千葉県立松戸高等学校NetCommonsHomePage
 

日誌

芸術科の日々
12345
2019/08/21new

実技講習会終了

Tweet ThisSend to Facebook | by 彫刻B


24日間に渡る実技講習会も最終日を迎えました。
写真上は2年生のデッサン、下は1年生の油彩画です。
今週はこのほかに塑像に取り組んだ1年生も複数いました。

集中的に取り組むことでずいぶん上達が見られました。8月24日には学校説明会があります。芸術科ではデッサン講習会もありますので、作品見学もかねて来ていただければと思います。
15:44 | 投票する | 投票数(0)
2019/08/03

第②週目の講評会

Tweet ThisSend to Facebook | by 彫刻B
早くも夏季実技講習会も2週目が終わりました。




今週は1年生が平面構成、塑像、油彩。2年生はデッサンです。
平面構成、塑像、油彩、デッサン、それぞれ着実に力をつけてきています。
14:12 | 投票する | 投票数(3)
2019/07/29

夏季講習会(1年デッサン)

Tweet ThisSend to Facebook | by T11033
芸術科の夏季講習が始まっています。

先週の土曜日には一回目の講評会が行われました。
今回は1年生のデッサンの様子を紹介します。
1年生は主に木炭で石膏デッサンしています。
1週間をかけ、約30時間で仕上げたデッサンです。
時間が多くあったことで、いつも以上に充実した作品に仕上がりました。
1年生はだんだんとデッサンを描く習慣がついてきているので、今後は一枚一枚、課題や目標を持って取り組んでほしいと思っています。
木炭は中学までは扱ったことのない生徒がほとんどですが、入学して約3ヶ月の成長を感じます。



16:46 | 投票する | 投票数(6)
2019/07/25

流しそうめんでお疲れ様会

Tweet ThisSend to Facebook | by
 7月19日(金)の終業式のあと、2年生芸術科有志が企画した流しそうめん大会が行われました。
 校庭の裏庭から竹を切り出し、流し台やカップ、小皿などをつくるところからはじめ(もちろん難しい作業などは教員が指導や手伝いをしています)、家から具材を持ち寄ったり、手分けして買い出しに行ったりなど材料を調達し、また、1年生のHR中にお邪魔をして参加を呼びかけたり、当日の設営や調理なども生徒が自分達で考え自主的に準備してきました。
 前日まで雨つづきで天候が心配でしたが、当日のお昼頃はよく晴れてくれました。流し台の設営や調理などぬかりなく準備を整え、1年生も合流してとても賑やかな流しそうめん大会になりました。他学年の芸術科クラスとの交流も楽しみながら、美術漬けの毎日から少し解放(?)されたリラックスした様子で、笑顔あふれるお疲れ様会になりました。後片付けでは1年生も積極的に手伝ってくれました。
 元はといえば、東京藝大に学校見学に行った際に、学生が流しそうめん台を作っているのを見て自分達もやってみたくなり、始めてしまったらひっこみがつかなくなっただけなのですが、物事にはこういった勢いも大切です。「どうせやるならとことん良いモノにする」とか「始めたらしっかりやりきる」などの意識や姿勢は、美術の作品制作でも求められるものです。また、普段の美術の勉強ではどうしても個人作業が中心ですが、このようにみんなで協力して、一緒に何かをつくりあげることもとても大切で有意義な経験です。
 自分達で企画し、計画を立て、ぬかりなく実行し、後片付けまでしっかり責任を持って行うなど、いつの間にかたくましく成長している2年生の姿に、担任はついつい目を細めてしまいます。




09:58 | 投票する | 投票数(8)
2019/07/17

武蔵野美大見学

Tweet ThisSend to Facebook | by T11033

7月9日に芸術科1年生を中心に武蔵野美術大学へ美大見学に行ってきました。
キャンパスツアーでは油絵専攻と工芸工業デザイン学科のアトリエを見学させていただきました。
それぞれの研究室の方に実習室などを丁寧に案内していただき、生徒が卒業後の進路について考える大変よい機会となったと思います。
生徒の多くはキャンパスツアー終了後にも残って自主的に学内を散策させてもらうなど、意欲的に見学していました。



15:04 | 投票する | 投票数(5)
12345