カウンタ

Since 2018/09/08321670

携帯サイト


 携帯・スマートフォンはこちらから
 

リンクリスト

講師登録案内

講師の登録について
(千葉県教育委員会)
 

緊急のお知らせ

現在、緊急のお知らせはありません。

 

10月5日(土) 学校見学会について

 10月の学校見学会に関するお知らせを掲載しました。
 こちらから
 

体育館の耐震工事について

体育館の吊天井撤去工事が令和元年9月13日(金)から令和2年1月末まで行われます。
体育館耐震工事保護者あて.pdf
工事連絡事項.pdf
 

平成30年度学校評価保護者アンケートについて

平成30年度学校評価保護者アンケートでいただいたご意見やご質問の一部について回答を掲載しました。
こちらから
 

鴻陵日記(平成31年度)

・・・校長室だより・・・(H31)
12345
2019/09/12

進路実現に向けて

| by karikomi
 本日の6限、3年生は学年集会において、センター試験に関する説明を受けました。また、一般入試バックアップ講座として、9月20日まで、大学入試に関して大学ごとに説明を受けることができます。
 鴻陵祭の余韻に浸りたいところですが、気持ちをしっかり切り替え、進路実現のため一歩ずつ前に進んでいきましょう。
 一般入試バックアップ講座
9月12日 千葉大学 日本女子大学 千葉工業大学 学習院大学 神田外国語大学
  13日 國學院大學 大妻女子大学/大妻女子大学短期大学部 明治大学 千葉県立保健医療大学 東京電機大学 日本大学/日本大学短期大学部
  18日 成蹊大学 東京理科大学 共立女子大学/共立女子短期大学 東京農業大学 専修大学 青山学院大学
  19日 東邦大学 武蔵大学 昭和女子大学 国際医療福祉大学 駒沢大学 中央大学
  20日 東洋大学 文教大学 法政大学 芝浦工業大学 順天堂大学医療看護学部

 1日2大学、最大で10大学の説明を聞くことができます。
15:51
2019/09/11

鴻陵祭 閉祭式

| by karikomi
 本日は、鴻陵祭の解体・復元作業を行いました。
 作業終了後、体育館において閉祭式が行われました。
 閉祭式では、有志・部活動部門・PR部門(各学年)・装飾部門(各学年)・娯楽部門(1年生)・食品部門(2年生)・特別賞・鴻陵部門(3年生)の順に発表され、それぞれ生徒会から賞状やトロフィーが授与されました。
 そして文化委員長の思、生徒会長から感謝の言葉ののち閉祭が宣言されました。
 今年度の鴻陵祭、二日間で来場された方は、4,257名でした。本当にありがとうございました。
   
   
15:51
2019/09/08

鴻陵祭 後夜祭

| by karikomi
 台風15号の影響が心配された、今年の鴻陵祭でした。台風に備え、完全下校の時間を早めるという対応のなか、予定通りの公開を終えることができ、時間が変更になった後夜祭もとても良い盛り上がりになりました。
 ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。
  
17:07
2019/09/07

市川よみうりに掲載されました

| by karikomi
 夏休み中に行われた、夏休み小中学校指導体験教室の内容が、9月7日発行の「市川よみうり」に掲載されました。
 本校の取り組みを紹介していただき、ありがとうございます。
 記事の内容は、こちらです。
 夏休み小中学校指導体験教室.pdf

09:00
2019/09/06

鴻陵祭開祭式

| by karikomi
 明日からの鴻陵祭を控え、本日午後から開祭式が行われました。
 今年の開祭宣言は、これまでと違った趣向で、鴻陵祭の歴史を振り返りながら、令和という新しい時代の幕開けを感じさせる演出でした。
 その後、書道部、ダンス部、演劇部の紹介がありました。
  
 その後、各クラスの発表PRが1年生から順次行われました。大変な盛り上がりでした。明日からの鴻陵祭、皆様のご来校をお待ちしております。
    
14:51
2019/09/05

同窓会からの激励

| by karikomi
 今週末に開催される、東関東吹奏楽コンクールおよび関東高等学校弓道個人選手権選抜大会に出場する、吹奏楽部と弓道部に対し、同窓会より記念品をいただきましたので、校長室で贈呈しました。
 よい準備をし、最後まで自分を信じて、力を発揮してきてください。

