女子テニス部

女子テニス部
12
2021/04/22

女テニ 総体地区大会(個人戦) S・Dとも2位 

| by 女子テニス部顧問
 4月10日から実施された関東予選、兼総体テニス大会の地区大会の結果をお知らせします。
 残念ながらコロナ禍における試合日程等の問題から団体戦は実施されず、今年度は個人戦のみの大会となりました。
 昨年度は総体は中止、新人戦は応援のいない選手だけの寂しい大会でしたが、今年は拍手だけの応援でしたが、部員全員が大会会場に足を運び、選手以外も試合の雰囲気を肌で感じることができました。結果は次のとおりです。
 ◆シングルス 第2位(県大会出場)
 ◆ダブルス  第2位、第6位(県大会出場)
 シングルス、ダブルスともに決勝の相手は昨年同様、同じ顔合わせ(幕張総合高校)となりました。双方、手の内を知り尽くした相手で、それぞれの長所を生かした接戦となりましたが、惜しくも敗れ2位でした。ダブルスのもう1ペアは新人戦の第9位から順位を3つあげて6位通過と頑張りました。
 県大会は5月2日から始まります。1つでも上を目指して頑張ります。

07:45
2020/11/09

女テニ 県大会 ダブルスベスト16

| by 女子テニス部顧問
11月7(土)、8(日)に新人テニス大会千葉県大会が実施されました。
本校からは地区予選を勝ち抜いた個人戦ダブルスに2ペア、シングルスに2人が出場。
私学には技術的に優れた数多くのジュニア選手が集まり、1回戦からその選手たちと相見えるのが現在の県大会です。
上位進出は厳しいのが現実ですが、シングルス・ダブルス共に健闘。
ダブルスはベスト16、ベスト32。シングルスはベスト32という結果でした。
しかし、多くの課題も見つかりました。
来春に向けて、課題を全員で共有し、練習に励みます。
また、今週末から2020年度千葉ユーステニスリーグが始まります。
本校女子は千葉敬愛、幕張総合、渋谷幕張、市立稲毛とともに最上位の1部です。
試合の模様は後日、報告する予定です。

08:07
2020/10/06

女テニ 新人地区大会 難局を乗り越え個人S・D優勝

| by 女子テニス部顧問
 9月21日から始まった令和2年度の新人テニス大会。大会実施日の雨天順延が続き、ようやく10月4日に終了。大会期間中に休校となる不運に見舞われ、団体戦は残念ながら出場できませんでした。
 どんなに注意していても誰でも感染するリスクのあるウイルス。選手の動揺は計り知れないものがありましたが、状況を冷静に受け止め、また、雨天にも助けられ、何とか個人戦は出場することができ、好成績を収めました。県大会出場を決めたシングルス、ダブルスの結果は次のとおりです。
 ●シングルス  優勝、3位
 ●ダブルス   優勝、9位
 シングルス、ダブルス共に、公立高校大会決勝で敗れた幕張総合高校の選手との決勝となりましたが、見事、優勝。
 部員一丸となって、来春に団体戦でのリベンジを果たしたいと昨日から練習を再開しました。

※中学生の皆さんへ
 テニス経験者で本校の部活動を体験したい生徒がいましたら、中学校の先生、または、保護者の方から本校女子テニス部顧問茂庭(もにわ)へ御連絡ください。日程を調整し、在校生と練習する機会を設定します。お待ちしております。
 電話 検見川高校  043-278-1218 

07:33
2020/08/17

女子テニス部 公立高校大会準優勝!

| by 女子テニス部顧問
 8月10日、11日に「令和2年度第30回千葉県公立高等学校テニス選手権大会」が白子町を会場にして開催されました。今年度の大会は『密』を防ぐ目的で、会場内は選手・監督者のみの入場しか認められず、応援する部員、保護者がいない異様な雰囲気での開催となりました。
 11日午後は本校では「学校説明会」が開催されましたが、部活動の練習風景を見たり、説明を聞きたかった中学生・保護者の皆様方、大会と重なったため実施できずにすみませんでした。

 さて、第3シードで迎えたこの大会(団体戦)の結果は次のとおりです。
  2回戦  検見川3-0野田中央
  3回戦  検見川2-0国府台
  準々決勝 検見川3-1市立松戸
  準決勝  検見川3-0佐倉
  決勝   検見川1-3幕張総合 (準優勝!)

