校長挨拶

本校は創立から56年を数えます。

 校歌の1番にあるとおり,開校してしばらくは梨畑や田んぼが広がる地域にありました。白い花の咲く梨畑,国府台に沈む美しい夕日,田んぼにはひばりが舞い,冬には白鷺が何羽も降りて遊んでいる・・・,そんなのどかな風景が広がっておりました。今では周りに住宅が数多く建てられていますが,近くに梨畑や国分川遊水地があり,緑豊かなところです。隣接する地域には梨香台という名が残されています。

 そんな環境の中で自立した社会人を目指しています。校訓は「自主自律」。この言葉のとおり勉強はもちろん,部活動や学校行事にも積極的に取り組ませています。

 進路では大学・短大等を目指す者が多く,現役進学者と再度挑戦する者とをあわせるとその割合は95%を超えています。
 生徒は私の誇り。素晴らしい生徒ばかりです。近年,ユネスコ・スクールに加盟し「心の中に平和の砦」の構築を目指しています。

 本校への進学を希望する皆さん,国分高校はその期待に十分

応えられることでしょう。 

 地域の皆さま,保護者の皆さま,そして同窓生の皆さま,
今後ともご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 (似顔絵は漫画研究部の生徒が描いてくれました)

 
                                                                      千葉県立国分高等学校長 髙野 義幸

 

校長日誌

校長日誌
12345
2020/03/28new

3年間ありがとう。そして,さようなら

| by Y.T
 私は今月末で退職となります。皆さんの明るく元気な姿に励まされた3年間でした。本当にありがとう。皆さんと直接話をしたいのですが,残念ながらその機会は無いので,この場を借りて話をします。

 学校行事が楽しく充実している,というのが国分高校の伝統です。先輩の話や学校見学の様子からこのことを知り,入学を希望した人も多かったのではないでしょうか。
 私自身も楽しかった学校行事の思い出が数多くあります。本校を卒業して42年が経ちますが,いまだに25人も集まってクラス会ができるのはそうした思い出が大きいからだと思います。学校が楽しかったという思い出が,卒業後の人生に大きな力を与えてくれることを実感します。
 残念ながら社会に出れば,厳しい現実に直面します。ハラスメントに会うこともあるでしょう。しかし,高校時代に仲間と熱中して取り組んだ思い出は一生の宝。時にぶつかり合い,時に真剣に議論したことはかけがえのない経験です。こうした意義ある経験をできるのが国分高校です。
 どうか皆さんは授業だけでなく,学校行事を通して経験する様々なことを大切にしてほしい。これらの経験は,真に人生に役立つものです。
 こうした学校行事の意義について,最後の職員会議で先生方にお話をしました。皆さんは安心してこれまでどおり活動してください。ただし,ルールは守ってくださいね。「自主自律」は「自由奔放」でも「好き勝手」でもありません。先生からの指示に対して意見があるときは直接,先生と話し合いましょう。また,人を非難し中傷するような行為は絶対にしないこと。人を悲しませる行為は,最後には必ず自分に返ってきます。

 いよいよ新しい校長先生が着任されます。新たな校長先生とともに,国分高校を更に充実・発展させてください。皆さんの成長を心から祈念しています。
 3年間ありがとう。そして,さようなら。


17:45 | 投票する | 投票数(2)
2020/03/07

卒業式が無事に終わりました

| by Y.T
 市川市に居住する男性2名が新たに新型コロナウイルスに感染したことがわかり,市川市は千葉県の中でも危険な状況にあります。多くの大学が卒業式を中止とする中,本日無事に第54回卒業証書授与式を行うことができました。
 本校では県教育委員会の指導を踏まえ,参加者は卒業生・教職員・保護者代表(PTA常任委員)に限定したところです。一般の保護者の皆さま,ご理解いただきありがとうございました。立派にお子様たちは卒業式を行い,本校を巣立ったことをご報告申し上げます。私の式辞を掲載します。

