入試情報

平成29年度における選抜・評価方法
前期選抜 後期選抜
 
 

アクセスカウンタ    2012.07.30~

トータル951170

携帯サイト


 
携帯・スマートフォンはこちら
 

お知らせ

ソフトボール部
 

日誌

新規日誌12
1234
2017/07/26

ソフト部夏合宿

| by sugawara
7月23日~26日まで、3泊4日で恒例の夏合宿を行いました。毎年、この時期に外房の一宮で合宿を行います。今年は、初日と2日目は小金高校と合同で行いました。

1日目
一宮に着いたのは10時半頃。本格的な練習は午後からです。この日は前日から一宮入りしている小金高校との合同練習を行いました。今年は人数が少なくて、普段ランナーをつけた練習ができないので、ランナー付きのケースノックを行いました。やはり実際にランナーがいると、普段できていないことがよくわかりました。
合同練習はグランドが使える時間までで、夕方からはこれも毎年恒例の砂浜練習。初日は砂浜30分間走です。これが合宿中一番のつらいメニューです。今年は初日の元気なうちにそれを行いました。夜は素振りと、ミーティングをして、初日は終了です。

2日目
朝6時半から砂浜でトレーニングです。この日はダッシュのメニューを行いました。宿に戻って朝食をとった後、8時半からグランドでの練習開始です。小金高校はこの日のお昼までなので、午前中に試合形式の練習を行いました。実戦メニューも普段は人数が少ないためにできない練習です。前日に続いて、ここでも実戦ならではのミスなどがたくさん出ました。
この2日間の小金高校との実践的な練習は、大変有意義でした。昨年は人数が多かったため、普段でも実戦練習ができたのですが、今年はこういうときでないと実践的なことができません。今後の課題がはっきりしてとてもよかったです。一緒に合宿を行ってくれた小金高校さんに感謝です。
午後からは、午前中の実戦の中から各自で課題を見つけて、個別メニューを行いました。実戦の中から自分で練習するべきことを考える。顧問から言われてやるのではなく、自分たちで考えるのが国分ソフト部です。この日の浜練は筋トレダッシュです。


 
   

3日目
この日の朝はラダーでのトレーニング。午前中グランドではペアになってノックをし、連続して決められた回数をノーミスでできるまで行う、「ペアノック」と呼んでいるメニューです。この日の目標回数は50回。残り10本までは自分たちでノックをし、最後の10本は顧問が行うことにしました。40回まではいくものの、残りの10本がみんななかなか終わりませんでした。このメニューは技術面より精神面のトレーニングの意味合いが大きいです。結局全員が終わるまで午前中いっぱいかかりました。一つのメニューを全員が終わるまで妥協なくやり抜くのも合宿ならではです。
午後からは、3人のピッチャーに投げてもらってシートバッティングを行いました。一人のピッチャーと2打席ずつ、計6打席ピッチャーのボールを打つことができました。これも普段はなかなかできないことです。午後はほぼこれで終わりました。
この日のグランドでのメニューは、午前、午後一つのメニューだけだったのですが、それをじっくりとやることができて大変有意義な一日でした。
最後の夜となる3日目は浜練はなしで、早めに夕食をとり、夜は砂浜で花火大会です。ここでも部員同士の親睦が深まりました。
 
  


4日目
いよいよ最終日です。天気予報では9時頃から雨の予報です。朝のトレーニングまではできたのですが、グランドで練習を始めたとたんに予報通りの大雨が降ってきて、結局はグランドでの練習はできませんでした。昼ご飯を食べている頃に雨は上がりました。予定では最終日はお昼ご飯を海の家で食べて、そのまま自由時間として海で遊びたい人は遊ぶ予定でしたが、天気が悪いために海では遊ばず早めに帰ることにしました。しかし、最終日を楽しみにつらい練習を頑張ってきたので、1時間くらいは砂浜で遊ぶ時間をとりました。13時半に宿を出て帰宅しました。

この4日間は、最終日は天候に恵まれませんでしたが、それ以外は過ごしやすい環境の中で、たいへん充実した練習をすることができました。普段はできないランナーをつけた練習や、一つのことにじっくり取り組んだことなどは合宿ならではでした。そして、これも合宿の目的の一つなのですが、部員同士の絆が深まったのも成果です。普段は学年が違うとあまりじっくり交流することはありませんが、夜の自由時間などは1,2年生一緒になって遊んでいたようです。それもとても大事なことだと考えています。この合宿で得たものをこれからの練習につなげて行ければと考えています。

