■ 主体的に学び、国府台マインドを発揮しよう!
  千葉県立国府台高等学校
272-0827 千葉県市川市国府台2-4-1 TEL 047-373-2141 FAX 047-373-7902
 

アクセスカウンタ

トータル165013

携帯サイト


 携帯・スマートフォンはこちらから
 

リンクリスト

お知らせ

*現在、緊急のお知らせはありません。
 
 

平成30年度入試 選抜・評価方法

*「入試情報」の頁に平成30年度入試選抜・評価方法を掲載しています。
 PDFファイルをご覧ください。
 

学校からの最新のお知らせ

 RSS

日誌

公募展結果2111/18 15:40
第56回伊勢神宮奉納書道展の結果は下記の通り。 ・伊勢神宮崇敬会賞1名 ・大会委員長賞1名
公募展結果2011/18 15:30
第59回大東文化大学全国書道展の結果は下記の通り。 ・全国書美術振興会賞1名 ・推薦賞5名 ・優秀団体賞
2学年PTA進路講演会・クラス懇談会11/18 10:37
 本日、PTAと学年主催の保護者向け進路講演会が会議室で実施され、140名を超える保護者のみなさまにご参加いただきました。 最初に、学年主任から校外学習の報告や現在の子どもたちの状況等の話があり、その後、駿台予備学校津田沼校の校舎長 ...
学校を核とする県内1000か所ミニ集会11/17 10:33
 本日、開かれた学校づくり委員会主催で本年度の1000か所ミニ集会を実施しました。 昨年より、学校、家庭、地域が連携して国府台高校周辺地域の清掃活動に取り組んでいます。今年も天気に恵まれ、予定通りの実施となりました。  開かれた学校づ...
芸術家の派遣事業11/17 10:30
 今年も文化庁の事業である「芸術家の派遣事業」を活用して、1年生の書道の授業で学芸員による鑑賞授業を実施しています。(14日、17日、21日)  パワーポイントを使ってどのように鑑賞するのか手順の説明がありました。  「作品と向き合い...

鴻陵日記(平成29年度)


2017/04/13

進路説明会・進学対策講座・柔道場の畳入れ替え

Tweet ThisSend to Facebook | by ishizuka
 ○ 1学年
 6限に体育館において進路説明会を行いました。
 はじめは進路指導主事より本校の卒業生の進路結果の報告があり、さらに本校の進路指導計画にそって1年間の流れが説明されました。
 予習等家庭学習をしっかり行い、授業を大切にすること、学業だけでなく、忍耐力や協調性などの人間的成長も必要なことなど、これからの高校生活において大事な心構えなどが話されました。先の見通しを持ちつつ、自分の進路についてしっかり考えていきましょう。
 その後、学年主任から、代表生徒とユニークな会話をしつつ実験を通して、「力積」の説明がありました。時間を見つけながらコツコツと積み重ねることの大切さが理解できたのではないかと思います。
   

○ 3学年
 同じく6限に小体育館で進学対策講座を行いました。
 進路主体で先生方から、具体的な学習計画の立て方、目標設定の方法、学習方法や問題集の活用に至るまで、きめ細かなアドバイスがありました。生徒は真剣に話を聴いていましたが、やる気のスイッチがすぐに入れられるでしょうか・・・
 自分の道は自分で決める。「そのうち」ではなく、「今でしょ」何事にも一生懸命向き合い、時間を有効に活用しながら自分の進路実現に向けて歩み始めてください。
 

○ 柔道場の畳入れ替え
 昨年度から懸案事項であった柔道場の畳をやっと入れ替えることができました。
 残念ながら全くの新品ではありませんが、今までの畳に比べればかなりしっかりした
もので全面入れ替えができたことは、本当に良かったと思います。
 今までかなり安全面に配慮しながら、生徒にも不便をかけていましたが、これからは、思いっきり心身鍛えてほしいと思います。 
   

17:15 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0)

校外学習

平成29年度 2年生校外学習(修学旅行)
2017/11/05

4日目(最終日)

