検見川日誌

検見川日誌
12345
2020/11/18

1学年国際交流

| by kemigawa-h
学年で国際交流行事を行いました。
8名の外国人留学生(アルゼンチン、マレーシア、ベトナム、マーシャル、スリランカ、タンザニア)を各クラスに1名ずつお招きして交流しました。

生徒達は、班別に日本文化について映像を交えながら英語でプレゼンを行いました。生徒はみな、自分のスピーチを暗記し、堂々と日本文化の紹介をしてくれました。その後、外国人留学生から、それぞれの自国の文化や歴史についてレクチャーを受け、質疑応答も含め活発に交流が出来ました。

最後に記念写真撮影もして、思い出に残る有意義な国際交流行事となりました。

令和2年度国際交流 スリランカからの留学生令和2年度国際交流 生徒による日本の行事の紹介令和2年度国際交流 学生服を試着するマレーシアからの留学生
令和2年度国際交流 留学生によるマーシャル諸島の文化の紹介令和2年度国際交流 生徒による日本の踊りの紹介令和2年度国際交流 マレーシアからの留学生
令和2年度国際交流 みんなで記念写真 その1令和2年度国際交流 着物を試着するベトナムからの留学生令和2年度国際交流 みんなで記念写真 その2
18:00 | 今日の出来事
2020/09/18

同窓会寄贈のプロジェクター配備

| by 学校HP担当者
本日、同窓会より寄贈されたプロジェクターと収納用のキャビネットが、
全3年HR教室に配備されました。
従来は、授業前に複数の機器類を搬入してから授業準備に入っていましたが、
今後は、この機材搬入の手間が省け、コンピュータや視聴覚教材を活用した
授業の展開が容易になります。

11:39
2020/01/30

職員向けICT研修

| by 学校HP担当者
 本校を含む県立高校の3校に今年度導入され、利用が始まったタブレットについての職員研修を行いました。
 タブレットでは具体的にどのようなことができるのか、授業で活用するためには、どのような手順が必要かなどについて、ICT支援員や関係業者を交え、本校の職員が講師となって、Microsoft Teamsの活用方法などを研修しました。
 その後、教科別にどんな科目や単元で、どのように利用が可能かについて意見交換し、有意義な研修となりました。
 本校では、これからも多くの教科でタブレット利用を進め、ICTの活用を推進していきます。


18:17
2019/12/17

マレーシアの生徒の皆さんと交流を行いました。

| by 学校HP担当者

123日(火)にマレーシアのSMK AMINUDDIN BAKI校の生徒29名の皆さんと交流会を行いました。

歓迎会後の校内案内や茶道部の体験などを通して、マレーシアの学校と日本の学校の違う部分をたくさん知ってもらえたと思います。

検見川高校からは34名の生徒が参加し、お昼ご飯を一緒に食べたり、一緒に写真を撮ったりと、生徒たちにとってとても良い経験になりました。

また、伝えたいことがうまく伝わらずボディーランゲージなどを使いながら頑張ってコミュニケーションをとる生徒もいました。

 

東京オリンピック・パラリンピックを来年に控え、生徒たちが英語を使う機会はますます増えていくでしょう。

今回の交流が生徒たちにとって、英語をより身近に感じる一つのきっかけになれば嬉しいと思います。




12:29
2019/11/11

フェンシング 真砂西小での出張講座

| by 学校HP担当者
11月8日(金)5限、真砂西小学校6年生の総合学習
「オリンピック競技 フェンシングを知ろう」の授業で、
本校フェンシング部顧問の本間奈々絵教諭が講演を行い、
2年生部員4名が実演をしました。
本間教諭の講演は、フェンシングには3種目あるという話から始まりました。
ヨーロッパの騎士たちの決闘を起源として、お城の中の狭い通路での戦い、
馬に乗った戦いなど、起源や歴史により種目やルールが生まれ、
試合で着るメタルジャケットも違うという話がありました。
次に、フェンシング部員による迫力ある実演を間近で見ながら、
試合の得点方法などについて説明を聞きました。
子どもたちからは、剣を持つ手にはめるグローブのことや、
試合中に選手が上げる声についてなど、具体的な質問も出ました。
最後に、子どもたちも、剣を実際に触って握り方や構え方を教わり、
その後には体育館のあちらこちらで試合の様子を真似する光景が見られました。
子どもたちからは「実演を見てかっこいいと思った。」
「来年のオリンピック・パラリンピックを見てみたい。」
「ルールが難しいけど、もっと知りたいと思った。」などの言葉が聞かれました。


08:37
12345