 

国分ソフト部は顧問と生徒が一緒に考えるチームです。練習はしっかりやりますが、その分楽しみもたくさんあります。高校でしっかりと楽しくソフトボールがしたい人にはおすすめのチームです。中学生の方で国分ソフト部に興味のある方はぜひ一度見学に来てください。部員数は2年生10名、1年生3名の計13名で活動しています。(うちマネージャー1名)

【夏休みの予定】
学校での通常練習(8:30~12:00)
 7月29,31日、8月3,4,9,10,16,18,22,25日
練習試合(すべて本校にて)
 7月30日(幕張総合、柏中央)
 8月2日(千葉北、千葉商業)
 8月17日(市立船橋、野田中央)
 8月24日(日大習志野、千葉西)
その他の大会等
 8月5,6,7日(宍倉大会)詳細は千葉県高体連ソフトボール専門部HPをご覧ください
 8月11日(研修大会)蘇我運動公園 市立船橋、幕張総合、千葉北、千葉西、千葉商、柏井、八千代
 8月19日、21日(北部大会) 19日は和洋国府台高校 国分グランド
18:27
2017/06/11

ソフト部総体県大会 2回戦

| by sugawara
昨日に引き続き、県大会2回戦が行われました。相手はBシードの千葉黎明高校です。

国分 0000000  0
黎明 000201×  3

前半3回までは投手戦でお互いにランナーは出すものの2塁を踏ませない互角の展開でした。4回の裏にエラーで先頭打者を出してしまい、そこで試合が動いてしまいました。それまで、バントヒット2本だけに押さえていて、外野へ飛ぶヒットを打たれていなかったのですが、エラー、盗塁から初めての外野へのヒットで先制点を許します。さらに内野ゴロの間に1点が入り、2点を先制されてしまいました。6回にもエラーがらみで致命的な1点を奪われます。攻撃面では単発でヒットは出るものの後が続かず、結局4安打に押さえられてしまいました。

3回まではうちの試合でしたが、結局はエラーからの失点と、散発4安打の完封負けです。やはり県ベスト4のチームは強かったです。


3年生にとっては最後の試合となりました。怪我をしてずっと試合に出られなかった人も、最後にわずかの時間ではありましたが、グランドに立つことができました。最後の試合に3年生全員が出られたことが、なによりのことだと思います。

今日の試合だけを取り上げれば悔いは残りますが、それでも今日は3年間の1日に過ぎません。3年生は3年間、本当に頭が下がるほど一生懸命に部活に取り組みました。犠牲にしたものもたくさんあったと思います。怪我もたくさんしました。それでも、自主練習はほぼ毎日がんばりました。経験者と初心者が半々ですが、誰が経験者で誰が初心者かわからないくらい大きく成長しました。

そして、仲間を信じること、周囲に気を配ること、あいさつ、返事、あきらめない気持ち、全力で何かに取り組むことの楽しさ、そういった人生で大事なもの11人全員がソフトボール部での活動を通して学んだことは間違いありません。自慢の11人に成長しました。引退してしまうのはとても寂しいですが、これからはこの頑張りを進路実現に向けて頑張ってもらいたいと思います。

 

 

 

 

 
20:28
2017/06/10

ソフト部総体県大会 1回戦

| by sugawara
6月10日に3年生の最後の大会である、総体県大会の1回戦が行われました。

1回戦 対国府台女子学院 3-2勝利
 国分 0020100  3
 国女 0000200  2

初戦は同地区のライバル国府台女子との戦い。国府台女子とはこの春3回目の勝負です。4月の熊谷カップ、同じく4月の地区予選と2度敗れている相手です。しかし、この2度ともレギュラーにけが人がいたためで、ベストメンバーで戦う今回は、今までの借りを返したいとチーム一丸で戦いました。
立ち上がりはお互いにランナーは出すものの、我慢の展開でした。こちらの守備では3回までの9つのアウトのうち8つをセカンドゴロとフライで、セカンドが大活躍でした。

3回に1アウトから1番がヒットで出塁し、それをバントで送って2アウト2塁から3番、4番の連続タイムリーヒットで2点を先制します。クリーンアップらしい勝負強いバッティングを見せてくれました。

