入試情報

平成31年度における選抜・評価方法
前期選抜.pdf        後期選抜.pdf
 

夏の一日体験入学&秋の学校説明会

7月26日(金) 一日体験入学
午前の部 市川市内中学校 
    10:00~12:00(受付9:30~)
午後の部 市川市外中学校
    13:30~15:30(受付13:00~)
 終了しました。
   ありがとうございました。
 当日の様子

10月5日(土) 学校説明会
※ 事前申し込み不要
   
 
 

今月の訪問者 2019年8月

2019.08.01~13138

携帯サイト


 
携帯・スマートフォンはこちら
 

お知らせ

化学部
 

日誌

新規日誌26 >> 記事詳細

2012/11/02

化学部 反応の速さ

| by T.T

2012年10月26日

 この日の化学部は反応速度の実験をしました。

 チオ硫酸ナトリウム水溶液に塩酸を加えると、透明な液がしだいに白くにごります。このチオ硫酸ナトリウムの濃度を変えることで、白くにごるまでの時間がどのように変化するのか調べる実験です。(ちなみ私は詳しくは知りません)

 濃度は0.04M、0.08M、0.12M、0.16M、0.20Mのものを用意しました。(数値が大きいほど濃いってことです。単位は気にしないでください。私も詳しくはわかりません)今回は0.04Mのものと0.20Mのものの実験結果をここに載せていきます。

 
 まずは実験を始める前の画像↓

 この三角フラスコの中にチオ硫酸ナトリウム水溶液が入っています。底に見える×印はどのくらい白くにごったかの目印です。

 では、0.04Mのものの完全に白くにごったときの画像↓

 右にあるストップウォッチはこの状態になるまでの時間を表しています。105秒かかりました。
 濃度が薄いため、こんなにも時間がかかりました。

 次に、0.20Mものの完全に白くにごったときの画像↓

 今度は濃度が濃いため20秒と結構早かったです。

 白くにごった後の液体は、ヨーグルトのような色をしてますね。


 
 ちなみに、実験後、硫黄のにおいが漂いました。


15:58