千葉県立松戸高等学校NetCommonsHomePage
 

教科・演劇より

2015教科・演劇より
12345
2016/03/28

松高の演劇に感謝!

Tweet ThisSend to Facebook | by 俳優
    松高演劇科主任!卒業します!
                           
 私、見上裕昭(みかみひろあき)は、この3月31日をもちまして松戸高校の演劇科主任、松戸高校の演劇部顧問を卒業させていただきます。今後は、俳優・演出家・演劇指導者として幅広く活動して参ります。
 思い起こせば、俳優としての人生に挫折し、縁あって千葉県の教員として採用され、初任の多古高校で演劇部の顧問になって以来34年、「プロの俳優として通用する力をつけたい!そして、プロが教える演劇の授業を高校の現場で行いたい!」の想いですごして参りました。「夢は想えば叶うんだ!」私の尊敬する加山雄三さんの言葉ではありませんが、40代にチャンスがめぐってきました。千葉県の素晴らしい制度、長期研修制度を活用して、これも私の憧れの故つかこうへい氏の劇団で直接指導を受けるチャンスをいただいたのです。バブルの頃、つか先生は、「見上さん、行政は劇場とか、ハードばっかりつくって、ソフトを育ててないんだよね。俺はさぁ、ソフトを育てたいんだよね。プロの教育者の見上さんが、プロの役者、演出家になれば、あんた1人で演劇の授業ができるよね。」
 言葉どおり、つか先生には、沢山のチャンスをいただきました。SMAPの稲垣吾郎氏との共演から始まり、「僕らの愛した若大将~もう一度パッション!」では、作・演出家デビューもさせていただきました。そして、松戸高校で、国語のいち科目として始めた「演劇表現」の授業に多くの生徒が集まるようになり、現在は、「学校設定教科・演劇科」となり130名の生徒が履修しています。松高の先生方、保護者の皆さん、同窓会の皆さん、そして、なにより私の授業を選択し、生き生きとレッスンを受けてくれた教え子たちに大感謝です。本当に皆さん、ありがとうございました!今後は、公務員ではなくなりますので、しっかりと、プロの演劇人として精進して参ります。。そして、プロの道を歩き始めた教え子たちのバックアップをしていきたいと思います!
 なお、松戸高校では、外部非常勤講師として、数時間「演劇」の授業を担当させていただきます。演劇科主任は、阿部順が務めます。今後の、見上へのお問い合わせ、仕事の依頼等は、阿部にお問い合わせいただければ幸いです。
     
                    舞台「タンゴ冬の終わりに」

                   退職後、初の舞台は、
6月30日(木)~新宿紀伊國屋ホール
「晶子の乱~君死にたもうことなかれ!」
(作・演出:岡部耕大)

                     に出演いたします。
 
  最後の部活指導にプロの道を歩き始めた教え子が参加しました
 長い間、この日誌をお読み頂き、本当にありがとうございました!
また、どこかでお会いできる日を楽しみにしております。

                 (文責:見上)
00:02 | 投票する | 投票数(161)
2016/03/25

今年も松高演劇から文学座へ!

Tweet ThisSend to Facebook | by 俳優
   今年も松高演劇から文学座へ!
   
 昨年に続き、今年も松高の演劇から文学座へ、堤遥菜が進むことになりました。彼女は、松高入学前より、父親に連れられ,このHPでも取りあげた私が出演した「友よ!」を観劇に来たり、体験授業に参加したりと、正に松高の演劇を目指して入学してきました。
 一年次よりプロを目指したいとの希望があり、私もその才能を認め、そのつもりで厳しい指導をしてきました。途中迷いもありましたが、どうせ勝負するなら、頂点でと、文学座の入所試験を受け見事合格いたしました!松高の演劇から文学座に進んだ、根本、狩野、杉山は研究所を卒業しプロの道を歩き始めました。昨年入所した青柳幸歩は、研修科に進みました。役者として生きていくことは大変なことです。プロの道に進む手助けをした私にも大きな責任があります。しかし、みんな、私に「これは、お金を取れる!」という瞬間を見せてくれた生徒ばかりです。堤遥菜は、恐ろしいほど常識を超えた振幅のある役者です!私も共演すると食われるんじゃないかと鳥肌が立ちます。どうか、皆さんも今後を応援してやって下さい!    (文責:見上)

         
           若大将予告編でヒロインを演じる                                                    
  
      松戸市戦後70年記念事業「卒業」で風見と二枚看板で          
00:27 | 投票する | 投票数(48)
2016/03/07

松高演劇、連続高文連表彰!

Tweet ThisSend to Facebook | by 俳優
                   松高演劇、二年連続高文連表彰!
     

