入試情報

平成31年度における選抜・評価方法
前期選抜.pdf        後期選抜.pdf
 

夏の学校説明会&体験入学

7月27日(金) 体験入学
終了しました

学校説明会 : 10月6日(土)
  申し込み不要です
    学校説明会~本日の日程~.pdf
終了しました
 
 

今月の訪問者 2019年05月

2019.05.01~13213

携帯サイト


 
携帯・スマートフォンはこちら
 

校長挨拶

本校は創立から56年を数えます。

 校歌の1番にあるとおり,開校してしばらくは梨畑や田んぼが広がる地域にありました。白い花の咲く梨畑,国府台に沈む美しい夕日,田んぼにはひばりが舞い,冬には白鷺が何羽も降りて遊んでいる・・・,そんなのどかな風景が広がっておりました。今では周りに住宅が数多く建てられていますが,近くに梨畑や国分川遊水地があり,緑豊かなところです。隣接する地域には梨香台という名が残されています。

 そんな環境で高校生活を送らせ,自立した社会人を目指します。校訓は「自主自律」。この言葉のとおり勉強はもちろん,部活動や学校行事にも積極的に取り組ませています。

 進路では大学・短大等を目指す者が多く,現役進学者と再度挑戦する者とをあわせるとその割合は95%を超えています。
 生徒は私の誇りです。
 本校はユネスコ・スクールに加盟し「心の中に平和の砦」を具現化しています。


 本校への進学を希望する皆さん,国分高校はその期待に十分

応えられることでしょう。 

 結びに地域の皆さま,保護者の皆さま,そして同窓生の皆さま,
今後ともご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 (似顔絵は漫画研究部の生徒が描いてくれました)

 
                                                                      千葉県立国分高等学校長 髙野 義幸

 

校長日誌

校長日誌
12345
2019/05/05

鯉のぼりフェスティバルに行ってきました

| by Y.T
 第29回国分川鯉のぼりフェスティバルに行ってきました。
 この催しは国分川流域の人々の交流の輪を広げ、地域の活性化に結び付けることを目的に毎年国分川調整池遊水地で行われるものです。本校吹奏楽部も協力校として演奏しました。前々日が雨で心配でしたが、当日は晴れわたり多くの人でにぎわいました。吹奏楽部の新入生は元気にパフォーマンスをしてくれました。

    
16:45 | 投票する | 投票数(2)
2019/05/05

サッカー地区予選に行ってきました

| by Y.T
 5月5日(日)松戸向陽高校においてサッカー大会地区予選会がありました。千葉商科大学付属高校と対戦し、2-0で無事予選を通過。県大会での活躍を期待したいと思います。
  