 惜しくも初優勝とはなりませんでしたが、決勝戦も手に汗握る接戦が多く、選手の頑張りが目立ちました。例年であれば、公立高校の関東大会である「関東公立高等学校テニス選手権大会」に昨年に続き出場するはずでしたが、今年度は残念ながらコロナ禍で中止となりました。
 幕張総合高校とは来月、新人大会の地区大会でも相見えます。8月2日の練習試合でも敗れています。大会までのあと1か月、選手全員のスキルアップを図って大会に臨みます。

09:00
2020/08/03

3年生“涙の引退式” &1年生、12人入部

| by 女子テニス部顧問
★3年生卒部式
 7/31に3年生女子テニス部の卒部式を行いました。
 コロナ禍で最後の大会が開催されることもなく、失意のどん底で6月に学校再開となった3年生ですが、当日はユニフォームに身を包み、後輩との練習マッチ等、躍動感あるプレーを披露!
 試合後、3年生1人ひとりから、後輩へのメッセージを話してもらいました。涙に声を詰まらせる3年生もいましたが、最後は全員、笑顔で写真を撮りました。
 3年生の6人、お疲れ様でした。


★1年生入部
 部活動再開が遅れたため、どれだけの1年生が入部するか心配されましたが、12人の生徒が入部してくれました。先輩が残してくれた検見川高校の伝統を踏襲し、よりよい部活動を作って行きます。

13:26
2020/04/13

女子テニス部 地区大会延期、1年生、入学おめでとう

| by 女子テニス部顧問
 新型コロナウイルス感染拡大に伴う休校措置により、残念ながら3月から活動できていません。4月11日から予定されていた地区大会は延期となりました。
 新入生に対する部活動紹介もなかったので、以下に検見川高校女子テニス部の紹介をします。
 ◆部 員  3年生:6人、2年生:8人 計14人
 ◆活動日  月~金、及び土・日の何れか1日の午前または午後に活動することを基本。
 ◆活動時間 平日は19:00に完全下校。土・日は4時間程度。
 ◆昨年度の戦績  総体県大会  団体ベスト16
          新人県大会  団体ベスト32 個人戦シングルスベスト32
          公立高校大会 団体県3位 関東公立高校大会出場 16校中11位
 ◆指導の方針 
   ① 学習活動と部活動の両立を求め、バランスのとれた人間性育成に努めます。
   ② 学習時間を確保します。
    (本校の最終下校時間は19:20ですが、18:30練習終了、19:00完全下校です)。
   ③ 地区大会を上位で抜け、県大会ベスト8を目指します。
   ④ 元気・やる気・根気の3つの「気」をベースに活動します。
 ◆入部に伴う1年生の今後の必要経費について
      ① ユニフォーム       上下で1万3000円前後
      ② ウォームアップスーツ   上下で2万円前後
      ③ 大会参加費        高体連主催の団体戦は5000円、個人戦は700円程度
                                          各テニス協会主催は3000円前後
           ④ 部費           月1,000円を予定
           ⑤ ラケット         個人購入、または業者を呼んでラケットの試打会を実施後購入。
    
  ⑥ ガット(ストリング)   ポリエステルは2,500円前後(長持ちする)
                          ナイロンは1,500円前後(ポリエステルより切れやすい)
                                                                 何れも個人負担です。この他に張り代がかかります。
           ⑦ シューズ・練習着は各自で用意してください。
    ◆その他  簡易ナイター設備を設置。秋から冬の日没が早い時期でも練習可能です。
 ◆入部希望 教室棟1階の進路指導室に来てください。

たくさんの入部、お待ちしております!
12:00
2019/12/03

新人テニス大会 結果報告

| by 女子テニス部顧問

新人テニス大会県大会個人の部、団体の部、

共に終了しましたのでご報告致します。

 

個人の部

1日目

2年のI選手は1回戦、市立柏高校M選手に6-3で勝利しました!