                 表彰状を手に笑顔
 
 昨年の本多千月香に続き、今年も本校の風見由希子が、千葉県高等学校文化連盟演劇専門部の表彰を受けました!この表彰は、千葉県の高校生の中で三年間の演劇活動が最も優れていた生徒に贈られるものです。
 風見は、松戸六中の二年生の時、本校演劇科一期生の卒業公演「ナナハン・ララバイ」を見て感激して、「松高で演劇をやるんだ!」と心に決めたそうです。取材に来ていたTVのインタビューに感動の気持ちを溢れるばかりの笑顔で答えていた彼女の所在を、私は思わず調べ、まだ二年生と聞いて、ちょっとがっかりしたことが懐かしく思いだされます。
 しかし、その後順調に本校に入学し、一年次より「サチとヒカリ」(小室先生指導)では、コケテイシュ な演技で関東大会進出の牽引力となりました。二年次より演劇部部長を務め「クレインズ」(小室先生指導)では全国大会出場を果たしました。コンクールは勿論、新入生歓迎公演の「バナナなナイト」(阿部先生指導)の謎の女でクールで一転お茶目になる魅力は、私の若大将のヒロインに抜擢の決め手となりました。
 三年次の、演技実習の授業においては、チームリーダーとして、メンバーのまとめ役を務めながら、「卒業」(見上指導)の老婆役では、観客の涙を誘い、「夢に向かって若大将~もう一度パッション!」(見上指導)のヒロインを格好良く魅力的に演じ、松高の演劇の堂々たる四番バッターに成長しました。勿論、学業成績はトップクラス。卒業式では、あの「卒業」のテーマにのせて、答辞を読みます。
 昨年の本多同様、各方面のプロからの誘いを断り、進学します。夢は、「教師になって松高の演劇の先生になること!」新聞記者のインタビューのハッキリと答えていた姿が、私には眩しくみえました。リーダーとしての場の裁きをみていると、しばしば私がやるより、うまくまわっている、と思うことがありました。
 私から、風見に最後に一言!

「役者としては俺のが上だが・・・教師としては君の方が優秀だ!」

   
                     一年、初レッスンの頃
   
                「卒業」の老婆
   
           「若大将」ヒロインとして久万若大将と
   
         「若大将」で闘争のリーダーとして君臨
   
                    (文責:見上)
                                                           
06:48 | 投票する | 投票数(49)
2016/02/08

演劇科、若大将、名場面Ⅱ

Tweet ThisSend to Facebook | by 俳優
            若大将、名場面Ⅱ!
 
                  罠にはまった若大将!

  今回、私、見上にとっても最後の卒業公演ということで、『見上の若大将シリーズ、第一弾』を上演した当時の、つかこうへい劇団時代の仲間を始め、多くの演劇関係者にご来場いただきました。演劇科の諸君の熱演は、プロの演劇人の心も揺さぶりました!次回の見上の若大将シリーズはプロの舞台で!卒業生たちよ!プロのステージで共演だ!! 
             

  
    アイム、ジャスト、ドリーマー     私は、40年後の加山雄三に期待します

 
                 軽いノリの若者たち

  
    月に代わって、おしおきョ!        40年前に想いを馳せる

   
     私を怒らせると、一曲歌うわよ!       望ちゃん、人間できすぎ!
 
       答えて下さい!私の理論展開は、間違っていませんね!

 
        海よ!俺の海よ!明日の望を、俺たちにくれるのだ!
                  (文責:見上)
12:24 | 投票する | 投票数(56)
2016/01/19

松高、若大将写真館Ⅱ

Tweet ThisSend to Facebook | by 俳優
     若大将!名場面!!
 
        時代に取り残される落ちぶれた若大将

 演劇部顧問の小室先生が、撮影してくださった名場面集をお届けします。上の現代若者のデモのなかで戸惑う「落ちぶれた若大将」(中央:見上)のシーンなど、印象的なシーンを見事にとらえていただきました。      (文責:見上)

   
                    謎の精神科

 
      アイドルグループ:プリンチャンズとエンジェル

 
                 青春の運動会

 
            感動のカーテンコール
          名場面Ⅱは、次回に!!
00:10 | 投票する | 投票数(50)
2016/01/13

若大将!写真館!

Tweet ThisSend to Facebook | by 俳優
      県松若大将!写真館!
 
                             70年安保闘争

 演劇部顧問の小室先生が『夢に向かって若大将~もう一度パッション』の役者のベストショットをとって下さいました!
   
     常磐線の若大将            ヒロイン由希子
   
           落ちぶれた若大将                    大人になったヒロイン
     
      エンジェルさやか                      新劇女優まちこ
        
           KYプロタレント教育部長              若大将のできすぎた妹
    
                               月組音響スタッフ
   
      謎の精神科医                  インテリ青森東大
   
      インチキ教祖小林                    危ない占い師
   
     大人の有香ママ               アングラの女王
   
    百恵ちゃんオタク                変な外人ナンシー
  
    ノリノリの田村先生          青春のバスケット部員

         次回は、名場面をUPいたします。
            (文責:見上)
00:05 | 投票する | 投票数(56)
2016/01/05

大盛況!若大将!

Tweet ThisSend to Facebook | by 俳優
     演劇科「若大将」に感動の拍手!
  
