千葉県立松戸高等学校NetCommonsHomePage
 

校長挨拶

【校長挨拶】 

 千葉県立松戸高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本校は、大正8年(1919年)に開校し、昨年度に創立100周年の記念式典が盛大に挙行された、1世紀以上の長い歴史と伝統を持つ学校です。卒業生は25,000名を越え、各分野で活躍されています。伝統を引き継ぎつつ、新たなる発展を目指し、平成16年度(2004年)より「芸術科」を設置し、平成22年度(2010年)から「教科 演劇」がスタートしました。芸術文化の特色を持ちながら、さらなる進化と発展を続けています。

1 自主自律の精神を培う    3 明朗健康な心身を培う
2 敬愛信和の理念を培う    4 芸術文化の感性を培う

 以上4つの教育目標を掲げ、四季折々の花々が美しく咲き誇る抜群の教育環境の中、伸びやかで夢と活気あふれた芸術の薫りのする学校づくりを目指しています。

 情熱的な教職員のもとで、生徒は、学習活動に、部活動に、そして創作活動にと、明るく前向きに、充実した学校生活を送っています。

 皆さんの生きていく未来の社会には、過去の経験・知識だけでは太刀打ちできないような「まだ確定した答えが存在しない課題」が山積しているかも知れません。

 しかし、焦らず、透徹した芸術の感性で本質を見極め、それらの課題に、全く新しい解決策を見いだすことができる力を身につけられるでしょう。

 学校創立以来続く穏やかで落ち着いた校風は、まさにそのような環境を提供しており、私たちはそのことを誇りに思っています。皆様の御来校をお待ちしています。
              

     千葉県立松戸高等学校 第30代校長 秋本 行治

                  (令和2年4月1日着任)