校長挨拶

  国分高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

今年度、千葉県立国分高等学校第20代校長として着任しました 川嶋 篤です。

よろしくお願いいたします。

 

 本校は昭和39年、東京オリンピックの年に地域社会の高等学校新設の強い要望に応え、市川市では2番目となる全日制普通科高校として、緑豊かな市川市稲越の地に開校しました。本年で開校57年目を迎えます。

 開校以来、「自主自律」の校訓のもと、バランスの取れた人間育成を目指した教育活動に職員、生徒一体となって取り組んでいます。

 国分高校の生徒は、日々の学習活動、学校行事、部活動、生徒会活動にとても意欲的で充実した学校生活を送っています。進路では、大学・短大等を目指す生徒が多く、令和元年度卒業生の進路決定率は93%を超えています。

 落ち着いた生活態度と何事にも前向きな真摯な態度は、地域社会をはじめとした県民の皆さまからの評価も高く、校長として誇りに思います。また、2012年より、ユネスコ・スクールに加盟し、生徒一人ひとりの「心の中に平和の砦」を構築することを目指しています。

 

本校への進学を希望する皆さん、国分高校は皆さんの期待に十分応えられる高校です。

 地域の皆さま、保護者の皆さま、そして同窓生の皆さま、今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。

                                                           

 

校長日誌

校長日誌 >> 記事詳細

2019/09/10

台風15号関連

| by Y.T
 台風15号が千葉県を通過し,その被害は想像以上に大きく,千葉市,君津市,市原市等,県内各地で停電が続いています。被災された方々には心からお見舞い申し上げます。
 私は前日の8日に休校措置をとりました。文化祭準備の最中でしたが生徒諸君は冷静に受け止めてくれたようです。

 9月9日の午前8時,出勤しようと市川駅に寄りましたが,人で溢れていました。また,国分高校行きのバスを待ちましたが全く動きません。結局1時間30分ほど待ちましたが,バスが来ないので,徒歩で出勤することにしました。

 真間川の水位はそれほど高くありませんでした。須和田公園周辺は枝が折れ,葉や果実が散乱しておりました。国分川調整池の水位はかなり高くなっておりました。
 国分高校では,高さ20mはある校庭の巨木が倒れ,生徒棟のエアコンの室外機を直撃。幸い,室外機の周りの柵は曲がったものの,本体には影響は無かったようです。
 そのほか,中庭の藤棚2つが倒れ,テニスコート横の柳の太い枝が折れました。
 人的な被害が無くほっとしています。今後,県に相談し復旧してまいります。
12:51 | 投票する | 投票数(13)