教育方針

1 校訓

真実追求   自主創造   連帯協力

2 教育方針

 高い知性と創造力、豊かな人間性を持ち、未来社会に主体的に貢献する生徒を育てる。

3 教育目標

(1)確かな学力を育成する。

 基礎・基本を習得して確かな学力の充実に努めるとともに、自主的に学び考え、 真実追求を通して自ら発見した課題の解決を図り、個性や才能を最大限に伸ばす強い意欲と学習態度を持った生徒を育成する。

(2)個性を尊重し、創造性に富んだ人間を育成する。

 自らの在り方や生き方を自主的に探究し、社会的使命と責任を自覚し、日本や国際社会の未来をひらく高い志を持った創造性に富む生徒を育成する。

(3)豊かな心・健やかな体を育成する。

 社会の一員としての自覚を深め、他者を尊重し、個と集団のかかわりを通して連帯・協力する精神を身に着け、豊かな人間性と健全な体を持った生徒を育成する。

4 目指す学校

 生徒一人一人が意欲的に「学習」「部活動・学校行事」の両面に励み「高い学力」と「豊かな人間性」をしっかりと身に付け、自らの進路希望を実現できる学校。

5 令和3年度重点目標

(1)「凡事徹底」

 人格形成・学問など全てにおいて「基礎・基本」を、大切にする態度と習慣を育成し、個人のポテンシャルを高め、規律と品位と実力のある「質実剛健」な校風を発展させる。

(2)「文武両道」

 教職員の授業力向上による学力向上、コロナ禍においても、特別活動を進展させ、地域貢献も視野に入れながら、豊かな人間性を育む。ICT教育一層の推進。

(3)「家庭・地域連携」

 信頼される学校づくりのために、各家庭への積極的な情報発信・情報共有、コロナ禍における地域連携を模索する。HPの充実。

(4)不祥事・精神疾患の発生防止

・不祥事・精神疾患の発生を、職員間の積極的コミュニケーションにより防止する。複数によるチェック体制の確認。

・同僚意識の向上と公務員としての倫理観の醸成。SCの活用。

(5)働き方改革

 業務のチーム化、ICT化により効率と時間管理意識の醸成を図る。