 卒業生の皆さん,卒業おめでとうございます。今日は忘れられない卒業式となりました。
 PTA会長をはじめ,常任委員の皆さま,ご出席ありがとうございます。学校を代表して心からお礼申し上げます。
 卒業生の皆さんが入学した同じ年に,私も本校に着任しましたので感慨深いものがあります。皆さんの保護者も,この場にいたかったことと思います。帰宅したらまず,保護者に感謝の気持ちを伝えてほしい。これまで皆さんを見守り,応援してくれた大切な方です。感謝の心を忘れないでほしいと思います。
 この三年間,明るく元気で頑張り抜いた皆さんの姿がありました。本校で経験した楽しかったこと,つらかったこと,学んだことを糧にこれからの人生を歩んでください。
 先月の末,私は福島県を訪れました。福島県の海沿いを車で走り,帰宅困難地域の見学や,再建に向け頑張っている方々と交流をしてきました。東日本大震災と,それに続く福島第一原子力発電所の事故から九年が経過しましたが,いまだ復興の目処は立っていません。避難した時の状況,その後のつらい経験など,お話を聞いていて胸が痛みました。「豊かな暮らしを追い求めた現代文明の結果がこれなのか」と,悲しくなりました。
 本校でも昨年は台風の被害がありました。そして今回の新型コロナウイルスの対応です。自然には勝てないこと,不測の事態に備えることの大切さを学びました。しかし,その一方で,大変な中,懸命に生きている人がいることも知りました。
 皆さんは,これからの人生,いろいろなことがあると思いますが,苦難に負けず幸せになってほしい。どうか失敗を恐れず,勇気を持って生きてください。そして,自分はもちろんのこと,家族と友人を大切にして人生を歩んでください。皆さんの活躍を祈ります。
 結びに,保護者の皆様にはこれまで本校の教育活動にご理解とご協力を賜り,誠にありがとうございました。今後とも,卒業生の母校として,ご支援賜りますようお願い申し上げ,式辞といたします。

 令和2年3月7日      千葉県立国分高等学校長  髙 野  義 幸

 玄関を飾る生け花です。

14:09 | 投票する | 投票数(4)
2020/03/06

後期選抜の結果発表がありました

| by Y.T
 本日9時に本校玄関前で後期選抜合格者128名の発表を行いました。また,前期で合格し確約書を提出した192名も合わせて発表し,合計して320名の定員が決まりました。
 合格した皆さん,おめでとうございます。後期選抜では前期選抜で残念な結果だった人の多くが再チャレンジしてくれました。校長として嬉しいです。友人の多くが進学先が決まり,つらかったと思いますがよく頑張りました。これからもしっかり勉強し,大いに本校で青春の汗を流してください。
 残念な結果だった人には言葉がありません。残念な結果を知らせることに胸が痛みます。しかし,これで人生が決まるわけではありません。今回の悔しさをバネに成長してほしいと思います。
 合格者も不合格者もこれからの活躍を祈っています。

 
15:08 | 投票する | 投票数(9)
2020/02/19

前期選抜の発表がありました

| by Y.T
 本日9:00に管理棟玄関前で,前期選抜の合格発表を行いました。
 今年は募集人員192名に対し373名が受験,受験倍率は1.94倍でした。
 合格した中学生の皆さん,おめでとうございます。これから国分生として,夢の実現に向けて頑張りましょう。残念な結果だった方は,後期があります。後期はまだ40%も定員が残っていますので,気を取り直して頑張りましょう。例年のことですが,受験は残酷です。これに負けることなく,頑張ってほしいと思います。

  
09:36 | 投票する | 投票数(17)
2020/02/18

抜けるような青空です

| by Y.T
 いよいよ明日は前期選抜の結果が発表されます。受験生の皆さん,本校を受験してくれてありがとうございました。結果が楽しみですね。
 さて,今日は抜けるような青空が広がり,気持ちの良い天気でした。
 本校玄関前のポールに掲揚された国旗・県旗・校旗がはためいておりました。本校生はこの旗のように,雄々しく羽ばたいてほしいと願っています。

14:32 | 投票する | 投票数(5)
2020/02/18

市川の梨についてポスターをつくりました

| by Y.T
 市川は梨の産地として知られ,「市川の梨」は有名ブランドです。この梨を世に広めたのが現在の市川市八幡に住む川上善六です。
 寛保2年(1742),江戸時代中期に善六は生まれました。当時の八幡は市川の砂州上にあり,南は海に,北部は真間の入り江の湿地が広がる地域であったため,穀物の栽培には適さない土地でした。こうした土地であったため,村人の生活は貧しく,決して楽ではなかったといいます。
 善六も祖父の代から借財を抱え,苦しい生活を送っていましたが,幼少のころから祖父を助け,父に仕え,ついにその借財を返済したといいます。当時の代官は善六の孝義をたたえ,享和元年(1801)金千匹を与え,苗字帯刀を許しました。
 こうした川上善六の偉大な生涯と市川梨についてまとめました。
 校長室前の廊下に展示したので,以前作成した「貝塚の話」「下総国分寺の話」とともに見ていただけると嬉しいです。
 
