千葉県立松戸高等学校NetCommonsHomePage
 

芸術科をめざすあなたへ


芸術科を目指すあなたへ


はじめに

松戸高校芸術科は、千葉県内の県立高校では唯一の美術・工芸の専門学科で、その教育目標は、「次世代の美術・工芸・デザイン界を担う人材の育成」です。美術や工芸、デザイン等について広く理解や関心を深め、美術の専門的な技能や教養を身につけたいと考える生徒、さらに美術大学等へ進学して専門性を高め、将来の美術・工芸・デザイン界での活躍を志す生徒のための学科です。

 

松戸高校芸術科の教育課程

 芸術科の授業は、普通科と共通の一般教科のほかに、週8~13時間の芸術科目の授業があります。1・2年次には油彩画、日本画、彫刻、ビジュアルデザイン、立体デザイン、クラフトデザインなど、様々な分野を幅広く学び、それぞれの分野への理解や関心を深めます。3年次には主専攻(週6時間)として「絵画」「ビジュアルデザイン」「立体」「映像」のうちからひとつを選択し、また副専攻(週3時間)として「絵画」「版画」「立体」「デザイン総合(平成31年度より)」のうちからひとつを選択します(副専攻「漫画・イラストレーション」は平成30年度をもって廃止)。そのほかにも2年次には美術史(週1時間)、3年次には美術概論(週1時間)を学習します。またすべての学年で「素描(デッサン)」の授業があります。松戸高校芸術科は、あらゆる造形活動の基礎となる素描の指導に特に力を入れています。

 

部活動(自主制作)

   芸術科の生徒は全員「美術部」に所属することになります。普通科の生徒も加入していますが、基本的には芸術科の活動の延長として自主制作に取り組みます。

平日は朝7:308:30、放課後は18:00までの時間、また土曜・祝日は9:0016:00が自主制作の時間です。

芸術科目の授業課題を放課後に続けることもできます。たとえばデッサン力をしっかりと身につけるためには、週2~3時間のデッサンの授業時間だけでは十分ではありません。そのため、特に1年生は基礎となるデッサンを自主制作で行います。デッサン以外の授業課題でも、作品をより充実したもの、完成度の高いものにするために、自主制作時間に継続することも少なくありません。2・3年生では、デッサンや授業課題だけでなく、各自で主体的に課題を設定・管理し、制作に取り組みます。このように、芸術科の活動において授業と部活動(自主制作)は密接につながっており、どちらもおろそかにすることができません。そのため他の部活動との兼部は難しいです。

自主制作が授業とは異なるのは、あくまで『自主性』に基づく活動であるということです。もちろん指導やアドバイスは丁寧に行いますが、やるかやらないかは自分で判断し、自分の責任で行います。強制的にやらされるのではなく、自分自身で課題意識を持ち積極的に取り組む『自主性』が求められます。3年間の高校生活でしっかりとした力と自信を身につけ、希望の進路を実現できるか否かはこの自主制作の取り組みによって決定されると言えます。


 

芸術科の1年

4月 

デッサン講習会・色彩講習会(1年生対象)

   入学後すぐにデッサンと色彩について、それぞれ講習会を行い、スムーズに授業を開始するための準備をします。

5月

風景画講習会(1年生対象)

   ゴールデンウイークの連休を使って、油彩画で学校内の風景画を制作します。

美術大学見学

5・7・1012月にそれぞれ美術大学見学を行います。1年生は武蔵野美術大学、多摩美術大学、東京造形大学、日本大学芸術学部を見学、2年生は女子美術大学、東京藝術大学を見学します。またこのほかに、夏休み期間中には東北芸術工科大学(山形県)のオープンキャンパスを見学します(希望者対象)。

    ■美術大学学科試験対策講座/河合塾(2・3年生対象)

      美術大学といえども、実技試験と同様に学科試験もとても重要になります。ここでは美術大学入試における学科試験の動向や対策について学びます。

   6月

松戸・東葛地区高校美術展

毎年、松戸市文化ホールで行われる美術展に出展します。1年生の風景画も毎年出展しています。搬入や作品設置、搬出等には生徒も参加し、展示会の動きやノウハウを学びます。