5回には全く同じように1番がヒットで出塁し、それをバントで送り(結果は内野安打)再び3番のタイムリーヒットで3点目を奪います。守備では毎回のようにランナーを出すものの堅い守りで失点を防いでいました。
しかし、5回の裏2アウトランナーなしから連打と2死球で2点を返されます。そして、6回、7回も1アウト2,3塁と一打同点や逆転のピンチを連続で招きますが、ここでも守備がしっかりと守って失点を許しませんでした。

最後の大会で最大のライバルである国府台女子にやっとの思いで勝つことができました。力は互角でどちらが勝ってもおかしくなかったと思います。この試合では試合に出ていない人も含めてベンチ全員の力で勝った試合です。1年間の集大成にふさわしい試合でした。

明日はBシードの千葉黎明との戦いです。この勢いでドラマを生み出したいと思います。本日は保護者を始め、OGや3年生のクラスの友人まで応援に来てくれました。その力も大きかったと思います。ありがとうございました。

 

 

 
 


20:28
2017/05/14

ソフト部 総体地区予選の結果

| by sugawara
5月12日(金)、14日(日)と3年生の最後の大会である総体の、第10地区予選会が行われました。10地区7校のうち、関東地区予選を勝ち抜いた国府台女子学院と市川南高校は予選免除。残りの5校で2つの枠を争いました。5校の総当たりリーグ戦です。

第1試合 対東京学館浦安 5-3勝利
 国 3020000   5
 学 0003000   3
初戦は、今大会一番の難敵である東京学館浦安高校との大一番でした。初回に3点、3回に2点を先制するものの、4回の裏にエラーから3点を返されます。さらにピンチが続きましたが、先発の3年生の左のエースから、この回リリーフした3年生の右のエースが後続を断ち、ピンチを切り抜けます。追加点のチャンスを毎回のように作りながらも、スクイズの失敗などでなかなか追加点が奪えない苦しい展開が続きます。ピッチャーの継続で逃げ切りを図りますが、6回に2アウト2,3塁と一打同点のピンチを迎えてしまいました。ここで、先発の3年生の左のエースが再登板し、このピンチを切り抜けます。そして、そのまま逃げ切り、苦しい初戦をものにすることができました。

第2試合 対和洋国府台女子 8-2勝利 
 和   0121130  8
 国   0000020  2
この試合は2年生バッテリーが先発。安定したピッチングで5回まで0点に抑え、攻撃でも毎回のように得点を重ねます。6回に8点差がついたところで1年生に経験を積ませたため、コールドゲームとはなりませんでしたが、終わってみれば大差で勝利することができました。

第3試合 対市川東 10-0(3回コールド勝利)
 東 000 0
 国 82× 10
この試合に勝てば県大会出場決定という大事な試合。初回にヒットと盗塁2つで2アウト3塁のピンチを招きますが、これを切り抜けます。すると、その裏相手のミスも絡みましたが、一気に打者14人の猛攻で8点を奪います。2回にも2点を奪い、投げては左のエースがヒット2本に抑え、危なげなく3回コールドで勝利することができました。これで、県大会の出場が決まりました。

第4試合 対市川昴 7-0(5回コールド勝利)

 昴 00000 0
 国 1123× 7
最終戦は県大会出場が決まっていたために、メンバーをほぼ全員変えて1,2年生中心で戦いました。3年生がいない分、やはり攻撃には迫力を欠きましたが、それでも毎回得点で4回までに7点を奪いました。投げては昨日の2戦目に引き続き2年生バッテリーでしたが、たいへん調子がよく、5回までに6奪三振、ヒット1本(ダブルプレーがあったため残塁0)と完ぺきに抑えました。

以上のように、2日間で4戦全勝で総体県大会出場を決め、関東地区予選の雪辱を果たすことができました。まだまだ、ミスも多く、課題はたくさんありますが、4月には6人いたけが人も戻ってきており、試験明けからはベストメンバーで戦えそうです。6月の総体県予選に向けて、3年生は残りわずかですが、応援よろしくお願いします。

 

 

 
16:02
2017/04/03

ソフト部 熊谷カップ

| by sugawara
4月1日、2日に行われた、第3回熊谷カップに千葉県代表として出場しました。この大会は、関東地方の8都県から各県のベスト8レベルの学校が出場する大きな大会です。千葉県からは、本校と国府台女子学院の2校が代表校として推薦されました。

