〒270-0025 千葉県松戸市中和倉590-1 Tel/047-341-1288  Fax/047-346-4002
 

新着情報

 
教頭通信(31) タイとのオンライン交流会
パブリックスペース
09/26 12:52

松戸高校からのお知らせ(中学生のみなさんへ)

◎学校説明会(令和4年度実施)
 2学期以降の説明会の日程は次のとおり予定しています。
   10月29日(土)、11月26日(土)普通科説明会、芸術科デッサン講習会(予定)
 芸術科を志望する方は、芸術科よりのページもご覧ください
 
 →8月の説明会当日に上映した学校紹介ビデオは、入試情報・説明会等でもご覧いただけます。
 

松戸高校スクール・ポリシー

◎松高スクール・ポリシー
 本校の「育成を目指す資質・能力に関する方針」
    「教育課程の編成および実施に関する方針」
    「入学者の受け入れに関する方針」はこちらです。
 

日誌

松高日記
12345
2022/09/26new

教頭通信(31) タイとのオンライン交流会

Tweet ThisSend to Facebook | by 教頭
本校2年生が、タイの高校生とオンライン交流しました。
先方は、バンコクのサムットサーコーンプラナ校日本語学科の高校2年生。

Zoomを利用しての交流は、回線は県のBYOD回線、端末は生徒のスマホを使用しています。

前半はタイ→日本で、タイの生徒が本校生徒にタイ料理や観光地の紹介をしてくれました。
写真は、グループごとに生徒たちが交流している様子です。


後半は日本→タイで、学校紹介と、折り紙体験でした。
写真は、本校の生徒がタイの生徒に折り紙の風船の折り方をレクチャーしている様子です。画面の向こうでは、タイの生徒が両手で大きく丸を作って「折れたよ!」と伝えてくれています。


国際交流は、リアルに行き来しようとすると何重もの壁がありますが、オンラインはそれらを軽く乗り越えてしまいますね。大きな可能性を感じる取組です。
12:52 | 投票する | 投票数(3)
2022/09/22

教頭通信(30) 浴衣を制作

Tweet ThisSend to Facebook | by 教頭
3年生の選択科目「ファッション造形基礎」で、生徒たちが浴衣を制作しました。
今日はそれぞれが着付けをして記念撮影。


既製品を買って着るだけでは得られない、作る喜びや着る喜びが写真から伝わってきます。
17:13 | 投票する | 投票数(3)
2022/09/22

教頭通信(29) 地域との連携

Tweet ThisSend to Facebook | by 教頭
コロナ禍でしばらく途絶えていた《地域と学校の連携》が、少しずつ戻ってきています。


写真は、今週末25日(日)に行われる地域のイベントで、本校もほんの少し関わらせていただいています。

ほかにも、11月には、地元の町会の音楽祭に本校吹奏楽部の出演が決まっていたり、市が主催する駅前イベントにエントリーする部活動があったり、市内の商業施設から出演依頼を受ける部活動があったりと、松高生が地域の一員として活動に参加する場が戻ってきているのは、とても嬉しいことです。
16:32 | 投票する | 投票数(1)
2022/09/14

教頭通信(28) 日常が戻ってきました

Tweet ThisSend to Facebook | by 教頭

文化祭が終わり、日常が戻ってきました。

 

日常って、安定したリズムに戻って楽になる一方で、しんどい面もありますよね。

特に人生これからな高校生にとっては、非日常の時空では目を逸らしていられた、自分は何者であるか問題や、自分はどこへ向かうべきか問題など、考えても考えても解き終わらない問題に直面しなければなりませんから、しんどい。
他にも、自分は周りからどう評価されているんだ問題や、親は私のことを分かってくれているんだろうか問題などで疑心暗鬼になって身動きがとれなくなってしまうのも、高1生は初めての高1の秋を、高2生は初めての高2の秋を、高3生は初めての高3の秋を生きているんですもんね、ありますよ。誰もが未経験の一歩を踏み出し続けているのですから。

 

ということで、学校では本日から「面談週間」が始まりました。

授業を45分に短縮して、放課後、担任が生徒一人ひとりと面談をします。

松高生諸君は、ぜひ胸の中に溜まっているものを話してください。
すぐには解決しないかもしれないけれど、自分のことを知ってくれている人がいるって、とても心強いものです。

誰にも打ち明けずに一人で解決しようとするのも強さかもしれませんが、誰かの力を借りながら前に進んでいけるのも強さです。


保護者の皆様
行事の多いこの季節は、お子様の心が常に緊張にさらされている可能性があります。「どう?」と尋ねると「全然大丈夫」と答えるかもしれませんが、どうでしょうか。今の高校生は、コロナ禍で、行事経験値を十分に積んでこられなかった可能性もあります。いずれは一人で乗り越えさせなければなりませんし、手の貸しすぎは良くないのですが、ちょっとの支えがあるだけで目の前の壁を突き破れるかもしれません。共感してあげるだけでも結構です。お子様が小さな成功体験を積み重ねていけるよう、ご家庭それぞれのやり方で、支えてあげてください。


すみません、今日は写真はありません。


16:59 | 投票する | 投票数(4)
2022/09/13

合同写真展作品展示

Tweet ThisSend to Facebook | by シーバス

9月12日、千葉県内のほぼ全ての高校写真部が一堂に会し、千葉県立美術館で作品展示作業を行いました。

松戸高校の作品です。お時間ありましたら見て下さい。
18日の日曜日までです。
よろしくお願いします。
07:55 | 投票する | 投票数(5)
12345