入試情報

平成31年度における選抜・評価方法
前期選抜.pdf        後期選抜.pdf
 

夏の学校説明会&体験入学

7月27日(金) 体験入学
終了しました

学校説明会 : 10月6日(土)
  申し込み不要です
    学校説明会~本日の日程~.pdf
終了しました
 
 

今月の訪問者 2019年03月

2019.03.01~14675

携帯サイト


 
携帯・スマートフォンはこちら
 

校長挨拶

本校は創立から55年を数える伝統校です。

 校歌の1番にあるとおり,開校してしばらくは梨畑や田んぼが広がる地域にありました。白い花の咲く梨畑,国府台に沈む美しい夕日,田んぼにはひばりが舞い,冬には白鷺が何羽も降りて遊んでいる・・・,そんなのどかな風景が広がっておりました。今でも,隣接する地域には梨香台という名が残されています。

 そんな自然豊かな環境の中,生徒は自由な校風のもと,自ら夢をもって生き生きと高校生活を送り,自立した社会人となるための基礎を身につけています。校訓は「自主自律」。この言葉に象徴されるように生徒は伸び伸びと,勉強はもちろんのこと,部活動や学校行事に積極的に取り組んでいます。

 進路においては,大学・短大等の現役決定率は90%となっており,県下有数の成果を上げています。

 生徒一人ひとりを大切にする教育は生徒の安心感を生み,明るく笑顔で過ごせる学校です。国分高校は安心・安全で充実した学校生活を送ることができます。まさに本校生徒は,ユネスコ・スクール加盟校として「心の中に平和の砦」を体現しているといえましょう。

是非,本校の生徒を見てください。彼らは私の誇りです。

  本校への進学を希望する皆さん,国分高校はその期待に十分

応えられる学校です。 

 結びに地域の皆さま,保護者の皆さま,同窓生の皆さま,
今後ともご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 (似顔絵は漫画研究部の生徒が描いてくれました)

 
                                                                      千葉県立国分高等学校長 髙野 義幸

 

校長日誌

校長日誌 >> 記事詳細

2019/01/07

3学期開始

| by Y.T
 3学期が始まりました。皆元気に登校してくれ嬉しい限りです。
 式辞を掲載します。

 明けましておめでとうございます。
 穏やかで清々しい新年を迎えることができました。
 この一年を皆さんとともに充実した良い年となるよう頑張っていきたいと思います。
 特に3年生は間もなくセンター試験。これまで努力したことが発揮されるように祈っています。無理をして風邪をひかぬよう体調を整えてください。
(中略)
 昨年の暮れに天皇陛下が85歳の誕生日を迎えるにあたり,記者会見をされました。即位してからの30年を振り返り,時に声を震わせながらのご様子に心を打たれました。
 というのも,これまで高齢にもかかわらず被災地を訪れ,現地の方々を励まされる姿がとても印象的だったからです。85歳というと皆さんのおじいさん,おばあさんよりも上なんじゃないかな?
 そんな陛下の行動の原点は何であったのか。
 歴史ヒストリアというEテレでそのカギとなることが紹介されていました。「天皇の教師『小泉信三』」という番組です。
 小泉さんは象徴天皇の在り方を当時の皇太子(今の天皇陛下)とともに考えながら講義をしたそうです。彼は「天皇は『日本の人々の心の拠り所』として尊敬されるべき存在にならなければ,我が国が滅びてしまう」と危機感を覚え,皇太子に「人の苦しみに思いを馳せること」の大切さを語りました。
 平成天皇になられてからは多くの被災地に出向き,被災者を元気づけられました。日本で唯一の地上戦を経験した沖縄には皇太子時代を含め,11回に及びます。沖縄では火炎瓶を投げつけられるということもありましたが,その後も訪問は継続されています。天皇の戦争責任を誰よりも感じておられたのかもしれません。

 人間の心は目には見えません。しかし行動によってその人の思いはわかります。
 私は陛下の足もとにも及びませんが,人の苦しみに思いを馳せることのできる人間になっていきたいと思いました。
 これからも皆さんの様子を見ながら,また話を聞きながら,皆さんの成長のために校長として何ができるかを考えます。教室にお邪魔した際は宜しくお願いします。

 ともあれ,これからも明るく元気で楽しい学校にしていきましょう。
 本年もよろしくお願いします。

   

11:53 | 投票する | 投票数(8)