Tweet ThisSend to Facebook | by 2学年校外学習団
本日は各クラス別見学→首里城→国際通り→那覇空港の日程で帰途につきました。
1組、2組、5組、8組 佐喜眞美術館
3組、6組 道の駅かでな
4組、7組 嘉数高台公園
  
部屋のカギを返して準備完了。あいにくの小雨でしたが、クラス目的地に出発

 
首里城は「首里城祭」で大勢の人でにぎわっていました。行列の通過を待って集合写真を取る一幕も。

空港に全員時間通り集合完了。担任の先生からチケットを受け取り搭乗口へ。
  
無事羽田到着、解散。家に帰るまでが校外学習です。
 
佐喜眞美術館の館長が「これからの時代を担うあなたたちが今の平和をどう考えるかだ」とおっしゃっていました。今回の校外学習の成果を発信していってください。また、今回のいろいろな経験を、これからの学びに向かう力に生かしてくれることと期待しています。
10:06 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2017/11/04

3日目 コース別体験学習

Tweet ThisSend to Facebook | by 2学年校外学習団
本日はコース別に体験学習を行いました。
1コース 美ら海水族館→吹きガラス・グラスボート
2コース 美ら海水族館→カヌー・マングローブ散策
3コース 沖縄家庭料理とお菓子作り→美ら海水族館
4コース 自然洞窟体験→美ら海水族館
5コース ビーチトレッキング→美ら海水族館
6コース グラスボート→海中公園・美ら海水族館
7コース グラスボート→美ら海水族館
     
  
   
上段左から 2コース カヌー 4コース 自然洞窟探検 1コース グラスボート
中段左から 5コース ビーチトレッキング 6コース グラスボート 3コース 沖縄家庭料理
下段左から 1コース 吹きガラス 2コース マングローブ散策 7コース グラスボート

番外編 朝のビーチでは各部活動の朝連が行われていました。一般宿泊客に配慮のため声だし禁止。暗い静まり返ったビーチに、砂をける音がしていました。

00:25 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
2017/11/02

2日目調査発表②

Tweet ThisSend to Facebook | by 2学年校外学習団



各班とも、先行研究、本日の調査から、考察をまとめることが出来ました。
調査に行っていろいろ試食させてもらった班もあるようです。
この課題解決学習のメソッド、主体的な学習は学力向上への道です。
いろいろな機会にいろいろな発信が出来るようになろう。目指せグローバル人。
22:24 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2017/11/02

2日目調査・発表

Tweet ThisSend to Facebook | by 2学年校外学習団


ホテルに到着後すぐに各発表場所でプレゼン資料の作成にかかりました。途中のコンビニで写真をプリントするなど準備万端です。
17:43 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0)
2017/11/02

2日目 班別研修

Tweet ThisSend to Facebook | by 2学年校外学習団


今日は班別に事前学習した内容を聞き取りで検証しに行きます。早朝からタクシーが迎えに来てくれています。運転手さんと打合せの後各方面に出発です。
各班自分たちのテーマ(課題)に沿った聞き取りを2か所で行ってきます。帰ってきたらまとめたのち、プレゼンの準備です。
11:51 | 投票する | 投票数(12) | コメント(0)
2017/11/02

1日目 平和講話

Tweet ThisSend to Facebook | by 2学年校外学習団

夕食の後、2クラスずつ4人の講師の方々から平和講話を受講しました。ガマ体験や、バスガイドさんの話と重なり、より深い話になりました。あっという間の1時間でした。これから平和を守っていくという決意を新たにしていました。
11:42 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2017/11/01

校外学習1日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 2学年校外学習団

朝の受け付けも集合状況良好につき30分早めて開始しました。
急遽機材(飛行機)が変更になり搭乗ゲートが変更になりましたが、
スムーズに移動・搭乗できました。
23:08 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2017/10/16