 
14:30
2019/09/02

2学期始業式

| by karikomi
 本日より2学期が始まりました。1限に大掃除、2限始業式に続き、1・2年生は課題テストののち授業、3年生は3限から授業を行いました。
 始業式の前に夏休み中の大会等の賞状伝達並びに披露を行いました。その内容は次のとおりです。
 弓道部  第30回千葉県高等学校弓道遠的大会 女子個人の部 優勝
      第38回関東高校弓道個人選手権選抜大会千葉県予選 千葉県代表(関東大会出場)
 吹奏楽部 千葉県吹奏楽コンクール ジュニア部門 優良賞
      千葉県吹奏楽コンクール A部門     金賞(東関東大会出場)
 書道部  第68回千葉県小中高校席書大会    千葉県知事賞(1位相当)
                         千葉日報賞(3名)
      第50回近江神宮全国献書大会     滋賀県知事賞(4位相当)
                         審査委員長賞
                         献書会長賞

      第71回毎日書道展 U23篆刻の部   入選(6名)
   
 始業式での校長講話の内容です。
 今年も暑い夏でしたが、8月の台風の上陸や豪雨による被害が相次ぎました。また、昨日の防災の日には九都県市防災訓練が行われました。。災害に対し、どう行動すべきか考える機会としてください。
 また、東京オリンピック・パラリンピックにプレ大会や代表選考会が行われました。その中でスポーツクライミングでオリンピック選手に内定した女子選手の新聞記事から「経験を重ねること」の大切さが記載されていましした。模試や練習試合が終わった瞬間の自分の気持ちを大切にし、次に生かすことが重要です。夏休み中に全国大会に出場した皆さん、お疲れ様でした。この経験をぜひこれからに生かしてください。関東大会等への出場が叶った皆さん、大きな舞台で自分の力を出せるよう良い準備をしてください。
 2学期は1年で最も充実する学期です。学校行事や学習、部活動等にしっかり取り組むとともに、自分の進むべき道を考えてください。何かを始めることに遅すぎることはありません。一歩踏み出す勇気と挑戦するやる気、そして諦めない根気をもって取り組んでいく姿を期待しています。
 最後にお知らせとお願いがあります。
 9月13日から1月いっぱいまでの予定で体育館の工事が行われます。授業や部活動、駐輪場で迷惑をかけますが、安全に工事を進めてもらいますので、協力をお願いします。
 また、夏休み中に近隣の方から交通ルールに関する注意をいただきました。誰にでも加害者になってしまう可能性があります。少しくらいと思わず、ながらスマホをしないなど交通ルールを順守してください。
 そして皆さんは、多くの悩みを抱えていたり様々なことで心が揺らいでしまうことがあると思います。そのような時はどうか一人で抱え込まないでください。家族や友人・先生に話を聞いてもらってください。電話相談やSNSによる相談も行われています。話すことで気持ちが楽になります。皆さんの周りには支えてくれる人が必ずいます。そのことを忘れないでください。
 
11:51
2019/08/26

第69回全国高等学校PTA連合会大会 京都大会

| by karikomi
 8月22日(木)23日(金)と開催された、第69回全国高等学校PTA連合会大会京都大会に本校からPTA会長さん副会長さんとともに参加してきました。
  

 今回の大会は、メインテーマ「Kyoから!未来を拓く」サブテーマ~受け継ぎ、創る新たなストーリー~と設定され、22日は、高校生によるアトラクションの後開会式が行われ、引き続き分科会が行われました。新たな試みとして、1日目に分科会、分科会も各テーマによる各学校の実践報告形式から、パネルディスカッションや参加者によるグループディスカッション、ワークショップと新たなスタイルの分科会が企画されていました。
 本校は第1分科会「<よくできる>とはどういうことか?-大学は、自分の可能性を見つける場である」に参加しました。基調講演では、高校は学習の場であり大学は学問の場である。高校では問題を解決する能力が必要とされ大学では問題を発掘し提示する力が求められるということと自分が感じた言葉で相手に伝えることが大切だという内容でした。これは5+5=( )という問題をこたえる力から( )+( )=10という問題を創る力が求められることだと感じました。その後のパネルディスカッションにおいても改めて考える機会をいただきました。
  

