校長挨拶


 検見川高等学校のホームページを御覧いただき、ありがとうございます。 

 本校は、海浜ニュータウン(千葉市美浜区)の開発と入居に合わせ、昭和49年に開校しました。現在では、美浜区には公立5校と私立2校の計7つの高等学校があります。その中で最初にできた高等学校です。

 本校のある真砂地区は、美浜区役所、美浜郵便局、美浜消防署、千葉西警察署が集中し、美浜区の行政の中心となっています。また、本校周辺は閑静な住宅街で、近隣には、幼稚園、小学校、中学校、高等特別支援学校が立ち並ぶ、文教地区でもあります。JR京葉線の検見川浜駅から徒歩5分という便の良さですが、同時にたいへん落ち着きのある静かな環境で、生徒の学習には最高の立地です。

 
 本校は、「真実追求・自主創造・連帯協力」の校訓の下、職員が一丸となって、「高い知性と創造力、豊かな人間性を持ち、未来社会に主体的に貢献する生徒を育てる。」という教育方針で、日々の教育活動に取り組んでいます。生徒の学習態度は極めて真面目で、礼儀正しく服装・頭髪もきちんと整い、落ち着いた学校生活を送っています。近隣の皆様からの評価は高く、入学者選抜でも毎年たくさんの志願者が集まる状況で、生徒が保護者や地域の期待にしっかり応えていることの証と言えます。

 
 今年度はさらに、この検見川高校の伝統を深化させるため、3つの重点教育目標を掲げました。

 
 1つめは「凡事徹底」です。凡事とは当たりまえのことや、簡単なことを指します。それらを徹底的に行うということです。つまり「基礎・基本を徹底的に身につける。」ということです。「挨拶」など「人としての基礎・基本」や「学力・スポーツ・芸術の基礎・基本」を指しています。

  
 2つめは「文武両道」です。学業は言うまでもなく、本校は体育系部活動・同好会15、文化系部活動・同好会15の部・同好会があり、体育系部活動のほとんどが県大会に出場し、関東大会以上の大会に駒を進める部活動も複数あります。文化系部活動も目覚ましい活躍をしています。

 地域との交流も「部活動プラス1」として盛んに取り組んで、地域貢献、社会貢献しています。

 
 3つめは、「家庭・地域連携」です。教育は学校だけで完結するものではありません。より良い社会づくりおける高等学校教育には「家庭・地域連携」は欠かせません。

 急速に進む少子高齢化の社会において、高等学校は貴重な地域の財産です。 

 これからも、検見川高等学校は、生徒と職員が力を合わせて、地域に根ざし、信頼される、明るい学校を目指して努力していきます。

 第15代校長  佐藤道広