平成29年度校外学習(修学旅行)について

Tweet ThisSend to Facebook | by 2学年校外学習団
国府台高校では修学旅行を「校外学習」と呼んでいます。
生徒それぞれがテーマを持ち学習した上で、全国各地に赴き、現地での聞き取り調査を通じて人と触れ合い、その地域のことを研究していきます。
現地での研究発表会や報告書作成を含めて、テーマ・企画・情報収集・研究発表すべてを自分たちで作り上げる現地聞き取り調査活動!
それゆえ、『校外学習』と呼ばれ、国府台高校の最も大きなイベントの1つになっています。
今年度の行き先は『沖縄』です。
 

■ 目的
 地域に学ぶ「調査・研究活動」を通じて、社会を見る視点を養うとともに、自主性・自立性を育成し、実り豊かな高校生活を築いていく。
①戦争に悲惨さを受け止め、「平和」の大切さについて考える。
②沖縄の文化、産業、自然、歴史などについての調査研究活動を通じて、主体的に学習に取り組み、様々な面から沖縄について調べ、研究報告する。
③秩序ある団体行動、規範意識、社会性を身につける。
(1)団体行動であることを自覚し、自分勝手な行動は慎む
(2)公衆道徳を守り、周囲の人々に迷惑をかけないようにする
(3)時間を守って行動する。5分前行動を徹底する
④生徒相互の交流による協調性と人間性の向上を目指し、相互理解と親睦を深め、連帯感を培う。

■ 実施計画
 10月31日(火) 結団式
 11月 1日(水) 出発・平和記念公園・ガマ追体験(クラス別)・平和講和・ネストホテル那覇泊
 11月 2日(木) 終日班別行動(聞き取り調査)・ホテルにて調査学習発表会・ホテルムーンビーチ泊
 11月 3日(金) コース別学習・ホテルムーンビーチ泊
 11月 4日(土) クラス別・首里城・国際通り・那覇空港・帰宅


■ しおり巻頭言(団長・学年主任)

 ・<足元を知る> 団長 黒川康宏
 私が小学校4年生の5月15日、沖縄が日本に返還された。その日は、返還を記念し学校は半日になった。「なんだ祝日にならないのかよー」と大声で言ったところ、「休みのことばかり考えているんじゃない」と担任の先生に怒られてしまったのを覚えている。
 さて、皆さんは今回沖縄についていろいろなテーマで調査しているが、初めて知ることがたくさんあったのではないだろうか。グローバル社会に生きる皆さんには、今回学んだことを発信できる能力・資質が求められている。外国の方は、日本人ならば沖縄のことは知っている当たりまえと思っているだろう。千葉県人でなく日本人なのだ。では、千葉県のことはどれだけご存知か?市川市いや国府台はいかがか?足元にはまだまだ知らないことがたくさんある。まずは自分の足元から知って、発信できるようになってもらいたい。今回の校外学習を機に、日本人としてのアイデンティティを持ち、コミュニケーション能力、チャレンジ精神など国府台マインドを持ったグローバルな人間になってほしいと思っている。

 ・<校外学習に寄せて> 学年主任 中村久美子
 9月20日に衝撃的なニュースが流れた。沖縄読谷村の「チビリガマ」が何者かに荒らされたという事件だった。「チビリガマ」は72年前の沖縄戦で、「集団自決」が起き、85人が犠牲になったところである。沖縄にある多くのガマで「集団自決」が起きたが、「チビリガマ」はその悲劇性において群を抜いている。他のガマは戦後慰霊の場所として一般に公開され、平和学習の重要な拠点になっている。私たちも今回入壕し、お話を伺うことで、沖縄戦時の人々の避難生活を追体験することとになる。しかし「チビリガマ」は遺族たちの「そこは墓であり、鎮魂の場である」という思いから、立ち入りを禁止されていた。そこに何者かが立ち入り、中に残っている当時の生活用品を壊し、そこにある遺骨を踏み荒らしたのである。
 私はこのニュースを聞いた時、アンネ・フランクの墓にナチスの卍と「ユダヤ虐殺はなかった」と書いた犯人と同じような考えの持ち主の犯行かと思った。ところが、犯人はそこがそういう場所であると知らずに、お化け屋敷の感覚で肝試しに行ったという地元の少年たちであった。「無知と無関心」これがこの蛮行の根源だったのである。
 ノーベル平和賞を受賞したマザーテレサが、平和賞の授賞式でスピーチした中に「愛情の反対は無関心。どうか貧困の中で病気に苦しむ人たちに関心を持って下さい。」というフレーズがあった。世の中で起こっている様々な事柄を自分の関係のないこととして無関心でいることは罪であるとマザーテレサは訴えたかったのであろう。
 私たちは、沖縄を訪問する。その地を行くことは、かかわることの第一歩である。沖縄に行き、沖縄の人、自然、文化、風土、歴史に触れ、関わることで、沖縄で、世界で起こっている様々な事柄を自分の目で確かめて、視野を広げてほしい。
 今回の校外学習実施にあたっては多くの人たちが関わっている。旅行委員、班長、クラスの人たち、添乗員さん、写真屋さん、看護師さん、保護者、教員、そして皆さんを受け入れてくださる沖縄の人たち、多くの人たちの努力と思いを無駄にしない、充実した四日間にしよう。私たち教員は、あなたたちが無事に、自分の心に大きなお土産を持って帰ってくることを切望している。
19:26 | 投票する | 投票数(13) | コメント(0)

