日誌

生物同好会 >> 記事詳細

2021/04/02

生物同好会 検見川浜調査3月

| by 生物同好会顧問
3月30日(火)、今年度最後の生態調査。今回の潮位は14cm(千葉港の潮位)と、かなり低い状態での調査となりました。またいつもは見かけられないアマモを発見しました。

前述の通り、今回は潮位がかなり低かったため砂泥帯でも何かしら捕れると予想をたてて生態調査に臨みました。結果いつもは捕れない生き物としてオキアミ類、エビジャコ類を捕獲することができました。しかしエビジャコ類に関しては潮位が低かった、というよりは例年同様産卵目的のために浅瀬へ出てきてといった方が正しいのかもしれません。

一方岩礁帯では何も捕獲できませんでした。正確には捕獲することができなかったです。潮位が低かった影響か、はたまた人為的なものかは分かりませんが、普段採取していた場所が砂利で埋められていたため、カニを確認することができませんでした。そのため今回捕獲したカニは、砂泥帯の地面から突出している岩から採取しました。
今回捕獲した生き物はヒライソガニ、ケフサイソガニ、ヨコエビ類、オキアミ類、ケヤリムシ類、イソギンチャク類、縦縞イソギンチャク、ウリタエビジャコ、バカ貝、マテ貝、カサ貝類、アマモ、ゴカイ類、ホヤ類の計14種です。

今年度最後の生態調査を踏まえて感じた事は、やはり1人では活動に限界があるということです。昨年度までは先輩を含め4人で活動していたため、幅広く生態調査を行うことができました。しかし今年度は私1人ということもあり、和気藹々とした空気もなく、黙々と作業に打ち込むといったことが続いてました。残念ながら後輩にあたる現一年生は所属していません。四月から、新一年生が加入してより楽しく活動できたらいいなと思います。
14:50