 23日は、2校の高校によるアトラクションの後、日本電産株式会社 代表取締役会長 永守重信氏による記念講演「学校教育・家庭教育に思うこと」が行われました。氏は、人材の採用、育成、活性化に他社とは異なるユニークさがあり「情熱・熱意・執念」の大切さと前向きで積極的な考え方重要性を説き、学歴フィルター・社歴・年齢・性別を問わない人事体制のもと会社の急成長を果たし注目されています。また、偏差値とブランドからの脱却を目指し即戦力人材の輩出を目指した学校経営について、豊富な経験と巧みな話術により笑いあふれるテンポの良いお話しを伺うことができました。講演の後、各分科会の報告があり大会が閉会いたしました。
  
09:00
2019/08/21

第2回学校説明会

| by karikomi
 本日第2回目の学校説明会を実施いたしました。
 まだまだ残暑厳しい中、午前の部午後の部合わせて700名以上の方に参加していただきました。
 前回の説明会では披露できなかった吹奏楽部の演奏も聴いていただきました。
 中学生の皆さん、進路の実現を目指し、諦めることなく自分の力を信じて頑張ってください。
  
16:58
2019/08/05

首都圏進学フェア

| by karikomi
 毎年実施されている進学塾主催の首都圏進学フェアが、8月3日4日の両日、幕張メッセで開催されました。
 大変な暑さの中、高校入試に関する情報や各高校の特徴など、受験生は保護者とともに真剣に情報収集をしていました。各校のブースには長い行列ができ、通路は歩けないほど大勢の人で埋め尽くされていました。
 本校は両日とも職員7名体制で、中学生や保護者の方に学校説明を行いました。熱心に質問に対して、職員は一つ一つ丁寧に答えていました。
 充実した3年間を過ごせるよう、自ら決断し目標に向かって頑張ってほしいと思います。

<今後の予定>    学校説明会・見学会日程
 8月21日(水)10:00~市川・浦安市内の中学
                      13:30~市川・浦安市外の中学
10月5日(土) 12:50~授業公開
                      14:00~説明会
11月9日(土) 10:00~
             

※10月以降の予定については、体育館工事の関係で内容が変更になることが予想されます。決定次第学校HPにてお知らせします。
※学校訪問等には個別対応もしています。詳細は学校までお問い合わせください。

09:03
12345

鴻陵日記(平成30年度)

・・・校長室だより・・・(H30)
12345
2019/03/29

ありがとうございました。

Tweet ThisSend to Facebook | by ishizuka
 3月末まであと二日ほどありますが、本日をもって国府台高等学校を去ることとなりました。
 校庭の桜はまだこれからが盛りという状況ですが、
 「さまざまの ことおもひ出す 桜かな」  芭蕉
 三年間のいろいろなことを思い出しながら、校庭を一周しました。
 
 平成28年4月から三年間にわたり、ご支援、ご協力を賜りました多くの皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
 平成31年度、国府台高等学校は創立76年目を迎えます。歴史と伝統を継承しつつ、新たな教育改革に対応するべく、一層一丸となってより良い学校づくりを目指してまいります。今後ともご理解、ご支援賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
 
 鴻陵日記(校長日記)をお読みいただき、ありがとうございました。


18:02 | 投票する | 投票数(11)
12345

鴻陵日記(平成29年度)

・・・校長室だより・・・(H29)
12345
2018/03/23

賞状伝達式・終業式

Tweet ThisSend to Facebook | by ishizuka
○賞状伝達
   書道部  第8回全国青少年書き初め大会 全国書道高等学校協議会理事長賞
                                                   全日本高等学校芸術教育研究会会長賞
              第44回千葉日報書道展(第9回高校生展)最優秀賞
              第70回記念千葉県小中高校書き初め大会 千葉県議会議長賞
              第54回全日本書き初め大展覧会 日本武道館理事長賞
              第23回全日本高等学校書道コンクール  最優秀校(全国優勝)
              ※披露のみ
                第44回千葉日報書道展(第9回高校生展)優秀作品
     第8回全国青少年書き初め大会       審査委員奨励賞
     平成29年度明るい選挙啓発書き初め作品 会長特別賞・優秀賞
                  第70回記念千葉県小中高校書き初め大会 千葉日報社賞
                  第54回全日本書き初め大展覧会     中国大使館賞
                                                                 全日本書写書道研究会賞
                                                                 朝日新聞社賞
                                                                 日本経済新聞社賞
                  第23回全日本高等学校書道コンクール  大賞(部門賞)
                                     準大賞(準部門賞)
 吹奏楽部 東関東アンサンブルコンテスト  木管八重奏 銅賞  
      西部地区個人コンクール     アルトサックス独奏金賞(地区代表)
            ※披露のみ
              西部地区個人コンクール         金賞・銅賞