相手は、角度のある鋭いショットで崩しにかかる力強いプレーヤーでした。しかし、検見川のI選手は相手の攻撃をスピンボールでかわしながらチャンスを待ち、コートの深い位置にボールを集めて相手をコート外に追いやってから攻めにかかる戦法で臨みました。序盤は苦しみながらも、確実にゲームを重ね、勝利を得ることができました。

 

2回戦はこの大会で準優勝した学館船橋高校のM選手とあたり、経験値の差を目の当たりにした試合内容となりました。試合後、「尊敬で終わることなく一歩でも近づきたい」というI選手の言葉に胸を打たれ、今後の更なる成長が期待できる内容の濃い1日となりました。



2日目

2年IIペアは初戦で袖ヶ浦高校のSTペアと対戦しました。

互いにラケットを振り、常に攻めの意識で両者譲らない攻防戦となりました。一度検見川が5-3とリードし、あと一歩で勝利という所まで行きましたが、相手の技術とメンタルの強さが勝り逆転を喫してしまいました。スコアは6-7(3-7)でタイブレークの中でも相手の方が躍動した結果でした。検見川の2人はこの悔しい負けに「これからもっと気持ち入れて練習する」と意気込んでくれました。今後の様子に期待したいと思います。



団体の部

1回戦は印旛明誠高校と対戦。5-0で勝利を得ました。

2回戦は第4シードの松戸国際高校と対戦しました。夏に関東公立高校大会へ一緒に出場した高校です。絶対に勝つという気持ちで臨みましたが、敢えなく0-3で敗戦となりました。S1・S2を落としてしまい、後がない状況を、D1で出場した2年IIペアが我慢強い試合を続けてくれ、その間にD2が4-0でリードしているという緊迫した状況でした。D1を取ることができれば、S3で勝負できるという作戦でしたが、やはり相手の方が上手で、敢えなく敗戦。また課題が浮き彫りになった大会でした。


 

結果は個人も団体も決して納得いくものではありませんでしたが、チームの成長と個人の成長が感じられた、実りある大会となりました。次は年明けにあるPPR大会です。「検見川高校ここにあり」と他校へ良い印象が与えられるよう、引き続き練習を頑張っていきます。応援宜しくお願い致します。


16:50
2019/09/24

新人テニス大会第8地区予選 結果報告

| by 女子テニス部顧問

新人テニス大会第8地区予選 結果報告

団体戦・個人戦全部門県大会出場決定!

 

8月26日(月)~28日(水)の3日間、

新人テニス大会第8地区予選に参加しました。



南風の湿った空気が気温を上げ、残暑厳しい中の戦いでしたが、

部員達は大健闘しました。

 

《結果》

個人シングルス I.M 第7位 県大会出場決定!

        I.N 第8位 県大会への切符を逃すも大健闘!

個人ダブルス  I.MI.Nペア 第4位 県大会出場決定!

団体戦     第4位 県大会出場決定!

 

《団体戦詳細》

初戦     対千葉北高校       3-0打ち切りで勝利

2回戦    対磯部高校      3-1打ち切りで勝利

準決勝    対渋谷幕張高校    2-3で敗戦

3決     対市立稲毛高校    2-3で敗戦


 

ジュニア選手を複数擁する2校に紙一重で惜敗しました。

特に3位決定戦の市立稲毛戦では2-2でむかえたダブルス2で
タイブレークとなり、両者譲らない緊迫した試合展開となりました。

そんな難しい状況の中、市立稲毛の選手は攻撃の手を一切緩めず、

最後まで気迫溢れるプレーを続けられてしまい、

我々検見川高校は数ポイントの差で敗退してしまいました。

 

この悔しさを胸に、今回見つかった課題をすぐに修正して

自信をもって県大会をむかえられるように努力して参ります。

 

今後とも応援宜しくお願い致します!
09:26
2019/08/19

女子テニス部 関東公立高校大会出場 3位リーグ第3位!

| by 女子テニス部顧問

関東公立高校大会出場! 3位リーグ第3位!