                           カーテンコール
 昨年の、演劇科最後の若大将に沢山のご来場ありがとうございました!4公演とも、温かいお客様に囲まれ、大成功に終わりました!高校生はもちろん、50代~70代の方々のご来場も多く、「感動した!」「笑って、最後は泣けた!」「先生、これからもいい芝居見せてよ!」と多くの方々から握手を求められました。私も思わず目がしらが熱くなりました。しかし、なんといっても嬉しかったのは、出演やスタッフの生徒を見て「先生、どうしたらこんないい子たちに育つのか教えてくれ!」の一言でした。これからも松高の演劇は、人間性を磨き続けます! 
          次回名場面集をUPいたします。
             (文責:見上)
00:30 | 投票する | 投票数(51)
2015/12/07

演劇科最後の若大将!

Tweet ThisSend to Facebook | by 俳優
      松高演劇科、最後の若大将!
  

                  昨年の「若大将」カーテンコール
 
戦後70年に、70年安保の青春が蘇る!!
 昨年、劇団文学座、劇団青年座、宝塚音楽学校に
進んだ卒業生も出演した名作!!

 本年の演劇科卒業公演として「見上の若大将シリーズ第6弾!夢に向かって若大将~もう一度パッション!」を上演いたします。例によって、一人一人に当て書きで役を作ります。見上の作品としての文学的価値などには目もくれず、ひたすら役者をカッコ良く、生き生きさせることを考えた、究極の学芸会です。

 とはいえ、今年の安保関連法案の強行採決も視野に入れ、70年安保闘争の渦のなかで若大将になりきれず狂人と化した、一人の男とヒロインの熱い青春を描く、心温まる感動の物語りです。平和劇「卒業」の上演に続き、本気で「平和」について、考えます。また、昨年、「戦後最低の投票率」を嘆いた私ですが、今年は、若者に大いに希望を感じています。今年は、若者の行動力に、夢を託したいとの想いも込めて新作を書きました。さらに、私も、正式の教員としての指導は、最後ですので年老いておちぶれた若大将の役で、ちょっとだけ出演します。本気で、役者として、生徒とぶつかります!

 安保の問題を扱っていますが、テーマは「夢は想えば叶うんだ!」加山さんの往年の大ヒット曲「海 その愛」「君といつまでも」から、ロックバンド、キングオールスターズとしての加山さんの新曲「Isimple,say」迄、盛りだくさんです。お楽しみに!!

 

        日時:12月21日()15時

              22日()15時

             23日()祝日 11時、15時

松戸高校演劇実習室(2F)

入場無料
 

00:01 | 投票する | 投票数(61)
2015/08/28

演劇科俳優体験教室!

Tweet ThisSend to Facebook | by 俳優
      君も一日俳優気分!
 
              肉体訓練、エアロビ(昨年の中学生)
 
 今年もやります!松高の俳優体験教室!中学生の皆さんに、松高の演劇の授業の解説をしながら、俳優としての肉体訓練や、「ブンナ木の上のテッペンレッスン」など基本的な演技レッスンを体験していただきます。卒業公演に上演を予定している
         「夢に向かって!若大将!」予告編もお見せします。
         一般の方々の見学も大歓迎です!
「演劇科体験授業」
日時:8月29日(土)
    10:30~12:00
講師:演劇科主任 見上裕昭
対象:中学生
見学:約100名可能(どなたでも)
体験希望者は、体操服・上履き・飲料水持参
問い合わせ:松戸高校演劇科
*中学生の一日体験入学の受け付けは、8:45~で演劇体験チッケットは先着順になります。見学は約100名まで可能です。9:20~の全大会終了後、体験授業になります。
 
         ブンナ木の上のテッペンレッスン(昨年)
                    (文責:見上)
00:07 | 投票する | 投票数(70)
2015/07/29

演劇科平和祈念公演!

Tweet ThisSend to Facebook | by 俳優
     演劇科に鳴り止まぬ拍手!
  
               芸術科製作の堂々たるセット
 7月26日(日)の、松戸市主催の市民会館での公演をもって、演劇科による本年度の「卒業」(作:谷崎淳子 脚色・演出:見上裕昭)の日程は、全て無事に終了いたしました。演劇実習室での3公演、市民会館での公演で延べ1100人を超えるお客様にご覧いただきました。お忙しい中ご来場いただき本当にありがとうございました。特に、市民会館のカーテンコールでの地響きのような拍手には、出演生徒たちも感動で震えが止まらなかったようです。松戸市の総務課の皆さん、市民会館のスタッフの皆さん、松戸高校芸術科の皆さん、松戸高校演劇部の皆さんと本当に一年がかりで準備した結果が、感動の拍手につながりました。皆様に大感謝です。演劇科の生徒たちは、今後の人生を生きていく上で、大きな自信を得たことと思います。
 なお、この企画は、多くのマスコミ関係に取材いただきましたが、
千葉TVで8月14日(金)21時~
「ニュースちば」でドキュメンタリーとして放映されます!

                                   是非ご覧ください。
また、本公演の、舞台写真は、近日中にUPいたします。
  
               本年度の友香とおばあちゃん
                     (文責:見上)
00:02 | 投票する | 投票数(86)
12345