入試情報

平成29年度における選抜・評価方法
前期選抜 後期選抜
 
 

アクセスカウンタ    2012.07.30~

トータル973986

携帯サイト


 
携帯・スマートフォンはこちら
 

校長挨拶

本校は創立から54年を数える伝統校です。

 校歌の1番にあるとおり,開校してしばらくは梨畑や田んぼが広がる地域にありました。白い花の咲く梨畑,国府台に沈む美しい夕日,田んぼにはひばりが舞い,冬には白鷺が何羽も降りて遊んでいる・・・,そんなのどかな風景が広がっておりました。今でも,隣接の地域には梨香台という名が残されています。

 そんな自然豊かな環境の中,生徒は自由な校風のもと,自ら夢をもって,生き生きと高校生活を送り,自立した社会人となるための基礎を身につけています。校訓は「自主自律」。この言葉に象徴されるように生徒は伸び伸びと,勉強はもちろんのこと,部活動や学校行事に積極的に取り組んでいます。

 進路においては,大学・短大等の現役決定率は89%となっており,県下有数の成果を上げています。

 生徒一人ひとりを大切にする教育は生徒の安心感を生み,明るく笑顔で過ごせる学校です。国分高校は安心・安全で充実した学校生活を送ることができます。まさに本校生徒は,ユネスコ・スクール加盟校として「心の中に平和の砦」を体現しているといえましょう。

是非,本校の生徒を見てください。

 

 本校への進学を希望する皆さん,国分高校はその期待に十分
応えられる学校です!

 

 結びに地域の皆さま,保護者の皆さま,同窓生の皆さま,
今後ともご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 
                                                                      千葉県立国分高等学校長 髙野 義幸

 

校長日誌

校長日誌 >> 記事詳細

2017/07/05

国際交流事業

| by Y.T
 本校はユネスコ・スクールに加盟し、国際交流を推進しています。6月下旬にはアメリカ合衆国ミシガン州トロイ市から女子留学生を迎え、授業を体験してもらっています。彼女と先日お話しする機会を得ました。
 日本語がたいへん流暢なので、どのようにして学んだのか聞いたところ、日本のアニメを見て独学で勉強したとのことでした。セリフとテロップを見ながら言葉の意味と漢字やかなを覚えたそうです。アメリカでは2か国語、3か国語を話せる人が当たり前なので、彼女のような人は珍しくないそうです。
 本校の印象を聞いたところ、はじめクラスに入ったとき皆、静かだったので「嫌われているのかな?」と思ったそうです。次第に慣れ、楽しく交流できたので、「恥ずかしかったのかな?」と思い直したとのことでした。
 試験中はホストファミリーとディズニーランドやジブリの森等に行くそうです。
 国際交流をとおし、生徒諸君には更なる視野の拡大をしてほしいと願っています。
 また、「日本教職員韓国派遣プログラム」により本校職員を韓国に派遣することも予定されています。こうした国際交流をとおしグローバル人材の育成に寄与してまいりたいと考えています。
10:53 | 投票する | 投票数(0)