16:27 | 投票する | 投票数(0)
2019/04/10

入学式式辞

| by Y.T
 昨日,抜けるような青空のもと,校内の桜花が舞い散る中,平成31年度第56回入学式が行われました。厳粛かつ清々しい式でした。式辞を掲載します。

 新たな生命が随所で躍動し,華(はな)やかな出発を祝う今日の佳き日に,ご来賓,保護者の皆様のご臨席を賜り,平成三十一年度千葉県立国分高等学校 第五十六回 入学式が盛大に挙行できますことを,学校を代表して心からお礼申し上げます。
 新入生の皆さん,ご入学おめでとう。
 保護者の皆さま,お子様のご入学,誠におめでとうございます。厳しい高校入試をくぐり抜け,晴れて国分高校の生徒となったお子様の姿に喜びもひとしおと,お祝い申し上げます。
 本校の創立は昭和三十九年(一九六四年),東京オリンピックが開催された年です。地域の皆様のご支援をいただいて開校しました。
 校章は市川工業高校工芸科,現在はインテリア科になりましたが,その生徒がデザインしたものです。真ん中の楯のような形は柱で「国家,社会の有為な人材」を表します。基部にある菊の花は白菊で,その花言葉から「誠実」を表します。この花びらの数は皇室の御紋章が十六なので,これと同じでは恐れ多いことから十二となりました。周囲の葉は「生成発展」を表します。したがってこの校章は「誠実を信条として将来国家,社会の有為な人材となる,そして本校は日に新たに,日日に新たに生成発展する」という理想を表しています。
 校庭には「けやき」の巨木があります。この木は,この辺では一番目立つ木なのでこれを学校の木「校木(こうぼく)」にしようと,地域の方たちが自分の山から移植してくださいました。
 創立当初,校舎の建設が間に合わず,国分小学校にあった木造平屋建ての旧校舎を借りました。この校舎は,国分小学校では既に鉄筋三階建ての立派な校舎ができていて,国分高校が来なければ取り壊す予定のものでした。まず大掃除をしないと,とても使える状態では,なかったので,職員総出で大掃除をし,生徒を迎える準備をしたそうです。台風の際には風圧で仕切り板が授業中にたわみだし,四,五人の生徒に押さえさせながら授業をした,との記録が残っています。
 開校から五十六年。地域の方々に温かく見守られてきた本校は順調に発展し,現在では葛南地域でも有数の人気校になっています。
 近年は,台湾修学旅行をはじめとする国際理解教育やボランティア活動などユネスコ・スクールとしての活動が活発です。
 “Think globally, act locally”「世界を視つめ,地域と共に」の教育理念のもと,様々な活動は文部科学省も注目しています。
 皆さんはこうした本校の歩みを誇りに思い,今後の高校生活を有意義に過ごしてほしい。
 アメリカの元国務長官コリン・パウエル氏は「やればできる」についてこう述べています。
「この言葉はよく知られているが,現実を示しているわけではない。やってもできないかもしれないが,それでも,できると信じてやりはじめ,無理だという事実や,分析が積みあがるまでやることが大事なのだ。何をする場合でも,前向きな姿勢で熱心に行うこと。できない理由ばかりを探してはならない。『やればできる』と『必ずできる』が違うことも忘れてはならない。」と。
 氏の言葉には妥協を許さぬ厳しいものが含まれています。
 皆さんは,本校に入学できたことに安心してはなりません。喜びは束の間。停滞は後退と自覚してほしい。皆さんには,志を高く持ち,具体的な目標を設定し,日々精進しながら過ごしてほしいと願っています。
 私の後輩にもなる皆さんにとって,本校の生活が実り多いものとなるように,心から期待します。
 結びに,保護者の皆様方の,本校教育活動に対する一層のご理解と,ご協力をお願い申し上げ,式辞といたします。

平成三十一年 四月 九日
千葉県立国分高等学校長  髙 野  義 幸

参考文献
コリン・パウエル/トニー・コルツ著,井口耕二訳『リーダーを目指す人の心得』株式会社飛鳥新社,2012

17:13 | 投票する | 投票数(3)
2019/04/05

進路のしおり巻頭言

| by Y.T
「国分高校の思い出」と題し,進路のしおりに寄稿しました。生徒諸君の一読を望みます。

 今から40年以上も昔のことで恐縮だが自分が国分生だった頃の思い出を二つ記す。
 一つは2年次の文化祭。多くのクラスが夏休みに準備に入るのだが,自分のクラスは皆消極的で,何をやるのかさえ決まっていなかった。夏休みの後半,思い出をつくりたいと一念発起し,クラスの連絡網を使って,皆に教室に集合するよう呼びかけた。当時クラス会長でもない自分が何故あのような行動をとったのか,どこにあの行動力があったのか,疑問なのだが,ともあれ夏休みにも関わらず十数名が集まり,話し合いをすることができた。話し合いの結果,当時テレビで流行っていた「フィーリングカップル5対5」をすることに。この番組は男女それぞれ5人がお見合いをし,最終的に「好きな人」をそれぞれが指名し,双方の指名が合えば,「カップル誕生」になるというものである。
 文化祭では,カップルになったペアにポラロイドカメラで撮影した記念写真をプレゼントすることにした。当日は2グループに分けて運営。一方のグループでは私と女子が司会を担当した。進行スタッフ,出場者募集係,記念写真係,飾りつけ係など,皆で楽しく取り組めたことが,今も鮮明に覚えている。この取組をきっかけに生徒会の手伝いをするようになり,イベントの企画運営を数多く手掛けることになった。教員になってからは生徒会の顧問としてそのノウハウが活かされたように思う。もちろん失敗は数限りなく,痛い思いは何度も経験したが,その時の教訓が自分の力になるのである。
 二つは受験勉強。自分が3年の時は,現在のセンター試験の前身である共通一次試験が次年度導入されるということで現役志向が非常に高まっていた。試験問題が記述式からマークシートに記入する方式に代わるという。今では当たり前の出題形式だが,当時は「浪人するとかなり厳しくなる!」という強い危機感が受験生に広がっていた。そこで,2年の後半から受験勉強をはじめることにした。塾に行く経済的な余裕はなかったので自宅で試行錯誤しながらの取組であった。
 数学は数研出版の「チャート式数学ⅡB」と「数学Ⅲ」にある例題を自力で解くことにした。応用レベル(当時は赤チャートといった)で難しいため,わからないときは1時間は,じっくり考えることにした。それでもわからないときは模範解答を見ることに。それでもわからないときは高校の先生にお聞きした。このようにした理由は,考え抜いて解答を導かないと数学の力が付かないと思ったからである。結局,数学研究室には度々通い,先生のお世話になった。「数学ⅡB」の一冊が終わる頃には随分と理解できるようになり,入試問題を解くのが楽しくなった。
 3年になると,夜の11時30分に放送される旺文社提供の「大学受験ラジオ講座」を聞いた。これは30分番組で入試問題の解説が主な内容。しかし予習復習をせず,単に聞くだけだったので効果の方は疑問である。ただの気休めであったようにも思う。放送の前後で,パンやお菓子を食べながら,ラジオの深夜番組を聞いていたことが懐かしい。
 受験勉強は志望校に合格するための勉強である。漫然と取り組むのは時間の無駄であり,効果的な方法を探求すべきである。皆さんの健闘を祈る。