13:58 | 投票する | 投票数(4)
2020/02/02

稲越町自治会新年会がありました

| by Y.T
 本日12時から標記会合がありました。この会合は年に一度、地域の方々と各学校が集う懇親会です。地元の方々や議員の皆さんも参加されておりました。会合後、国分川調整池や道の駅を散策しました。小春日和で気持ち良かったです。地面に葉を広げるロゼットが見られました。冬の寒さをしのぐため,植物も工夫しているのがわかります。

   
   
   
    
18:50 | 投票する | 投票数(5)
2020/01/30

英語の研究授業がありました

| by Y.T
 本日2限に英語の研究授業がありました。科目はコミュニケーション英語Ⅱで2年生を対象としています。単元はLesson 9 The Vancouver Asahi でカナダの日本人野球チームについての話です。
 はじめに単語の発音練習。先生のリードで発音します。次に隣同士で発音の確認。プリントが配られてグループ学習をしました。
 写真左はプリントの設問に取り組む生徒の様子。写真中央はグループ活動で得た回答を発表したくて,挙手する生徒たちの様子。写真右は生徒の回答を先生が添削している様子です。活発で真剣に取り組む姿が好印象でした。

  
14:51 | 投票する | 投票数(2)
2020/01/24

開かれた学校づくり委員会を行いました

| by Y.T
 1月23日(木)15:00から本校会議室にて標記会合がありました。
 この会合は,学校と地域がより一層連携を深めるために,県立学校の全てが開催しているものです。本年度最終回となる今回は,生徒・保護者・教職員からの学校評価アンケート結果をもとに各委員からご意見をいただきました。
 委員からは,①生徒・保護者ともに充実した高校生活を送っている,②基本的生活習慣の確立を目指し,学校全体が取り組んでいることがわかるなど,お褒めの言葉をいただきました。一方,①授業について「基礎学力」や「応用力」といった用語のとらえ方が人それぞれで定義が必要ではないか,②学校相談窓口のポスターを見ると,「いじめ,体罰」という深刻な言葉が先にあるため,気軽に相談できるという認識がしにくいのではないかなど,貴重な指摘がありました。
 私からは今年のテーマを紹介し、頑張っていきたいとお話しました。
16:31 | 投票する | 投票数(3)
2020/01/07

3学期が始まりました

| by Y.T
 本日,始業式を行い,3学期が始まりました。
 令和初めての新年を本校で迎えることができ,幸せです。この一年を充実した良い年となるよう願っています。
 特に3年生は間もなくセンター試験(1月18日,19日)。本校では265人が申し込み,250人程度が受験するとのことです。この数字は既に推薦入学で進路が確定し,受験を辞退する者もいることから,予想の数字となっています。
 センター試験まであと10日足らず。これまで勉強した努力が実るよう祈っています。風邪をひかぬように体調を整え,臨んでほしいと思います。

 始業式では,明るく楽しい話題にしたいと思い,NHK紅白歌合戦の話をしました。
 昨年暮れの紅白歌合戦を見た人を聞いたところ,全体の1割くらいでした。今の高校生はテレビはあまり見ていないようなので,
綾瀬はるかさんの「はるかカッター」の話は止めました。
 白組のトップバッターの郷ひろみさんの「2億4千万の瞳―エキゾチック”GO!GO!”ジャパン」を紹介しました。郷さんは1955年10月18日生まれ。64歳とは思えない体のキレがありました。還暦を過ぎた現在も肉体トレーニングを欠かさず,体力年齢は35歳を誇るとのこと。CDシングル総売り上げ枚数は1300万枚で男性ソロ4位です。
 浮き沈みの激しい芸能界で生き残ること自体大変なのに,それもトップを走り続けるというのは凄いこと。
 ともあれ世間でいうトップを走っている人,一流の人は,相当努力しています。人の見ていないところでどれだけ努力しているのか,つらい思いを隠して頑張っているか。人は見ていなくても,神様,仏さま,おてんとう様は,じっと見ている。
 
 最後に,元気で楽しく,頑張っていこう。本年もよろしくお願いしますと式辞を締めくくりました。


13:19 | 投票する | 投票数(3)
12345