4月1日(土)
前日から降り続いた雨が朝になっても上がらず実施が心配されましたが、試合開始時刻を遅らせて実施となりました。初日は4校による予選トーナメントで、本校の初戦は埼玉県代表伊奈学園総合高校です。
試合開始が遅れた影響で、試合前のフィールディングなしの80分ゲームで行われました。試合前のノックは試合のルーティーンとして必ずやるものなのですが、初めてのグランドで、しかもグランド状態が悪い中をノックなしで試合が始まったことが少なからず影響して、1回表の立ち上がりに5点を奪われ、試合の指導権を完全に握られてしまいました。その後、4点は返したものの、6回表の途中で時間切れ。初戦は4-6で敗れました。
 伊奈 51000  6
 国分 02002  4

第二試合は、同じく埼玉県代表の春日部女子との試合です。1回に2アウトランナーなしから、ヒット、盗塁、タイムリーできれいに1点先制しました。2回も四球からヒットやスクイズなどがしっかりと決まって一気に5点を奪い、6-0となりました。しかし、その裏2本のホームランなどで5点を一気に返され、1点差まで追い上げられます。しかし、その後3回以降は一人のランナーも許さずに逃げ切り、初日の予選トーナメントは3位で2日目を迎えることとなりました。
 国分 150001  7
 春日 050000  5

4月2日(日)
ようやく雨も上がり、朝から気持ちいい青空の中、2日目の3位トーナメントに臨みます。抽選の結果1回戦はシード、2回戦からの戦いとなりました。対戦相手は1回戦に日体桜華(東京)を延長タイブレーカーの末倒して勝ち上がってきた川口北(埼玉)です。公立高ながら私立の強豪校を倒しただけにしっかりとしたソフトボールしてくるチームでした。
2回に3点、3回に2点を奪い、試合前半で5-0と主導権を握ると、守っては二人の投手リレーでヒット2本に抑え、快勝しました。
 国分 0320100  6
 川口 0000000  0

3位トーナメントの決勝は、同じ千葉県代表、しかも、同じ市内の国府台女子学院との対戦となりました。お互いに相手を知り尽くした者同士の戦いで、しかも、20日後には公式戦でも戦う相手とあり、やりにくい相手でした。ということもあってか、相手はエースを温存し経験の少ない投手を先発に起用してきました。その立ち上がりを攻めて、初回に1アウト満塁を作ったのですが、ここで1本出ずに0点に終わり、完全に相手に流れが行ってしまいました。毎回のように失点を重ねて、終わってみれば3-7の完敗でした。結果、3位トーナメント準優勝に終わりました。
 国分 001020  3
 国女 14101×  7

結果そのものは残念な結果に終わりましたが、関東レベルの大会に出られて、他県の学校と戦ったことは大きな経験となりました。公式戦はこれからなので、県大会出場と上位進出を目指して頑張ります。

 

 

 

 
17:30
2017/01/16

ソフト部 葛飾ウィンターカップⅠ

| by sugawara
1月15日(日)に葛飾商業高校で「第1回葛飾ウィンターカップⅠ」が行われました。東京都から6校、千葉県から2校参加の計8校でトーナメント戦が行われました。

1回戦 対都立新宿高校 6-0 勝利
2回戦 対駒澤大学高校 8-3 勝利
決勝戦 対日体荏原高校 6-3 勝利 →優勝

 

 

 
 

 
13:45
2016/12/27

ソフト部 市川ウィンターカップ

| by sugawara
12月23日に本校で第1回市川ウィンターカップが開催されました。参加校は、市川南、市立船橋、柏井、国府台女子学院、幕張総合、八千代松陰、都立江戸川、国分の8校です。いずれも、県大会ベスト16レベル以上の学校です。

1回戦 国分11-2市立船橋(5回コールド)
 国 31160  11
 船 02000   2
初回からバッティングが好調で、14安打11得点で快勝しました。

2回戦 国分8-0国府台女子(5回コールド)
 国 10304  8
 女 00000  0
同じ地区のライバルとの対戦は、キャプテンの2本のホームランが飛び出し、他のバッターもそれに続いて計10安打で、初戦に続いて打ち勝ちました。守りでも被安打2で危なげない勝利でした

決勝戦 国分5-6柏井 (延長7回タイブレーカー)
 国 1100300  5
 柏 0004101  6
決勝戦は、県ベスト8の柏井との対決です。初回にキャプテンのこの日3本目のホームランで先制し、2回にも追加点をあげました。しかし、4回裏に連打で逆転されますが、5回表、再び3点を奪い再逆転。その裏に同点に追いつかれるなど、手に汗握るシーソーゲームが展開されました。6回が終わり5-5のところで時間切れ。1イニングだけの延長タイブレーカーに入ります。7回の表に1アウト3塁から得点できず、その裏に1点を奪われサヨナラ負けを喫しました。