14:09 | 投票する | 投票数(3)
2019/04/04

春爛漫の季節となりました

| by Y.T
 明日は新学期初めての職員会議。いよいよ学校が始まります。
 校内では技能員さんの卓越した仕事により多くの花が咲いています。
 左からイヌシデ,オオイヌノフグリ,オニタビラコ,カラスノエンドウ,コナラ,シャクナゲ,ソメイヨシノ,ハナニラ,花壇内の三色すみれ,ネモフィラ,職員玄関前の枝垂れ桜,芝桜,西洋タンポポ。
 私たちの目を楽しませてくれる花たちです。
            
15:22 | 投票する | 投票数(2)
2019/03/22

3学期が無事に終わりました

| by Y.T
 平成30年度が終わり,本日無事に終業式を迎えました。
 終業式での式辞を紹介します。

 おはようございます。
 平成30年度が終わろうとしています。この一年間を振り返って,いかがでしたか?充実したものとなりましたか?
 人間は唯一反省のできる動物です。過去を振りかえり,新たな決意で頑張ればいいのですから,しっかり反省してほしいと思います。
 特に,2年生は2週間後には3年生。センター試験までは10か月。大学に進学する者は,時間を大切にしてください。1年生も同じ。勉強のし過ぎはありません。これから教科書販売があります。春休み中,教科書を読み予習をしておくとよいでしょう。

 受験勉強は志望校に合格するための勉強。漫然と取り組むのは時間の無駄です。効果的な方法を探求すべき。今日は赤本の明治大学農学部と駿台予備校のセンター試験過去問題集「生物」を持ってきました。
 この中で赤本を手に取ったことのある人はどのくらいいるのかな。手を挙げてくれる?
 まだ手に取ったことの無い人は,どの大学でもいいから手に取ってみてください。そして試しにやってみよう。できなくていいんです。できない自分を知ることが大切なんだ。
 高尾山に上るのと富士山に登るのとでは準備にかける時間が全然違うでしょう。高尾山だったら運動靴で行けるけれど富士山だったらそうはいかない。体力づくりや山登りの予習にかける時間も違う。受験勉強も同じ。上位校を目指すなら,それなりの学力がないと合格はできない。今年の卒業生も苦戦しました。
 特に,ポイントを押さえた学習をすること。何が大事なのか,どんなことを覚えておく必要があるのか,自分でどんどん情報を集めて,受験勉強に取り組んでください。あとは,部活動や自分の趣味を楽しめばいい。もちろん生活リズムを整えて,健康には留意すること。

