入試情報

平成30年度における選抜・評価方法
前期選抜       後期選抜
 
 

アクセスカウンター 2018.04.01~

トータル3762

携帯サイト


 
携帯・スマートフォンはこちら
 

校長挨拶

本校は創立から55年を数える伝統校です。

 校歌の1番にあるとおり,開校してしばらくは梨畑や田んぼが広がる地域にありました。白い花の咲く梨畑,国府台に沈む美しい夕日,田んぼにはひばりが舞い,冬には白鷺が何羽も降りて遊んでいる・・・,そんなのどかな風景が広がっておりました。今でも,隣接の地域には梨香台という名が残されています。

 そんな自然豊かな環境の中,生徒は自由な校風のもと,自ら夢をもって,生き生きと高校生活を送り,自立した社会人となるための基礎を身につけています。校訓は「自主自律」。この言葉に象徴されるように生徒は伸び伸びと,勉強はもちろんのこと,部活動や学校行事に積極的に取り組んでいます。

 進路においては,大学・短大等の現役決定率は90%となっており,県下有数の成果を上げています。

 生徒一人ひとりを大切にする教育は生徒の安心感を生み,明るく笑顔で過ごせる学校です。国分高校は安心・安全で充実した学校生活を送ることができます。まさに本校生徒は,ユネスコ・スクール加盟校として「心の中に平和の砦」を体現しているといえましょう。

是非,本校の生徒を見てください。

 

 本校への進学を希望する皆さん,国分高校はその期待に十分
応えられる学校です!

 

 結びに地域の皆さま,保護者の皆さま,同窓生の皆さま,
今後ともご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 
                                                                      千葉県立国分高等学校長 髙野 義幸

 

校長日誌

校長日誌
12345
2018/04/18

タイ王国短期留学生が無事帰国しました

| by Y.T
 2年生1名と3年生2名がタイ王国にあるモンクット王工科大学トンブリ校(King Mongku't University of Technology Thonburi)主催による短期研修に参加し,無事帰国しました。
 この事業は,大学が毎年アジア各国の高校生を対象に3週間にわたり科学技術に関する研修を実施するものです。わが国では本校生徒が試験に合格し,選出されました。
 実施内容は,それぞれがテーマを決めて研究し,最終日にプレゼンをするというものです。生徒はそれぞれ自分の興味のあるテーマ(①快適な居住空間の研究,②抗菌の研究,③タイにおける地下鉄の研究)を
設定し取り組んだそうです。
 タイの大学生はとても親切で楽しく学べたこと,カレー料理をたくさん食べたこと,衛生状態もよくおなかを壊したこともなかったことなど,とても楽しそうに報告してくれました。
 彼らが日本とタイ王国の架け橋になり,世界に雄飛してくれればと思いました。
 タイ王国ではピースの代わりに親指をたててポーズをとるのが流行っているそうです。