○同窓会奨励
 書道部
 吹奏楽部
 ダンス部

○終業式の式辞でこんな話をしました。
 29年度の締めくくりとして、自分の1年間をしっかり振り返ってみてください。
 これまでに、「やれなかった、やらなかった、どっちかな」「やる気のスイッチを入れるのは自分しかいない」という話をしました。思うように学習に取り組めなかった人は、特に、「とりあえずやってみる」、「今日は昨日よりちょっとがんばる」、そんな積み重ねが必要だと思います。
 また、この一年間、「主体的に学び、国府台マインドを磨いてほしい」という話もしてきました。いろいろな考えの人たちが集まっている集団での生活だからこそ、学びあうことも刺激しあうこともできます。一人では頑張れないことも仲間がいると頑張れることもあります。一人ではできないことも協力すれば何とかなることもあります。仲間とともに切磋琢磨し自分のいろいろな力を高めてほしいと思います。自分のことをより深く知るとともに人の気持ちに寄り添い、お互いを理解しようと努めてほしいと思います。人間は、他人には厳しく、自分には甘くなってしまう傾向があります。他人のことはあれこれ評価しますが、自己評価をするのは難しいです。「つもり十訓」という自戒を込めた教訓を紹介しました。
 そして、来年度のさらなる活躍を期待しエールを送りました。


11:00 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
12345

鴻陵日記(平成28年度)


2017/03/24

賞状伝達式・終業式

Tweet ThisSend to Facebook | by ishizuka

○賞状伝達
 書道部   第7回全国青少年書き初め大会  国立青少年教育振興機構理事長賞
              第25回国際高校生選抜書展   大賞
              第43回千葉日報書道展(第8回高校生展)高校生最優秀賞
              第53回全日本書き初め大展覧会 日本武道館会長賞(席書の部)
                                     (公募の部)
            ※披露のみ
         第25回国際高校生選抜書展  入選2名
                                             (団体)南関東地区優勝
                   読売書き初めコンクール    入選
                   第7回全国青少年書き初め大会  全日本高等学校芸術教育協議会長賞
              (団体)高等学校文化連盟全国書道専門部会長賞
        平成28年度明るい選挙啓発書き初め作品 優秀賞2名
                   第69回千葉県小中高校書き初め大会   千葉日報社賞
                   第53回全日本書き初め大展覧会     全国高等学校長協会賞
                   第22回全日本高等学校書道コンクール  準大賞3名
                                    (団体)優秀校 
 吹奏楽部  西部地区個人コンクール木管部門   金賞第1位(地区代表)2名
               尚美高校生ソロコンテスト      優秀賞
               尚美高校生アンサンブルコンテスト フルート三重奏 優良賞   
            ※披露のみ
               西部地区個人コンクール 金管・打楽器部門 金賞 
                      木管部門      銀賞

○終業式
 28年度が終わります。
 年度の区切り、節目にあたって、自分の目標を達成することができたか、学習・部活動・学校行事を通して今まで気が付かなった自分に出会ったか、周りの人たちのコミュニケーションが図れたかなど、 一年間の振り返りをしてほしいと話しました。
 また、新聞に発表されていた国立青少年教育振興機構が実施した日米中韓「勉強」意識調査の結果を話しながら、今後の本校での学校生活(学習面)について私の願いを話しました。
 あいだみつお 「そのうち そのうち 弁解しながら 日が暮れる」
                   「あのねぇ 自分にエンジンをかけるのは 自分自身だからね」を紹介し、弱くて負けてしまいそうになる自分と闘っていってほしい、振り返りをし新たな目標を作成して、来年度さらに自己実現できるよう頑張ってほしいとエールを送りました。