新型コロナウイルス感染症疑いによる欠席の扱いについて

新型コロナウイルス感染症対応により欠席する場合は、専用の欠席届を提出していただくこととしました。(令和2年9月~)
用紙はこちらからダウンロードしてください。→新型コロナウイルス感染症に伴う欠席届
  • 37℃以上の発熱がある場合→登校しないでください。コロナウイルス感染の疑いがあるため公欠として扱います(コロナ対応用欠席届の提出が必要です)。
  • 翌日も37℃以上の熱がある場合→コロナウイルス感染の疑いがあるので、医療機関に行き、診断を受けてください。医療機関を受診した場合は公欠として扱います(コロナ対応用欠席届と医院のレシート等の写しの提出が必要です)。
  • 診断の結果、コロナウイルス感染の疑いがなくなった場合→翌日以降は熱があっても欠席扱いとします。
  • PCR検査を実施した場合→結果が出るまで「出席停止(感染症疑い)」として扱います。この場合、公欠にした2日間も遡って出席停止扱いとします。
新型コロナ以外の感染症の場合は、「コロナ以外での出席停止」のページを御覧ください。
 

新型コロナウイルスの感染予防について(R3/1/7掲載)

令和3年1月8日に国から緊急事態宣言の発令が予定され、本県においても先月下旬頃から新型コロナウイルス感染症の感染者数が200名を超える日が続くなど、感染拡大防止の非常に重大な局面にあります。
この状況において、保護者からお子様に御指導いただきたい事項を文書にまとめましたので、必ずお目通しください。→新型コロナウイルスの感染予防について
 

新型コロナウイルスに感染した場合等の学校への連絡について

お子様が新型コロナウイルスに感染した場合等の学校への連絡についてはこちらの文書を御覧ください。

お子様が新型コロナウイルスに感染した場合等の学校への連絡について(PDF形式)

※次のような場合には、必ず学校にお伝えいただきますようお願いいたします。
  • お子様が新型コロナウイルスに感染した。
  • お子様が濃厚接触者となった。(同居のご家族が感染した等)
  • お子様に発熱や風邪症状がある。
  • お子様と同居するご家族が、濃厚接触者に特定された、又は、発熱や風邪症状がある。
 

学校における新型コロナウイルス感染症対策について

学校再開にあたって、今後の本校での新型コロナウイルス感染症対策は、千葉県教育委員会のガイドラインにしたがって対応を進めます。県のガイドラインのうち、保護者の皆様にもご理解いただきたい部分を抜粋しました。ご覧おきください。→ガイドライン・抜粋版.pdf
 

家庭での感染防止対策について

御家庭でも感染防止に御協力ください。

学校で生徒自身が行う感染防止対策について、生徒に資料を配付しました。
御家庭でも感染防止に取り組んでいただきますようお願いいたします。→生徒配付資料
 

感染が疑われる場合の電話相談窓口

以下の<相談・受診の目安>にあてはまる場合は、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話等で相談してください。
<相談・受信の目安>
いずれかに該当する場合は、すぐに相談(該当しない場合も相談可)
◆息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
◆基礎疾患等があり、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合
◆上記以外で、発熱や咳など、比較的軽い風邪症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ず相談。症状には個人差があるため、強い症状と思う場合はすぐに相談。解熱剤等を飲み続けなければならない場合も同様)

●電話相談窓口について
・平日(午前9時~午後5時): 住んでいる市町村を管轄する保健所
・平日の時間外、土・日・祝日: 電話相談窓口(コールセンター)
 市町村保健所、コールセンターについては、県のホームページをご参照ください。
 

1学年保護者の皆様へ(5/8)

(1学年保護者様向け)臨時休校中のWebサービスの活用について

本校では臨時休校中に限り、各種Web サービスの活用を図っております。
以下の文書を御覧いただき、趣旨御理解の上、御協力をお願いします。
臨時休校中のWebサービスの活用について
 

オンラインでの生徒面談について

4月20日から、Office365の「Teams」等を利用したオンラインでの生徒面談を許可しました。
詳細につきましては配付文書をご覧ください。→臨時休校中のWeb面談の実施について