11:03 | 投票する | 投票数(3)
2018/04/09

平成30年度第55回入学式式辞

| by Y.T
 新たな生命が随所で躍動し、華(はな)やかな出発を祝う今日の佳き日に、ご来賓、保護者の皆様のご臨席を賜り、平成30年度千葉県立国分高等学校 第55回 入学式が盛大に挙行できますことを、学校を代表して心からお礼申し上げます。
 新入生の皆さん、入学おめでとう。また、保護者の皆さま、お子様のご入学、誠におめでとうございます。晴れて国分高校の生徒となったお子様の姿に喜びもひとしおと、お祝い申し上げます。
 本校周辺は二万年前の先土器時代の遺跡や、一万年前の堀之内貝塚・曽谷貝塚など学術的にも貴重な縄文時代の遺跡が数多く発見されています。
 千三百年前には下総国分寺が建立されました。国分高校の「国分」とは、このお寺の名前が由来です。当時のお寺は仏教だけでなく、政治や経済、科学、医学、天文学等あらゆる学問を研究する場所でした。そこに集った若者は国の安泰を願い、学問・文化・芸術を学んでいたのです。
 国分高校はこうした文化の香る歴史と伝統ある地域に建設されました。皆さんはこのことを誇りに思い、今後の高校生活を有意義に過ごしてほしいと願っています。
 さて、校歌の一番では「梨香る下総台地 知恵の実を穫(と)りてつきせぬ国分の学の園」とあるように、本校周辺は梨づくりが盛んです。
春には、梨の花が一斉(いっせい)に咲き、その馥郁(ふくいく)たる香りが立ちこめます。
 梨づくりは、江戸時代、市川の八幡に住む川上善六が始めました。
 当時の八幡は砂地で、南は海に接し、北は湿地が広がり、コメや麦の栽培には適さない地域。そのため、村人の暮らしは貧しく苦しいものでした。川上は苦しい生活をなんとか打開しようと各地の産業を調べ、見聞を広げます。美濃の国(現在の岐阜県の一部)で梨栽培を見た時に彼は驚喜します。なぜなら、その地は八幡の土地と全く同じ砂地だったからです。
 そこで梨の枝をもらい受け、栽培を始めます。初めは「梨気違い」とののしられ、相手にされませんでしたが、改良を重ね、次第に村人たちに受け入れられました。
彼の死後、八幡で始まった梨栽培は周辺に広がり、市川梨として世に知られるようになります。江戸時代の末には将軍家にも献上されました。
江戸名所図絵という書物には、当時の梨園(なしその)の様子が次のように紹介されています。
「真間より八幡へ行く道の間にあり、二月(きさらぎ)の花盛りは雪を欺(あざむ)くに似たり、李太白(りたいはく)の詩に、『梨花(りか)白雪(はくせつ)香(こう)ばし』と賦(ふ)したるも諾(うべ)なりかし」と。
すなわち、梨園は真間より八幡へ行く道の間にある。旧暦の二月(現在の二月上旬から四月上旬)は梨の花盛りで、白雪がふり積もったように見える。李白の詩でこのようにうたっているのも、もっともなことであると。
 川上からはじまった梨栽培は、現在では千葉県北部の下総台地に広がり、千葉県は日本一の生産量を誇っています。その結果、多くの人々が梨の実を楽しめるようになったのです。
 作家の井上靖(やすし)氏は「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」と述べ、アラビアのことわざには「何かをしたい者は手段を見つけ、何もしたくない者は言い訳を見つける」とあります。
 皆さんは、志を高く持ち、具体的な目標を設定してこの三年間を有意義に過ごしてほしい。勉強・学校行事・部活動の全てに頑張るのが本校の伝統です。
皆さんにとって高校生活が実り多いものとなるように、心から期待しています。
結びに、保護者の皆様方の本校教育活動に対する一層のご理解とご協力をお願い申し上げ、式辞といたします。
平成30年4月9日
千葉県立国分高等学校長  髙野 義幸


12:31 | 投票する | 投票数(12)
2018/03/30

人事異動の辞令交付がありました

| by Y.T
 暖かな陽気が続いています。本校の草木の花も満開となりました。
 本日は年度末でもあり,人事異動の辞令交付がありました。ご退職される先生方,異動される先生方,これまで本校の発展に尽くしてくださりありがとうございました。お体大切に。新天地でのご活躍を心からお祈り申し上げます。
           
11:19 | 投票する | 投票数(10)
2018/03/16

道の駅「いちかわ」まもなく開店です

| by Y.T
 4月の開店に向け急ピッチで工事が進んでいます。
 この施設はメインホール,直売所,カフェテリアなどがあり,市川市のシティセールスの拠点を目指しています。東国分中学校の隣に建設され,周囲は国分川調整池の管理区域ともなっています。本校周辺がますますにぎやかになり楽しみです。 
   
15:00 | 投票する | 投票数(11)
2018/03/16

タイ王国短期留学生徒と

| by Y.T
 3月19日から4月10日の約3週間にわたり,タイ王国モンクリット王トンブリー工科大学(King Mongkut's University of Technology Thonburi: KMUTT)主催の科学実験研修に本校から3名が行くこととなりました。
 この研修はタイ王国やアジア各国の高校1.2年を対象に行なわれるもので,千葉大学教育学部・伊藤教授からご紹介されたものです。
 研修内容は,工学系分野の実験技能の習得,研究体験,ボランティア,遠足等となっています。
 スカイプを使ってのall Englishによる面接試験を経て本校生3名が選ばれました。有意義な研修となるよう願っています。


14:35 | 投票する | 投票数(5)
2018/03/12

国分高校という校名について

| by Y.T
 生徒会誌「梨香」で標記について寄稿しましたので掲載いたします。
 
 初代校長の石井勇三郎先生は創立十周年記念講演(昭和49(1974)年)で次のように述べられている。

 「私が校長に任命された時は、既に校名は決まっていた。何故、『稲越高校』としないで『国分高校』としたのか、それは知らない。『国府台高校』は『国府台』にあるからだろうから、これにならえば『稲越町』にあるから『稲越高校』となるだろう。しかし本校が授業を始めた仮校舎は国分小学校であったので、呱呱(ここ)の声をあげた場所の地名をとって『国分高校』としたのだろうと思う。また『国分』の方が歴史的にいわれのある言葉で通りもよかったからだろう。国分小学校のそばの台地の上は、昔の国分寺、国分尼寺のあったところで、今このあたりは国分町という町内になっている。しかし、一般の人はこの読み方を『こくぶ』と読んでいた。(中略)初めのうちは間違われないように、封筒等の学校名の印刷には、全て『こくぶん』と読み仮名をつけることにした。既に創立十周年、本校の名を『こくぶ』と云う人は今はないと思う。」

