入試情報

平成30年度における選抜・評価方法
前期選抜       後期選抜
 
 

アクセスカウンタ    2017.10.07~

トータル28769

携帯サイト


 
携帯・スマートフォンはこちら
 

お知らせ

ソフトボール部
 

日誌

新規日誌12 >> 記事詳細

2017/11/10

ソフト部新人戦 県大会結果

| by sugawara
11月10日に稲毛海浜公園にて、新人戦県大会の第1回戦が行われました。対戦相手は、春の県総体ベスト4、Bシードの千葉黎明高校です。奇しくも、3年生の最後の大会で最後に負けた相手に、同じ会場、同じベンチで再度戦うこととなりました。

国分 00000000  0
黎明 1000000×  1


初回、2アウトから3番、4番の連打で1,3塁のチャンスを作ります。2アウトなので打つしかない場面でしたが、後続が断たれ最大のチャンスを逃してしまいます。
その裏、ヒットをつながれ2アウト満塁のピンチを招きます。ここで、6番バッターの初球に痛恨のデッドボール。内角攻めを徹底することが作戦だったので、ピッチャーを責めることはできません。甘いボールを見逃さないのが強豪校なので、厳しく攻めた結果のデッドボールはやむを得ませんでした。しかし、結果的に失点はこの1点だけでした。

黎明のピッチャーとは春に対戦しているので、球が速いことは織り込み済みでした。そのための練習もしてきたのですが、なかなか打てません。それでも、2回、4回、6回、7回とほぼ毎回のようにランナーは出しましたが、連打が出ませんでした。特に、最終回は0アウトから同点のランナーが出塁したのですが、球が速くて送りバントもできませんでした。ここも試合の分かれ目でした。結果的に攻撃は初回だけ複数ランナーを出しましたが、2回以降は2塁も踏むことができませんでした。

一方、守りは素晴らしいプレーが続出しました。ヒットは7本打たれ(うち2本はバントヒット)四死球も4つと数字の上ではもっと失点してもおかしくなかったのですが、再三の好守で追加点を許しませんでした。得に、6回は0アウト満塁というピンチを招いたのですが、センターフライのタッチアップをセンターが好返球でしっかりを刺し、ダブルプレーで切り抜けました。バッティングは好不調の波がありますが、守備にスランプはありません。チームが最も自信を持っている守備で国分らしさが出たのは、よかったと思います。

点数だけ見れば悔しい敗戦ですが、点が取れなければ勝てません。0-1も0-10も大会では同じ負けという結果です。チーム力そのものは県でベスト4のチームと互角に戦えるだけのものを持っています。これを次回は結果につなげられるよう、冬のトレーニングを頑張っていきます。

今後の休日の予定(予定のない日はオフです)
11月19日(日) 練習試合(本校)八千代東、柏井
  23日(祝) 練習試合(市川昴)
  25日(土) 学校での練習 9:00~12:00
12月16日(土) 学校での練習 9:00~12:00
  17日(日) 練習試合(千葉東)
  23日(土) 学校での練習 9:00~15:00
  24日(日) 市川ウィンターカップ(本校)県内外8校での大会


中学生の見学等は随時受け付けていますので、学校までご連絡ください。 
18:45