 昨年の8月の末,台風で大雨のあった翌日,驚いたことがありました。
 それは,グランドのトラックの一部が陥没し,穴が開いたことでした。場所は,野球場のライトセンター間の先のあたりです。私も教員生活35年間で初めての経験でした。
 深さ5mまでパワーショベルで掘り進んで,調査したところ底の方に真っ黒で水気の多い土の層がありました。担当技師の方いわく枯葉や枝の腐った植物の層,腐葉土の層だそうです。そこはスポンジのようにスカスカで柔らかい層でした。
 この学校は昭和の初めまで田んぼだったところを埋め立ててつくったのですが,もとは谷地形。帰りに見ておくといいんだけれど,国分高校から見ると高校のバス停とバスの駐車場の間は平らな窪地になっていて,緩やかな上りの傾斜が奥まで続いています。反対に国分高校の校舎から稲越小学校の方向を見るとグランドの境には1mの段差があって,その先の梨畑はさらに低くなっています。そして,その先には春木川がある。
 今から6千年前,縄文海進といって地球温暖化の影響で海水面が上がり,東国分中学校あたりも海でした。その海に注ぎ込む川は何本もあって,川の水は周りの土砂を削って谷をつくります。国分高校のあったところも谷の一つだったのでしょう。特に高校のグランドのあたりは水深の深い池があり,植物の葉や枝が集まったのだと思います。
 グランドの穴は,何らかの原因で5m下の腐葉土の層に土がしみ込んだことが原因のようです。

 今回の陥没で,その周辺はセメントで固めたのですが,校庭の全面工事は難しいとのことでした。ただし,陥没したら,その時はまた対処しますとのこと。国分高校のグラウンドはスポンジの上にあるようなものなのですね。
 体育祭で大縄跳びをするとグランドが揺れますが,その原因がわかりました。今後は注意して見ますので皆さんも陥没に気が付いたら,すぐ教えてください。
 昨日の防災訓練でも災害の話がありましたが,大切なことは自分の身は自分で守ることです。地域の環境や地形の知識を持ってこれからは生活してください。
 それではまた元気で会いましょう。


11:46 | 投票する | 投票数(5)
2019/03/18

春の訪れ

| by Y.T
 3学期もあと1週間で終わろうとしています。3月22日(金)の終業式で終わりです。
 校内を散策したところ春の訪れを感じることができました。
 写真左から,こぶしの花々,こぶしの花の拡大写真,イロハモミジの花と芽吹き,中段はラッパスイセン,ヒメオドリコソウ,オランダミミナグサ,下段はハナニラ,ミチタネツケバナ,花壇に咲く三色すみれ
 この陽気でずいぶん花が咲きました。

        
17:14 | 投票する | 投票数(5)
2019/03/08

卒業式式辞

| by Y.T
 昨日,平成30年度第53回卒業証書授与式が開催されました。雨にもかかわらず多くの保護者様の参加を得て,国分高校らしく厳粛な中にもおだやかで明るい式典となりました。
 式辞を掲載いたします。

 一雨ごとに木々のつぼみがふくらみ、朝夕の日差しにも春の訪れを感じる今日の佳き日に、多数のご来賓並びに保護者の皆様方をお迎えし、卒業証書授与式を挙行できますことに、学校を代表して心からお礼申し上げます。
 卒業生の皆さん、卒業おめでとう。
 振り返ると、様々なことが思い出されるのではないでしょうか。本校で経験した楽しかったこと、つらかったこと、学んだことを糧にこれからの人生を歩んでください。
 また、今日の日を、ことのほか喜んでくださっているのは保護者の方々です。帰宅したら、まず、保護者の皆様に感謝の気持ちを伝えてほしい。そして、これからは手伝いなどもして、親孝行してほしいと思います。

 さて、いよいよ東京オリンピックの開催が来年の7月に、そしてパラリンピックが8月に迫りました。本校の創立は1964年(昭和39年)、東京オリンピックが開催された年です。現在NHKでは大河ドラマ「いだてん韋駄天」が放送されています。
 「いだてん」の主人公・金栗四三(かなくり しそう)は、今からおよそ百年前の1912年(明治45年)、日本人として初めてスウェーデンのストックホルムで開催された第五回オリンピックに参加したマラソンランナーです。
 7月14日、マラソン競技の日を迎えます。
 参加予定選手は98名。しかしスタートラインに立ったのは68名。この日の気温は日陰でも30度以上。あまりの暑さに、辞退した選手が30名もいました。完走できたのはわずか34名。レース終盤で倒れ、翌日死亡する選手もいました。いかに過酷なレースだったのかが、わかります。
 金栗氏も折り返し地点で意識を失い、地元の人に介抱されます。彼は失意のままホテルに戻り、レースの棄権を届けるのを忘れてしまいます。このため大会本部では「消えた日本人選手」になってしまうのです。 
 欧米各国の選手と競(きそ)い合い、日本人の非力さを痛感した金栗氏は、帰国後、より多くの日本人がスポーツに親しみ、体力の向上に取り組めるよう努めます。
 箱根駅伝もその一つ。これは当初、アメリカを横断する選手の予選会として企画されたものでした。もし日本人がアメリカを横断することができたら、世界が驚き、日本中が沸いて、マラソンが一気に注目されるのではないか、と考えたことが始まりです。しかし、アメリカにはロッキー山脈や砂漠があり、あまりにも危険とのことで、後日アメリカ横断は取りやめになったそうです。
 その他にも数多くのマラソン大会を開催し、全国各地で走る楽しさを伝えました。まさに我が国のマラソン王といわれるゆえんです。