 かつて県教育委員会に勤務されていた方からは、「市川高校」という校名が検討されたと聞いている。しかし、これは「市川」を冠した私立学校が既にあることから除外されたようだ。興味深い話だが記録はない。この話以外にも詳しい経緯を知っている方がいらっしゃればお聞きしたいと思っている。

次に「国分」という名称について記す。これは国分寺が由来である。

国分寺とは奈良時代の天平13(741)年、聖武天皇の命令で諸国に建立された寺である。その発端は天然痘の流行と飢饉が起こり、事態の収拾と護国(鎮護国家)の必要があったからである。国分寺は僧寺と尼寺からなり、僧寺の正式名称は金光明四天王護国之寺(こんこうみょうしてんのうごこくのてら)、尼寺は法華滅罪之寺(ほっけめつざいのてら)という。

千葉県は三つの国に分かれていたことから安房国分寺(館山市)、上総国分寺(市原市)、下総国分寺(市川市)が建立されている。

下総国分寺の僧寺は南北336m、東西360mに及ぶ広大なものであった。敷地には、金堂、講堂、七重塔(しちじゅうのとう)、僧坊、鐘楼などがあった。特に七重塔は60mを超え、柱は赤く瓦葺(かわらぶき)で最上階の相輪(そうりん)は金色に輝いていた。当時の人々のほとんどが草で覆(おお)われた竪穴(たてあな)式住居で暮らしており、大地に立つ七重塔は荘厳な建築物であったと考えられる。お寺は現在も真言宗豊山派下総国分寺として残っている。須和田公園から行くと一旦坂を下り、急な坂を登りきると本寺にたどり着く。

尼寺も南北330m、東西324mに及ぶ広大なものであった。現在は国分尼寺跡公園(国分4-17-1)になっている。公園では金堂の柱石の位置が分かるように示されており、その建物の大きさを実感することができる。和洋国府台女子中学校の隣なのでそこを目指せば行けるだろう。

下総国分寺について詳しく知りたい人は市立市川考古博物館(堀之内2-26-1)に行くとよい。

国府(こくふ)とは現在なら県庁にあたる機関。まさに地方行政の中心であり、それが置かれていたのが「国府台」である。国府台高校はその名を冠す。一方、国の安泰を願い、学問・文化・芸術の中心拠点であった国分寺。その地に有縁の国分高校。両校は千年以上の昔から深き縁(えにし)で結ばれていたといえまいか。

生徒諸君には本校を誇りに思い、なお一層の精進を期待している。


13:22 | 投票する | 投票数(7)
2018/03/12

卒業式式辞

| by Y.T

 去る3月8日(木)に卒業式がありました。式辞を掲載します。
 

寒さの中にも、春の兆しがそこここに感じられる今日の佳き日に、多数のご来賓並びに保護者の皆様方をお迎えし、卒業証書授与式を挙行できますことに、学校を代表して心からお礼申し上げます。
 卒業生の皆さん、卒業おめでとう。国分高校の3年間を振り返って、今の気持ちは、いかがですか?様々なことが思い出されるのではないでしょうか。
 感性豊かな青春時代にどれだけ多くの人に出会い、学ぶことができたのか、どれだけ多くの失敗や成功をしたのか、本校での生活が良き思い出になれば、これ以上の喜びはありません。

 さて、話はかわりますが平昌(ピョンチャン)オリンピックでは我が国は史上最多のメダルを獲得することができました。特にスピードスケートは金メダル3個、銀メダル2個、銅メダル1個と、華々しい活躍でした。

 偉業を成し遂げた選手の一人、高木美帆(たかぎ みほ)さんは、15歳の時、中学生でバンク―バ大会に出場。その後の活躍を期待されましたが、ソチ大会代表選考会は不振な結果に終わり、落選。一方、姉の菜那(なな)さんは合格。