8月12日・13日の2日間で関東公立高校大会に出場しました。



 

千葉県・埼玉県から各4校、東京都・栃木県・茨城県から各2校、
山梨県・群馬県から各1校の計16校が出場する大きな大会です。

 

初日は、A~Cの4リーグに分かれ、5ポイントの団体総当たりを行い、

二日目は各リーグの同順位で順位決定戦を行いました。

 

初日

埼玉の伊奈学園総合高校、栃木の佐野高校、東京の小平高校と対戦しました。



計1勝2敗の3位通過で終えました。


 

二日目

千葉の市立稲毛高校、埼玉の本庄高校、同じく埼玉の越ヶ谷高校と対戦しました。



計1勝2敗で、3位となりました。

 

二日間を通して、多くのことを学ぶことができました。

技術はもちろんのこと、他県他校の声の出し方やチーム作り、

ステップワークや戦術など、普段では味わえない貴重な経験を

肌で感じることができ、その中でも2勝できたことは彼女たちにとって、
これからの自信に繋がったと思います。


 

この経験を部員全員で共有し、より良いチーム作りを生徒主体で進めていきます。


8月26日~28日の3日間はいよいよ新人戦地区予選です。

地区上位入賞で県大会へ出場できるよう心を一つに頑張ります。



応援宜しくお願い致します!


17:32
2019/07/29

女子テニス部 公立高校大会第3位 関東出場決定

| by 女子テニス部顧問

結果報告!!!

公立高校大会第3位!!!関東公立高校大会出場決定!!!

 

7月25日(木)、7月27日(土)の2日間で

千葉県公立高校大会が開催されました。

この大会ではベスト8決めまで3ポイントの団体戦でおこない、

ベスト4決めからは5ポイントの団体戦で勝敗を決めていきます。

 

新生検見川高校女子テニス部は、

2年生6人・1年生8人と決して大きなチームではありません。

そんな新チームの初陣がこの公立高校大会でした。

 

今回の大会はノーシードでスタートです。

初戦、袖ヶ浦高校との団体戦から苦戦を強いられました。

ダブルスは危なげなく取ったものの、

シングル1では相手の力強いストロークとミスのない安定感に惜敗。

これ以上落とせない緊迫した状況の中、シングル2できっちりと勝利を獲得しました。
 

2回戦は船橋二和高校との団体戦。

ジュニア有するシード校ということで、

こちらはダブルスを確実に取りにいく作戦で臨みました。

その作戦が功を奏し、見事勝利することができました。

 

3回戦のベスト8決めでは柏の葉高校と対戦。

相手の安定したテニスに最初は動揺しましたが、

見事2-0打ち切りで快勝することができました。

 

2日目に突入です。

準々決勝では同地区のライバル校である幕張総合高校との対戦でした。

層の厚い幕張総合高校相手に、再度ダブルスを確実に取る戦法で臨みました。

シングル1は敵わず落としたものの、作戦通りダブルス1は勝利。

次に、シングル2で出場した部長が大仕事を成し遂げ2ポイント目獲得。

さらにシングル3で出場した1年生の見事な活躍で3-2とベスト4を決めました。

 

準決勝では、八千代高校に何もさせてもらえず、悔しい思いでコートを去りました。

しかし、次の3位決定戦ではその悔しさを晴らすかのように、部員達が躍動します。

ライバルである同地区の市立稲毛高校相手に、接戦の末3-2で辛勝!

ここでもシングル1とシングル2を簡単に落としてしまい、

あとがない状況の中、部員の心が一つになって、

残りシングル3・ダブルス1・ダブルス2を勝利で終えました!

千葉県公立高校大会第3位入賞です。

この大会を通して、彼女たちは自信を掴み、

より強くなりたいという欲が増したと思います。

彼女たちにとって最高のスタートとなりました。

全てが次に繋がる良い経験になったはずです。

しかしこれはあくまでもスタート。

まだそのスタートテープを切ったばかりです。

 

8月末にある新人戦地区予選で上位に入り、

私立高校を含めた新人戦県大会で結果を残してこそ真の強さ。

新たな目標を掲げ、これからも躍動していきます。

 

皆様、応援の程宜しくお願い致します!


17:36
12