 1967年3月、75歳になった金栗氏のもとに一通の招待状が届きます。その招待状には「ストックホルム・オリンピック五十五周年記念式典に招待したい。そして、あなたにはマラソン競技の完走を要請する」というものでした。この要請に金栗氏は喜んで応じます。
 式典当日、オリンピック・スタジアムのトラックを10mほど走り、テープを切りました。その時、場内アナウンスが流れます。
「日本の金栗四三選手。ただいまゴールインしました。タイム、54年と8か月6日5時間32分20秒3。これをもちまして、第五回ストックホルム・オリンピックの全日程を終了します」
 スタンドからの大きな拍手に包まれ、金栗氏はインタビューにこたえます。「長い道のりでした。その間に、孫が五人できました」
 ユーモアあふれる彼の言葉に、会場は大きな笑い声とともに、さらに大きな拍手に包まれました。

 金栗氏は、オリンピックでの失敗をバネに、日本のスポーツの発展に大きく寄与することができました。彼は走ることが何よりも好きでした。しかし、好きなだけでは偉業を成し遂げることはできません。成功の陰には、家族の温かさと嘉納治五郎という偉大な師からの励ましがありました。それらの方々の思いを胸に金栗氏は頑張り抜いたのです。
 私も皆さんを心から応援していきたいと思います。
 皆さんの活躍を祈ります。

 結びに、保護者の皆様にはこれまで本校の教育活動にご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございました。今後とも、卒業生の母校として、ご支援賜りますようお願い申し上げ、式辞といたします。

  平成31年3月7日
千葉県立国分高等学校長  髙 野  義 幸

参考文献)
1 佐山和夫『金栗四三-消えたオリンピック走者』潮文庫、2018
2 佐野慎輔『金栗四三』株式会社小峰書店、2018
3 真田久『嘉納治五郎-オリンピックを日本に呼んだ国際人』潮文庫、2018

 来賓をお迎えする玄関には華道部の生徒が生け花をしてくれました。
 


09:05 | 投票する | 投票数(12)
2019/03/06

後期の合格発表がありました

| by Y.T
 本日午前9時に前期選抜と合わせて後期選抜の入学許可候補者の発表がありました。
 前期選抜と同様,高い競争率となり,受験生の皆さんにはきつい思いをさせたことと思います。前期選抜を受験し,後期でも再チャレンジしてくれた受験生も多数おりました。
 合格した方には心からお祝い申し上げます。保護者の方もきっと喜んでおられることでしょう。来月は入学式。国分生として新たなスタートをきりましょう。
 残念な結果に終わった方には,かける言葉がありません。くやしく,悲しい思いをされていると思います。この経験を踏まえ,次の高校生活を充実させてください。人生はまだまだ序の口,これからです。


 校内では紅梅,白梅,椿が咲き,春の訪れを感じさせてくれています。
  
17:25 | 投票する | 投票数(20)
2019/02/19

前期の合格発表がありました

| by Y.T
 本日9時に前期選抜の合格発表がありました。掲示板の置かれる玄関前には早朝から中学生と保護者の方で一杯になりました。
 合格した皆さん,おめでとうございます。これまでの努力が実りましたね。国分高校生として大いに成長されることを期待しています。
 また,不合格の皆さんには何を伝えたらよいのか・・・,つらいです。例年を超えた高倍率のため多くの不合格者を出さざるを得ませんでした。残念な結果となりましたが後期に向けて頑張ってほしいと思います。
 
校内には寒さに負けず花々が咲いておりました。
   
09:55 | 投票する | 投票数(28)
12345