたします。
       
                      千葉県立松戸高等学校長 秋本 行治


 
*少し(かなり)前に、生徒が描いてくれた私の肖像画です。