 彼女は悔しさで一杯になります。というのも姉のように必死にオリンピック出場を目指す選手を格好悪いと思っていたからです。それは「日本の宝」とまでいわれた天才が初めて味わう挫折でした。
 その後「これからの四年間はスケートに全てをかける」と再起を誓い、練習に没頭します。オランダ人コーチ、ヨハン・デビッド氏の指導のもと、常に考えながら自身の持久力と筋力のレベルアップを図ります。

 彼は「君たちを勝たせるために来た」とメンバーに宣言。筋力強化の専門家と協力して科学的な練習メニューをつくります。練習は過酷で、「疲れがたまっている!」と訴える選手には、血液のデータなどを示し、「体は疲れていない。疲れているのは君の心と頭だ」と言い返したそうです。
 彼は、また女子パシュートで、強豪オランダに対し、日本が勝つための作戦を考案します。1年に300日以上の練習を同じメンバーで積み重ねました。
 作戦の一つは、滑る間隔をギリギリまで詰め、動きを合わせる「隊列」。これにより二番目以降の選手が受ける風圧を軽減し、余分な体力の消耗を避け、最後に全力で滑りきることができます。
 作戦の二つは、高速で滑りながらの先頭の交代。オランダが約7秒かかるのに対し、日本は約4秒にまで縮めることができました。
 作戦の三つは、エースを生かすこと。エースである美帆さんを全6周のうち3.5周を先頭で滑らせ、同じチーム選手の体力を温存します。
 帰国後、美帆さんは「徹底して練習に打ち込んだので、負ける気がしなかった。自分たちは勝つための練習をしてきたのだから」と語っています。
 挫折からの再起。常に考えながらの行動。優れた指導者との出会い。最高の作戦。徹底した努力。そして最後は自分を信じて頑張り抜く。
 今回のスピードスケートには数々のドラマがありました。

 これから皆さんは本校を巣立ち、社会という大空に羽ばたいていきます。時には困難に直面し、くじけそうになることもあるでしょう。しかし、負けないでほしいと思います。

夜がやがて明けるように、冬も、やがては春になります。永遠に続く夜も、永遠に続く冬も絶対にありません。

 保護者の方々はもちろんのこと、私たち教職員、そして一万七千人を超える同窓生が皆さんを応援しています。つらくなったら母校に来てください。歓迎します。語り合いましょう。後輩でもある皆さんの活躍を心から祈っています。
 結びに、保護者の皆様には本校教育活動にご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございました。今後とも、卒業生の母校として、ご支援賜りますようお願い申し上げ、式辞といたします。 
 平成30年3月8日 千葉県立国分高等学校長  髙野 義幸


13:11 | 投票する | 投票数(9)
2018/03/07

後期選抜の発表がありました

| by Y.T
 本日9:00に前期選抜とあわせて後期選抜の入学許可候補者の発表がありました。
 合格したみなさん,おめでとうございました。高倍率の中,よく頑張りました。「勝って兜の緒を締めよ」とあるようにこれからが大切です。皆さんの成長を祈っています。
 また,残念な結果だった皆さん。今回の結果を受け止めるには時間がかかると思いますが,悲観せず,これからの高校生活を生きていってほしいと思います。人生には様々なことがあります。夜がやがて朝になるように冬もやがては春になります。残念な結果も大きな成長の因とすることができるのです。負けないで頑張ってください。

    
09:29 | 投票する | 投票数(12)
2018/02/20

前期選抜の発表がありました

| by Y.T
 本日9:00に前期選抜の結果発表がありました。
 早朝から結果を待つ中学生と保護者の方で管理棟付近は一杯になりました。
 合格された皆さん,おめでとうございます。皆さんの努力が実を結びました。心からお祝い申し上げます。
 一方で,残念な結果になってしまった皆さん,悔しかったと思います。悲しかったと思います。皆さんの様子を見て私も悲しくなりました。しかし気落ちしないでください。後期選抜では40%の定員枠があります。新たな気持ちで頑張ってほしいと願っています。
 

 校内では
11:56 | 投票する | 投票数(20)
2018/02/05

暖かな陽気でした

| by Y.T
 昨日(2月4日(日)),本校地元の稲越自治会様からご招待いただき懇親会に参加してきました。寒い日が続いていましたが,久しぶりの暖かな陽気に足取りも軽かったです。途中,本校の様子を外から見ましたが,さわやかで晴れ渡る空に清々しくなりました。
 写真は,本校東門(プレートは第47期卒業生が寄贈)とその近くから見た校舎です。
 
  会合では道の駅「いちかわ」(本年4月オープン予定)の話がありました。この施設は国分6-10-1に
11:03 | 投票する | 投票数(10)
12345