親善大会とはいえ、決勝戦で延長タイブレーカーという経験をしたのは大きな経験でした。最後に優勝できなかったのは残念でしたが、これも今後の成長の糧としていきます。

 
 
 
 
15:24
2016/11/28

ソフト部北部大会結果

| by sugawara
夏休みに行われる予定だった第71回北部地区高校女子ソフトボール大会の2日目が、雨天で延期され、11月27日に行われました。
(参加校:柏中央、市川昴、流山・松戸向陽・松戸国際・聖徳合同、市川東、小金、国分、船橋東、船橋北、野田中央、船橋芝山、鎌ヶ谷、和洋国府台、松戸六実、市川南)

8月の1日目の結果は以下の通りです。
1回戦 国分7―3船橋東
2回戦 国分9-3小金  → 1位トーナメントへ

2日目は予選リーグ1位の柏中央、国分、野田中央、市川南でのトーナメント戦です。(70分時間制)
 
準決勝
 国分 05100  6
 柏中 20000  2

初回に先制されましたが、2回に集中打で5点を奪い逆転。2回から登板した2番手投手が2回以降はヒット1本に抑え逃げ切りました。

決勝
 国分 20202  6
 野田 11100  3  優勝

打線は345番の活躍でチャンスにきちんと得点を重ねました。守りは1~3回は不安定で毎回失点しました粘り強く最少失点で抑えることができました。

前回の大会は優勝を逃しましたが、3大会ぶりの優勝です。

 

  
09:28
2016/11/16

新人戦県大会の結果

| by sugawara
11月12日、13日と県大会が行われました。結果はベスト16でした。

2回戦 (対東金商業)
 国分  5405 14
 東金商 0001 1 (4回コールド)

3回戦 (対木更津総合)
 国分 00000 0
 木総 4311× 9 (5回コールド)


前大会準優勝のAシード木更津総合との試合は完敗でした。初回からミスが出て、攻撃でもヒット1本に抑えられました。全国でもトップクラスのチームとの対戦は全く歯が立ちませんでしたが、多くのものを学ぶことができました。今回もベスト8の壁は敗れませんでしたが、この敗戦をきっかけに変わっていきたいと願っています。  
12:54
2016/10/03

ソフト部新人戦地区予選結果

| by sugawara
10月2日(日)に新人戦の地区予選会が行われ、地区1位で県大会の出場を決めました。

Aリーグ(国分、市川昴、東京学館浦安の3校でのリーグ戦)
【第1試合】
昴  000 0
国分 46× 10 (3回コールド)

初戦の市川昴との試合は、公式戦の堅さが多少あったものの、途中からは1年生も全員出場して、全員の力で勝利を収めました。

【第2試合】
学館 200000 2
国分 212031 9 (6回コールド)

初回は相手のペースに飲まれて、ミスがらみで2点をとられましたが、その裏すぐに2アウトランナーなしから追いつき、その後は毎回ランナーを許しますが、しっかり守れて0点に抑えることができました。攻撃ではほぼ毎回得点を重ねて、6回コールドで県大会の出場を決めることができました。

地区予選という目の前の目標を一つクリアして、これからが本当の戦いです。県大会ではなかなか破れないベスト8の壁を破れるように頑張ります。

 

 

 

 

 
 
10月11月の練習予定です。県大会までは週末はすべて練習試合ですが、見学等はいつでも受け付けています。

108日(土)練習試合(千葉黎明)

109日(日)練習試合(本校にて)千葉東、鎌ヶ谷

1010日(月)練習試合(葛飾商業)

1015,16日 試験前オフ

1022日(土)練習試合(幕張総合)

1023日(日)練習試合(市立船橋)

1029日(土)2年生修学旅行、1年生のみ練習

1030日(日)練習試合(本校にて)柏井

113日(木)練習試合(東海大市原望洋)

115日(土)練習試合(本校)越谷北、船橋北

116日(日)練習試合(国府台女子)

11月11,1213日  新人戦県大会

1119日(土)学校にて練習(8301300

1120日(日)オフ

1123日(水)練習試合(市川東、市川昴)

1126日(土)学校にて練習(8301300

1127日(日)北部大会


07:19
1234