鴻陵日記(平成28年度)

・・・校長室だより・・・(H28)
12345
2017/03/24

賞状伝達式・終業式

Tweet ThisSend to Facebook | by ishizuka

○賞状伝達
 書道部   第7回全国青少年書き初め大会  国立青少年教育振興機構理事長賞
              第25回国際高校生選抜書展   大賞
              第43回千葉日報書道展(第8回高校生展)高校生最優秀賞
              第53回全日本書き初め大展覧会 日本武道館会長賞(席書の部)
                                     (公募の部)
            ※披露のみ
         第25回国際高校生選抜書展  入選2名
                                             (団体)南関東地区優勝
                   読売書き初めコンクール    入選
                   第7回全国青少年書き初め大会  全日本高等学校芸術教育協議会長賞
              (団体)高等学校文化連盟全国書道専門部会長賞
        平成28年度明るい選挙啓発書き初め作品 優秀賞2名
                   第69回千葉県小中高校書き初め大会   千葉日報社賞
                   第53回全日本書き初め大展覧会     全国高等学校長協会賞
                   第22回全日本高等学校書道コンクール  準大賞3名
                                    (団体)優秀校 
 吹奏楽部  西部地区個人コンクール木管部門   金賞第1位(地区代表)2名
               尚美高校生ソロコンテスト      優秀賞
               尚美高校生アンサンブルコンテスト フルート三重奏 優良賞   
            ※披露のみ
               西部地区個人コンクール 金管・打楽器部門 金賞 
                      木管部門      銀賞

○終業式
 28年度が終わります。
 年度の区切り、節目にあたって、自分の目標を達成することができたか、学習・部活動・学校行事を通して今まで気が付かなった自分に出会ったか、周りの人たちのコミュニケーションが図れたかなど、 一年間の振り返りをしてほしいと話しました。
 また、新聞に発表されていた国立青少年教育振興機構が実施した日米中韓「勉強」意識調査の結果を話しながら、今後の本校での学校生活(学習面)について私の願いを話しました。
 あいだみつお 「そのうち そのうち 弁解しながら 日が暮れる」
                   「あのねぇ 自分にエンジンをかけるのは 自分自身だからね」を紹介し、弱くて負けてしまいそうになる自分と闘っていってほしい、振り返りをし新たな目標を作成して、来年度さらに自己実現できるよう頑張ってほしいとエールを送りました。


12345

コラム

コラム
2017/11/03

11月3日(金)各種イベント参加

Tweet ThisSend to Facebook | by tanino
☆フェンシング部ニッケコルトンプラザにて、市川市が主催するフェンシングキャンプPRイベントに出演しました。
  

ダンス部(1年)は「いちかわ市民まつり」に出場。「わくわくステージ」にてダンス発表を行いました。
   
 




15:40

学校からの連絡

緊急連絡お知らせメール
一件も該当記事はありません。

学校から家庭へのメール配信サービス

家庭連絡[全件一覧]

一件も該当記事はありません。