    ■大学入試説明会/すいどーばた美術学院(2・3年生対象)

      美術大学入試の仕組みや近年の動向、対策についてのガイダンス、講師による実技デモンストレーション、生徒作品講評、進路相談などを行います。

   7・8月

    ■夏期実技講習会

      夏休みにはデッサンおよび絵画系、彫刻系、デザイン系の実技講習会を行います。第1~3期の講習会のあと、デッサンコンクールと各部門別コンクールを行います。短い期間で多数の作品を制作し腕を磨きます。

   9月

    ■大学入試説明会/お茶の水美術学院(2年生対象)

      各分野別の入試傾向、対策等のガイダンス、生徒作品講評等を行います。

   10

    ■美術大学学科試験対策全国模擬試験(2・3年生対象)

   11

    ■進路ガイダンス/ふなばし美術学院(1年生対象)

      分野別の説明および美術大学の試験内容の違いなどについてガイダンスを行います。

    ■総合文化祭出展

      千葉県内の高校から部活動を中心に美術作品を集めた展示会です。ここでも搬入・搬出等の作業に生徒が補助として参加します。

    ■北松戸駅前クリスマスイルミネーション作成

北松戸駅前に12月に設置するクリスマスイルミネーションを制作します。1年生が担当します。


   12

    ■卒業制作展

      本校芸術科3年生の卒業制作作品展です。芸術科3年間の集大成といえる力の入った作品を展示します。生徒が主体的に搬入・展示・搬出作業を行います。

    ■冬期実技講習会

   1~3月

    ■美術大学・専門学校卒業制作展見学

1~3月にかけて行われる美術大学・専門学校の卒業制作展を見学します。見学するのは、東京藝術大学、武蔵野美術大学、多摩美術大学、東京造形大学、女子美術大学、日本大学芸術学部など関東の主要美術大学のほか、東北芸術工科大学、京都美術工芸大学などの地方大学、桑沢デザイン研究所など首都圏の美術系専門学校です。

   3月

    ■古美術研修旅行(1年生対象)

      京都・奈良を巡り、仏像や障壁画、庭園などの古美術に触れ学ぶ旅行です。

    ■松戸高校芸術科展

      芸術科1~3年生の1年間の活動の成果を発表する展示会を千葉県立美術館で行います。ここでは1・2年生の生徒が主体となって作品搬入や展示などを行います。

    ■ポートフォリオ講座/阿佐ヶ谷美術専門学校(2・3年生対象)

      AO入試や公募制推薦等で求められるポートフォリオ(作品集)の作り方やポイントなどを学びます。

 

このほかにも、実施時期は年度によって変わりますが、美術館見学や美術大学のワークショップ、アーティストやデザイナーの講演会など、様々な行事を企画・実施しています。

    

芸術科の進路指導

   松戸高校芸術科は芸術科独自の進路指導を行っています。美術大学見学や面談はもちろん、主要美術大学・専門学校によるワークショップや、アーティストによる講演会、大手美術予備校による進路ガイダンスなど、進路指導・キャリア教育を積極的に行い、生徒一人一人の進路実現をサポートしています。これまでも美術大学・専門学校に多くの卒業生を送り出しており、芸術科OBOGの美大生から大学生活の話を聞いたり、実技のアドバイスを受けたりすることもできます。

 

主な進学先

【国立大学】

東京藝術大学 金沢美術工芸大学 筑波大学 ほか 

【私立大学】

武蔵野美術大学 多摩美術大学 東京造形大学 女子美術大学 日本大学芸術学部 

東北芸術工科大学 ほか

【専門学校】

桑沢デザイン研究所 阿佐ヶ谷美術専門学校 東京ビジュアルアーツ専門学校 ほか 

 

おわりに

 松戸高校芸術科は、将来の美術界を担う人材を育成しています。専門学科で学ぶことに自覚と誇りを持てる生徒、真っ白な気持ちで何でも吸収しようとする意欲や好奇心のある生徒、地道な努力を惜しまず、苦手な事にもチャレンジできる生徒、自己に向き合い高めようとする向上心のある生徒、なにより本気で美術の道を目指し、美術の人として生きていくことを志す生徒の入学を心よりお待ちしています。