授業の様子

授業の様子

住まいを選ぶ(家庭基礎)

令和6年2月13日(火)5時間目。2年生の家庭基礎の時間に、大学生となって東京に住むことになったと仮定し、自分の住まいにふさわしい物件を探す活動を行いました。タブレットやスマートフォンで検索をし、物件の平面図を的確に読み取り、様々な条件を確認しながら1件に絞ります。そのあと、選択した物件の紹介と選択理由についてプレゼンテーションを行いました。生徒は、タブレットを用いて資料を作成し、グループ内でプレゼンテーションを行いました。他者の考えを聞くことで、いろいろと気づきがあったようです。

評論文を検証(論理国語)

令和6年2月2日(金)第4限、2年生の論理国語の時間に評論文を読み、筆者の考えの検証を行いつつ、この考えが数年後も通用するか否かを考えました。Teamsで配信されたワークシートで自分の経験を基に考えを整理し、考察した結果をFormsでとりまとめ、他者の考えを確認しながら検証しました。さらに、数年後は筆者の考えが通用するか否かをグループに分かれて話し合い、Teamsで配信されたワークシートにまとめて発表しました。

Microsoft Whiteboardを用いた公共の授業

令和6年2月1日(木)第2限、1年生の公共の授業において、ポリティカルコレクトネスについて学習しました。授業では、ポリティカルコレクトネスを重視して映画などの創作物の設定を変更することについてどう考えるか議論しました。グループに分かれて様々な考えを出し合い、Microsoft Whiteboardを用いて考えを付箋で整理していきました。バタフライチャートを活用したことで生徒の考えが段階的に視覚で捉えられ、考えが深まったようです。

 

イマーシブリーダー、リーディングコーチの機能を活用した英語の授業

令和6年1月29日(月)英語コミュニケーションⅡ(2年生)の授業において、まとまった英文を読む活動に取り組みました。英文を読むペース、発音の正確性などを確認するため、OneNoteのイマーシブリーダー、リーディングコーチの機能を活用しました。生徒個々がタブレットから聞こえる音声により発音や抑揚を確認し、実際にタブレットに向かって英文を読み上げることで、発音等の正確性や時間が判定されます。よりよい結果となるよう単語ごとの確認をするなど、生徒それぞれが自分に合った活動をしていました。

 

生物基礎の授業

令和6年1月26日(金)の生物基礎の授業の様子です。抗体等について学習する上で、ICT機器を活用して深い学びに取り組んでいました。

外部講師を活用した家庭基礎の授業

令和6年1月25日(木)・26日(金)、本校視聴覚室にて、家庭基礎の消費者教育の一環として、ゆうちょ銀行美浜支店の方、セゾン投信の方に御協力をいただいた授業を行いました。専門の方の具体的な話やKahoot!を活用したクイズ形式の問いかけ等により生徒の理解は深まったようです。

主体的で対話的な体育の授業

令和5年12月5日(火)5時間目、3年生の選択科目「スポーツと健康」(男女共修)の授業において、バレーボールの授業を行いました。主にスパイクの技能を高めることがねらいの授業です。グループごとに生徒個々のスパイクの様子をタブレットで録画し、タブレットで動画を見つつ、フォーム等を確認し、生徒同士でアドバイスし合いながら技術を向上させていました。

英語コミュニケーションⅠ

令和5年12月1日(金)3時間目 英語コミュニケーションⅠ(1年生)の研究授業が行われました。授業は、ペアで英会話及び新出単語の確認を行うことから始まりました。それが終わると、教科書に掲載されいている英文に関するPowerPointの資料が配信されました。その資料をもとにタブレットを用いてペアでリテリングを行いました。生徒は、資料について自分の言葉(英語)で適切に説明することができました。その後、提示されたテーマに沿って英語で文章を作成し、Formsに入力して提出しました。他者に敬意を払いながら、英語の力を身に付けている姿を見ることができました。

Project O

令和5年11月28日(火)1時間目、2年生の英語コミュニケーションⅡの授業において、プレゼンに向けた取組がなされていました。先日修学旅行で訪れた沖縄をテーマに、グループに分かれて、食べ物、観光、土産、景観等々、自分たちのテーマを決めて発表内容を絞っていきます。名付けて “Project O”。生徒は、タブレット等を用いて、調べたり、資料を集めたりしながら、発表資料を作成していました。また、発表は英語で行いますので、ONENOTEのイマーシブリーダー、リーディングコーチの機能を用いながら発表の練習を行っていました。プレゼンが楽しみです!

タブレットを用いた地学基礎の授業

令和5年11月8日(水)3時間目、2年生の地学基礎の時間において研究授業を行いました。日本の四季の気象現象について理解することを目標に、ジグゾー法を取り入れつつ、タブレットを用いてグループ内でプレゼンを行う活動がなされていました。生徒のプレゼンやそれに対する質疑応答もしっかりとしており、理解の深化に結び付いた授業でした。